Beauty Topics

《一重美人さん》の特徴とは?さらに魅力を引き立たせるアイメイクも伝授!

出典:adobestock

《一重美人さん》の特徴とは?さらに魅力を引き立たせるアイメイクも伝授!

「一重だから美人じゃないし、可愛くなれない」なんて思っているなら、ちょっと待って!一重を毛嫌いしている人がいますが、本来目の形は関係なく誰でも可愛くなれるのです。とくに一重の人は、一重美人さんと呼ばれることも!
今回は、一重美人の特徴と、一重の魅力を引き立たせるアイメイクのコツをご紹介します。

カテゴリ | アイメイク
How to 一重
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら
INDEX

一重で美人な方の特徴とは?

一重美人の特徴1:自分の一重を活かすメイクを知っている

一重美人の特徴1:自分の一重を活かすメイクを知っている 出典:adobestock

一重と一言でいっても、さまざまな一重があります。はれぼったさがある一重、すっきりとした一重、奥二重になるときもある一重など、人によって一重の様子が異なっていますよね。

一重で美人な方は、自分の一重を活かすメイクを知っています。自分のまぶたの状態と向き合い、そのまぶたをしっかりと活かして魅力を高めているのです。

一重美人の特徴2:まつげが長く、印象が自由自在!

一重美人の特徴2:まつげが長く、印象が自由自在! 出典:adobestock

一重美人さんは、まつげの長さがある人が多く、まつげをカールすることで目力がアップする特徴があります。まつげが長いので、パッチリした目元が作れるだけでなく、カールさせなくても上品さをまとえるのです。

伏し目がちになれば、色っぽい雰囲気を出せるのも魅力でしょう。

一重美人の特徴3:表情豊かで自分の魅せ方を知っている

一重美人の特徴3:表情豊かで自分の魅せ方を知っている 出典:adobestock

クールな印象を与えることが多い一重さんですが、クシャっとした笑顔はかわいらしい印象を与えます。一重美人さんは表情でギャップを作られることを認識しているため、見せ方上手で表情をコロコロと変え、相手へ自分の魅力を表現できます。

さらに、すっとした一重の目元は、奥ゆかしく上品な印象です。

一重美人の特徴4:美肌や艶やかな髪の持ち主である

一重美人の特徴4:美肌や艶やかな髪の持ち主である 出典:adobestock

一重美人さんは、自分の目元を活かすメイクを知っているだけでなく、そのほかのケアを怠っていないのも特徴です。自分に合ったスキンケアやヘアケアを行い、細かな部分まで手入れが行き届いています。

肌や髪が美しい状態だと、それだけで全体の印象もアップ!自分を客観視し、高めていく視点を持っているといえます。

一重美人の特徴5:自分に自信がある

一重美人の特徴5:自分に自信がある 出典:adobestock

自分のケアをしっかり行い、自分の魅せ方が分かっている一重美人さん。そのため自分に自信があり、内側からその自信がにじみ出ている人が多いです。

どんなにケアや自分に似合うメイクをしていても「自分なんて」と思っていては、それが表情や行動に表れてしまい、美人からは遠ざかってしまうので注意しましょう!

一重の魅力をアップさせるアイメイクとは?

下まぶた・涙袋にしっかりと色をのせる

下まぶた・涙袋にしっかりと色をのせる 出典:adobestock

一重美人になるために目元の魅力をアップさせるには、アイシャドウを上まぶただけではなく、下まぶたにものせることが欠かせません。さらに、涙袋を作ってぷっくりさせてあげると目全体が大きく見えます。

涙袋に肌なじみのよいラメが入ったアイシャドウを使えば、ウルウルとした目元が作れますよ。最近は涙袋の影を描くアイテムもあるので、影をはっきりさせてあげるとより涙袋を強調でき、目の縦幅が長く見えます。

目元に立体感をもたせよう

目元に立体感をもたせよう 出典:adobestock

一重さんは目元がのっぺりとして、目力がないように見えやすいです。立体感に欠けるので、メイクでまぶたに立体感を作っていきましょう。

陰影を作るのに簡単なのは、元々グラデーションのカラーがまとまっているブラウンのパレットアイシャドウを使うこと。ブラウンは肌なじみがよいので、慣れない方でも失敗を恐れずアイメイクができますよ。

目を開きながら確認を

目を開きながら確認を 出典:adobestock

一重さんは目を開けると、せっかくのせたアイシャドウの色が見えないことが多々あります。そのため、アイシャドウがどのくらい見えているのかを細かく確認しながら、アイメイクを仕上げていきましょう。

何度も繰り返していくうちに、自分の目だとこれくらい入れれば色が見えるというラインが分かってくるようになりますよ。

横グラデより縦グラデ

横グラデより縦グラデ 出典:adobestock

一重はまぶたの厚みで、二重幅に入れたカラーが見えにくくなりがち。目を大きく見せたくてグラデーションをしているのに、見えなければ意味がないですよね。

そんな一重さんにおすすめなのが、一般的な横に色を重ねていくグラデーションではなく、縦にグラデーションを入れていく方法。縦グラデーションとは、目頭に明るいカラー、目尻に濃いカラーをのせる塗り方です。この塗り方をすると目尻の締め色がしっかり見え、目を大きく見せられます。

アイラインは目尻にしっかりと

アイラインは目尻にしっかりと 出典:ライター撮影画像

まぶたで中央に引いたラインが隠れてしまいがちな一重さんは、目尻にしっかりラインを引くことを意識して!目尻はラインが見えやすい部分です。ここにラインを引くだけで、きちんとメイクをしている印象を与えられます。

切れ長でクールな目元に仕上げたい場合は、横に長めに引くのがおすすめです。目元の横幅を強調でき、一重のすっとした目元の特徴をより活かせます。

まつげはきちんとカールさせよう!

まつげはきちんとカールさせよう! 出典:ライター撮影画像

一重さんはまつげが下がっていると、目元に物足りなさを感じてしまいます。そのため、ビューラーでしっかりカールをして、まつげを上向きにすることが一重美人に見せるポイント!ビューラーでカールをしてマスカラを塗った後、最後の仕上げにホットビューラーを使うと、より綺麗なカールができますよ。

意図的にカールを作らず上品さを出して美人見えさせるなら、アイシャドウはしっかり入れておきましょう。

マスカラベースでカールをキープ

マスカラベースでカールをキープ 出典:ライター撮影画像

上向きまつげをキープするのが、一重さんの目をパッチリさせる美人見えのポイント。ホットビューラーで仕上げるだけでなく、マスカラを塗る前にマスカラベースを塗ってあげましょう。このひと手間を行うだけで、より上向きまつげをキープできます。

すっとした一重のクールな印象を活かすには、ボリュームタイプよりもロングタイプのマスカラがおすすめです。黒を使えば目の印象が強まり、ブラウンだと柔らかさのある目に仕上がります。

つけまつげをプラスする

つけまつげをプラスする 出典:adobestock

まつげのカールがうまくできない、マスカラは面倒だという方におすすめなのが、つけまつげを使うこと。元々カールがついているので、簡単にパッチリした目元に仕上がります!

つけまつげは、まつげの毛束や太さがさまざまなので、自分のなりたいイメージの目元を作れるのも魅力です。つけまつげの重みで目が小さく見えないよう、目頭から少しずらしてつけた後、指で押さえてしっかりと乾かしましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share