Beauty Topics

《結婚式》のお呼ばれメイクテク!品と華やかさを演出するやり方を教えます!

出典:adobestock

《結婚式》のお呼ばれメイクテク!品と華やかさを演出するやり方を教えます!

大事な親族や友人の結婚式。せっかくなら素敵にメイクアップしてお祝いしたいですよね。とはいえ、気合を入れすぎて派手になってしまうのは禁物。大人の結婚式お呼ばれメイクは「品のある華やかさ」が大切です。
そこで今回は、そんなポイントを押さえたセルフで簡単にできる大人の結婚式お呼ばれメイクのやり方をご紹介!わかりやすいようパーツごとに詳しく解説していますので、ワンランクうえの結婚式のお呼ばれメイクが知りたい方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら
INDEX

周りと差をつける!結婚式お呼ばれセルフメイクのポイント

華やかだけど派手すぎないメイクに

華やかだけど派手すぎないメイクに 出典:adobestock

結婚式のお呼ばれメイクは、普段のメイクよりも華やかに仕上げることが大切。しかし、濃く派手に仕上げたメイクは下品に見られてしまうこともあり、結婚式のお呼ばれメイクとしてはふさわしくありません。

大人の結婚式お呼ばれメイクで大事なのは「上品な華やかさ」。そのため、足し算と引き算のバランスがとても重要になってきます。あくまで結婚式の主役は新郎新婦なので、新婦よりも目立たないようにさり気ない華やかさを演出しましょう。

崩れ対策はしっかりと

崩れ対策はしっかりと 出典:adobestock

結婚式は長丁場なうえ、なかなかメイク直しのために席を立つことが頻繁にできません。にもかかわらず感動の場面で涙し、「アイメイクが崩れてしまった…」なんてことも多々あります。

そのため、結婚式のお呼ばれメイクはあらかじめ崩れにくいように対策をしておくことが大切です。厚塗りを避ける、耐水性や耐脂性に優れたメイクアイテムを使うなど、事前になるべく崩れない工夫をしておきましょう。

衣装とのバランスが大事

衣装とのバランスが大事 出典:adobestock

結婚式のお呼ばれメイクは、衣装とのバランスもとても重要。和装かドレスかによってもふさわしいメイクが異なりますし、衣装の色や雰囲気によっても似合うメイクが異なります。

また、衣装がとても華やかなのにメイクがナチュラルすぎたり、逆に衣装がシックなのにメイクが派手すぎたりすると、全体のバランスが悪くなりチグハグした印象に…。衣装の種類や色味、雰囲気などに合った統一感のあるメイクに仕上げましょう。

写真映えも意識する

写真映えも意識する 出典:adobestock

写真撮影をすることが多い結婚式では、写真映えを意識したメイクに仕上げることも重要なポイントのひとつ。写真は、肉眼で見るよりも血色感や立体感がわかりづらく顔立ちがぼやけて映ってしまいます。

そのため、結婚式のお呼ばれのときは普段よりもチークやハイライトをしっかりめにのせ、「血色感」や「立体感」を意識したメイクに仕上げましょう。また、くすんで映りやすい目周りや口周りは、明るさとツヤ感がプラスできるアイシャドウや口紅を使うとくすみが飛ばせるのでおすすめです。

華やかさを演出する結婚式お呼ばれセルフメイク|ベースメイク

お呼ばれセルフべースメイク1|スキンケアをなおざりにしない

お呼ばれセルフべースメイク1|スキンケアをなおざりにしない 出典:adobestock

長丁場になりやすい結婚式では、いかにメイク崩れを回避できるかが勝負。崩しにくいベースメイクをつくれるかどうかは、スキンケアの時点で左右されます。ベースメイク崩れの大きな原因のひとつは乾燥によるものです。

テカリやすい方も肌内部の乾燥で皮脂を過剰に分泌している可能性があるため、どんな肌タイプの方でもしっかり保湿をしてからベースメイクに取り掛かりましょう。使用感やベースメイクのヨレが気になる方は、さっぱりと仕上がる化粧水や乳液を使うのがおすすめです。

お呼ばれセルフベースメイク2|下地で崩れにくさを仕込む

お呼ばれセルフベースメイク2|下地で崩れにくさを仕込む 出典:adobestock

ファンデーションののりや持ちをよくする役割がある化粧下地は、ベースメイクには欠かせないアイテム。

最近はアイテムが充実し、さまざまな機能をもつ化粧下地が増えています。なかでも「皮脂崩れ防止」のタイプは、なるべく崩したくない結婚式のお呼ばれメイクに最適。皮脂を抑えることで、時間が経ってもテカリにくく美しい状態が保ちやすくなります。

しかし、皮脂崩れ防止のタイプは乾燥しやすいものもあるため、気になる方はテカリやすい部分だけに塗れる部分用のアイテムを使うのもおすすめです。

お呼ばれセルフベースメイク3|ファンデの前に肌のアラは隠す

お呼ばれセルフベースメイク3|ファンデの前に肌のアラは隠す 出典:ライター撮影画像

崩れにくいベースメイクに仕上げるには、ファンデーションの厚塗りはご法度!そのため、隠したい肌悩みはコントロールカラーやコンシーラーを使ってあらかじめカバーしておくのがおすすめです。この工程をおこなうことでファンデーションが薄塗りで済むため、化粧持ちがよくなり仕上がりも美しくなります。

肌の色ムラやくすみ、赤みなどの色補正でカバーできるものは「コントロールカラー」、シミやくまなどピンポイントでカバーできるものは「コンシーラー」を使うとよいでしょう。

お呼ばれセルフベースメイク4|ファンデはサラッっとするものを

お呼ばれセルフベースメイク4|ファンデはサラッっとするものを 出典:adobestock

みずみずしいツヤ肌のベースメイクがここ最近のトレンドになっていますが、崩れにくさを求める結婚式のお呼ばれメイクでは、ベースメイクをサラッっと仕上げるのがポイント。パウダータイプを使うか、もしくはリキッドタイプの場合でも仕上げにフェイスパウダーを使いサラ肌に仕上げておきましょう。

塗るときは厚塗りにならないよう少量を顔の中心から外側に向かって薄く塗り広げてください。小鼻周りなどのヨレやすい部分は、最後にスポンジで軽く押さえるようになじませるとより密着するのでおすすめですよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share