Beauty Topics

アイメイクの順番の正解って?基本のやり方・アイテムごとの手順をタイプ別に教えます!

出典:adobestock

アイメイクの順番の正解って?基本のやり方・アイテムごとの手順をタイプ別に教えます!

人は、第一印象を「顔」から判断することが多く、中でも「目」の影響力は非常に大きいといわれています。会話をするときも目を見ることから、常に注目される部分ですよね。そのため、メイクの中でもアイメイクは重要なポイント。
今回は、アイメイクの正しい順番や基本アイテムの使い方をご紹介します。普段何気なくやっているアイメイクの順番って正しいのかな?と疑問に思った方もメイク好きさんも、順番や使い方を理解することで毎日のメイクのクオリティが高くなるので、ぜひ参考にしてくださいね!

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編

アイメイクの順番に注意(3)アイシャドウが消えてしまった!

アイメイクの順番に注意(3)アイシャドウが消えてしまった! 出典:adobestock

メイクをしてから数時間後、鏡を見るとアイシャドウが消えていたという経験はありませんか?色味がなくなった目元は、すっぴんに戻ったようで気分があがらないですよね。アイメイクは、肌の油分が原因で崩れることがあります。

メイク崩れが気になるときやもっと発色にこだわりたいときは、アイシャドウベースを塗ってみましょう。使用する順番はアイシャドウの前です。アイホールに塗りこめば、時間が経っても綺麗な目元をキープしてくれますよ!

<一重さん向け>アイメイクの順番とやり方

一重さんの特徴と注意ポイント

一重さんの特徴と注意ポイント 出典:adobestock

一重さんといえば、クールな目元が魅力的です。切れ長な目は知的で落ち着いたオーラを醸し出しますが、その反面、キツい印象を持たれやすいと悩む人もいます。

キツさを気にしてメイクを抑えると、メイクをしていないように見られたり、元気がないように見られたりしてしまいがち。アイメイクをしっかり楽しみながら、やさしげな雰囲気が出るとさらに魅力が増しますね!

<一重さん向けアイメイクの順番>やさしげ目力メイク

順番(1)アイホール全体に広くアイシャドウを塗る

順番(1)アイホール全体に広くアイシャドウを塗る 出典:ライター撮影画像

まずは、暖色系の明るいカラーをアイホールに塗りましょう。

一重さんは目を開くとまぶたでカラーが隠れやすいため、広めに塗るのがポイントです。とくに二重幅に色をのせるときには、目を開けながら色が見えているか確認しましょう。

暖色系カラーで腫れぼったくなるのが不安な場合は、パールや艶の強いアイテムを選ぶのがおすすめ。華やかさが生まれて、やさしげな印象に仕上がります。

順番(2)ビューラーはまぶたを持ち上げながら

順番(2)ビューラーはまぶたを持ち上げながら 出典:adobestock

次は、ビューラーでまつ毛を上向きにしましょう。まぶたを軽く上に引っ張りながらカールさせます。根元を中心に立ち上げるイメージです。

まつ毛が上がり目の縦幅が大きくなると、丸みのある目へ繋がります。丸い目はやさしげな印象を強めてくれる効果があるので、しっかり上向きカールを目指しましょう。

順番(3)アイラインはインラインを意識しよう

順番(3)アイラインはインラインを意識しよう 出典:adobestock

一重さんは、アイラインが隠れて見えないことがあります。そのため、目のキワの内側にインラインを引いて黒目を強調するのがおすすめ。インラインをしっかり引くことで、まつ毛の密度アップを狙いましょう。

アイライナーを縦に持ち、まぶたを持ち上げて丁寧に隙間を埋めていきます。最後にマスカラを塗れば完成です。

<奥二重さん向け>アイメイクの順番とやり方

奥二重さんの特徴と注意ポイント

奥二重さんの特徴と注意ポイント 出典:adobestock

奥二重さんは、涼し気で爽やかな目元が印象的ですが、まぶたで隠れる部分があり、目が小さく見えると悩む人もいます。しかし、目元はコツを掴めばアイメイクの幅が広がり、楽しめるパーツです!

濃いめのメイクを上品に落ち着かせたり、ポイントメイクをほんのり強調したりと、あらゆるメイクを馴染ませることを得意としています。

<奥二重さん向けアイメイクの順番>上品ぱっちりメイク

順番(1)下まぶたで透明感を演出!

順番(1)下まぶたで透明感を演出! 出典:adobestock

まずは、アイホールに広く明るいカラーを塗りましょう。

奥二重さんも一重さんと同じく、目を開いたときにアイメイクが隠れてしまう部分があります。そのため、上まぶただけでなく下まぶたにもハイライトカラーを入れて、しっかり発色させましょう。

奥二重さんの目を大きく見せて、透明感を引き出してくれる効果も期待できます。

順番(2)アイラインの太さに注意

順番(2)アイラインの太さに注意 出典:adobestock

奥二重さんがアイラインを引くときは、太さに注意しましょう。目頭側はとくに細く引くように意識してください。

奥二重さんの二重ラインは、目頭側がまぶたに隠れて目尻に向かい広がっています。目を大きく見せるために太く引きがちですが、奥二重の幅より太くなると、目が黒く塗り潰された印象になり、メイクが濃く見えてしまう原因に。目尻まで細く仕上げることを意識しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share