Beauty Topics

ピーリングジェルの効果を感じる使い方は?使う順番から押さえておきたい注意点もチェック

出典:adobestock

ピーリングジェルの効果を感じる使い方は?使う順番から押さえておきたい注意点もチェック

肌のカサツキなどをリセットさせるためにおすすめしたいのがピーリングジェルです。化粧ノリを高めるなどのメリットがあります。
しかし、正しく使わなければ肌の調子を悪くしてしまいます。この記事では、ピーリングジェルが気になる人に向けて、効果的な使い方やその注意点などを詳しく解説します。化粧効果によるトーンアップを期待したい人は必見の記事です。

カテゴリ | スキンケア
How to 応用編 ジェル

BHAやAHAの働きとは

BHAやAHAの働きとは 出典:adobestock

BHAやAHAは肌の表面の層に浸透し、表面に残る古い角質層と代謝によってこれから表面に押し出される細胞層との結びつきを緩めます。ふき取ると同時に、柔らかくなった古い角質もはがれ落ちるため、新しい細胞層による代謝が促されるようになるのです。

肌の新陳代謝の滞りによって肌のざらつきなどが顕著になりますが、ピーリングジェルを使うと肌の代謝を正しいサイクルに導いてくれる効果が期待できます。

ピーリングジェルの効果は

ニキビ跡が残りにくくなる

ニキビ跡が残りにくくなる 出典:adobestock

ピーリングジェルを使うと、肌の表面の角質をやさしく除去するとともに、新しい角質の代謝の促進が期待できます。定期的にピーリングジェルを使うことで、ニキビ跡が残りにくくなる効果も見いだせるでしょう。

しかし、正しい使い方をしても、ピーリングジェルでニキビ跡を完全になくすことはできません。赤み肌を薄くする、目立ちにくくするといった状態を目指してピーリングジェルを使いましょう。

毛穴詰まりのリスクを減らす

毛穴詰まりのリスクを減らす 出典:adobestock

ピーリングジェルは肌になじませると、ジェルの水分が少なくなりポロポロとしたカスが出るのが特徴です。このプロセスが皮脂汚れや古くなった角質を絡めとります。

その結果毛穴に詰まりやすい汚れも除去できるので、角栓の形成を防げるでしょう。とくに皮脂汚れがたまりやすく、角栓ができやすい小鼻周りやTゾーンのざらつきが気になる場合に、ピーリングジェルを使うのはおすすめです。

基礎化粧品を効果的に使える

基礎化粧品を効果的に使える 出典:adobestock

ピーリングジェルで古くなった角質を除去できると、化粧水などの基礎化粧品が角質層まで浸透※しやすくなる効果が。また肌に保湿成分を補い角質層に水分が満たされるようになると、肌の代謝サイクルが整ってきます。

結果的に肌のざらつきや角栓などもできにくくなるので、肌のベストコンディションを保てるようになるでしょう。スキンケア効果も相まって、肌の弾力感などよい方向に変わったと実感できる可能性もあります。

※角質層まで

肌のかさつきが減らせる

肌のかさつきが減らせる 出典:adobestock

乾燥肌になると、肌が粉を吹いたようなかさつきが気になることもあります。進行した乾燥肌の場合、ピーリングジェルを使ったかさつきの改善にはおすすめできません。

しかし「気になる」程度であれば、ピーリングジェルで正しい肌状態へ促すための下準備ができます。ピーリングで古くなった角質を取り除いた後、保湿系化粧品を使ってたっぷりと保湿成分や水分を補いましょう。乾燥肌の進行を防ぐ対策ができます。

化粧ノリがよくなる

化粧ノリがよくなる 出典:adobestock

古くなった角質がはがれ落ちずそのまま滞ると、肌の色がくすんで見える原因となります。ピーリングジェルで古くなった角質を除去し、基礎化粧品で肌を整えることで化粧ノリが向上するでしょう。

ファンデーションなどが肌になじみやすくなるとともに、化粧品自体の発色で肌色を見せられるようになるため、化粧効果によるトーンアップも期待できます。

コンシーラーやコントロールベースの多用も減るでしょう。

ピーリングジェルの使い方をご紹介

一般的な使い方の順番は洗顔後

一般的な使い方の順番は洗顔後 出典:adobestock

ピーリングジェルは、洗顔後の清潔な肌に使うのが一般的です。洗顔で皮脂や角質をあらかじめ洗い流しておくことで、肌に負担をかけずに角質のピーリングができます。

あくまでも、ピーリングは洗顔の補助的役割としてとらえるとよいでしょう。夜の洗顔後にピーリングジェルを使うと、就寝中の皮脂分泌によって肌のトリートメント効果を狙えます。

使い方は肌になじませるだけ

使い方は肌になじませるだけ 出典:adobestock

ピーリングジェルの使い方は、手のひらに適量(サクランボ2粒大)とった後、Tゾーン・Uゾーン・頬の順番になじませます。小鼻周りは手のひらに残ったジェルをつけてください。指の腹で円を描くようになじませると、ポロポロとジェルのカスが出てきます。

先に洗顔を終えているので、カスを出すために強くこする必要はありません。ざらつきが気になる部分は少しだけ時間をかけてなじませるとよいでしょう。

ぬるま湯でしっかり洗い流そう

ぬるま湯でしっかり洗い流そう 出典:adobestock

ピーリングジェルをなじませた後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。ジェルのカスが顔の産毛に絡みついていることもあるので、やさしく取り除きましょう。ジェルのヌルつきが気になるときは、ぬるま湯を多めにつけ溶かすようになじませると素早く落とせます。

小鼻周りやおでこの生え際あたりはジェルが残りやすいので、入念に洗い流しましょう。タオルで顔を拭くときにはこすらないように注意してください。

お手入れ後は丁寧に保湿をしよう

お手入れ後は丁寧に保湿をしよう 出典:adobestock

ピーリングジェルの使用後は、まだ新しい角質がむき出しになっている状態です。取り除く必要がない角質まではがれてしまった場所もあるかもしれません。使用後は丁寧に保湿を行い、肌の状態を整えるようにしましょう。

保湿を行うことで、肌のトラブルを最小限に抑えられますし、ピーリング後の乾燥を防げます。保湿だけではなく、油分を補うスキンケアをしてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share