Beauty Topics

マニキュアを速乾させる方法7つ!失敗しないでキレイに仕上げる時短テクを教えます

出典:adobestock

マニキュアを速乾させる方法7つ!失敗しないでキレイに仕上げる時短テクを教えます

手軽にセルフネイルを楽しめると人気のマニキュア。塗った後に時間を置かなければならないので、なかなか乾かず待ちきれないと感じる方もいますよね。この記事ではそんなデメリットを少しでも無くせるように、マニキュアを速乾させる方法を7つご紹介します。
また、マニキュアの基本の塗り方や長持ちする方法もマスターできる内容となっているため、セルフネイル派の方は必見です。ストレスを感じている方は、ぜひ試してみてください!

カテゴリ | ネイル
How to
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

マニキュアが乾いたかチェックする方法

マニキュアを乾かすまでにかかる時間

マニキュアを乾かすまでにかかる時間 出典:adobestock

通常、マニキュアは乾かすまでに1時間ほど時間を要します。一度塗りなら30分ほどが目安ですが、夜塗って乾いたと思って布団に入ると乾かす時間が足りておらずしわになっていた…なんて経験も。乾かしている間は手を使えないので、家事どころかトイレに行くのも避けて、安静に過ごしたいもの。

また、商品ごとに乾かす時間が異なり、一概に1時間とはっきり言及できません。乾いたかのチェックはどのようにしたらよいかご紹介しします。

乾いていそうな小指から触って確認

乾いていそうな小指から触って確認 出典:adobestock

マニキュアを塗った表面が乾いたと感じたら、まずは小指から確認してみましょう。爪の範囲が小さく、1番乾かす時間がかからない部分が小指です。押したり強く叩いたりするとよれる原因なので、そっと触れてチェックをしてください。

表面が硬くなってツルっとしていたらOKですが、ベタベタしていたら10分ほど乾かす時間を追加してから確認してください。

乾いていると感じても気を付けて過ごす

乾いていると感じても気を付けて過ごす 出典:adobestock

マニキュアを乾かす時間を十分とり乾いたと感じた場合も、手を動かす動作を避けて気を付けて過ごしましょう。スマホで読書や、テレビを見て過ごすなどゆっくり過ごすうちに、完全にネイルが固まります。

また、就寝時にはネイルガードなどネイルを守るアイテムなどもおすすめです。100円ショップなどで手に入るアイテムなのでチェックしてみてください。

マニキュアを早く乾かすコツ・ポイント

塗る前の準備はしっかり

塗る前の準備はしっかり 出典:adobestock

早く乾かすためには、マニキュアを塗る前の下処理をしっかり行うことが大切です。ささくれや甘皮をしっかり取り除き爪の長さを美しく揃えることで、マニキュアを均一に塗りやすくなり、時間の短縮になって早く乾かすことに繋がります。

また、キューティクルリムーバーを使った際の油分は、エタノールなどで取り除くとネイルのノリや持ちがよくなるのでマニキュアを塗る前にしっかりと拭き取っておきましょう。

ベースコートを省かない

ベースコートを省かない 出典:adobestock

マニキュアの下に塗るため、見えないからと省きがちなベースコート。しかし、マニキュアと爪を接着させたり、カラーの発色をよくしたり、持ちをよくさせたりするためにセルフネイルでは必須なアイテムです。マニキュアを塗るように、エッジにもしっかり塗っておきましょう。

マニキュアをムラなく塗ることが早く乾かすポイントなのでベースコートは欠かせません。厚塗りしてしまうと、逆にマニキュアが塗りにくいので薄く塗りましょう。

部屋の湿度に気を付けよう

部屋の湿度に気を付けよう 出典:adobestock

早く乾かす方法は、実は部屋の湿度も関わってきます。梅雨や雨が降っているときは、マニキュアが乾きにくいため、早く乾かしたいときは雨の日を避けるのも1つの手です。じめっとしている日には、除湿機などを利用して乾燥させるのもおすすめ。

速乾性効果のあるトップコートは湿度で曇りやすい場合もあるため、雨の日は注意しましょう。そんな日は、マニキュアを冷やしておいたり、冷風で乾かしたりする方法をぜひ試してみて。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share