Beauty Topics

卵のようなつるつる肌になる5つのスキンケア方法。使い続けたくなる美容アイテムも

出典:adobestock

卵のようなつるつる肌になる5つのスキンケア方法。使い続けたくなる美容アイテムも

ゆで卵のようなつるつる肌は、女性としてあこがれる肌です。しかし角栓などが邪魔をしてザラザラ肌に悩む方が多い現状も。この記事ではザラザラ肌になる原因に着目し、つるつる肌を目指す方法をまとめました。
洗顔方法や普段のスキンケア方法にも言及しますので、一緒にきれいな肌作りを実践してみませんか。おすすめアイテムも取り入れ、あこがれのつるつる肌を目指しましょう。ハリやツヤをあわせ持った美肌を目指したい人は必見です。

カテゴリ | スキンケア
How to
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら
INDEX

つるつる肌に程遠い!ザラザラ肌になる原因とは?

皮脂分泌による汚れ

皮脂分泌による汚れ 出典:adobestock

ザラザラとした手触りに陥る原因に、皮脂の分泌が関係しています。分泌される皮脂が汚れを巻き込んで毛穴に詰まるほか、空気に触れて皮脂が酸化することも。化粧品が肌に残れば、皮脂とまじりあって固まってしまいます。

毎日メイク落としや洗顔をしても、汚れが残ってしまうことがあるでしょう。その結果、悪循環を招いてしまうのです。鼻の周りやおでこの生え際、あご周りなど部分的にざらつきを感じることもあります。

古い角質が毛穴に詰まるたんぱく質汚れ

古い角質が毛穴に詰まるたんぱく質汚れ 出典:adobestock

肌の新陳代謝は約28日です。細胞が生まれてから、肌表面の角質が剥がれ落ちるまでの期間と捉えましょう。乾燥や洗顔が不十分といった理由で新陳代謝のサイクルが乱れると、古くなった角質が剥がれ落ちずに肌に残ってしまいます。

角質が毛穴に詰まってしまうこともあるでしょう。皮脂は脂汚れですが、古くなった角質はたんぱく質汚れに分類されます。汚れの質が違うので、洗浄料では落としきれないこともあるようです。

乾燥による肌のカサつき

乾燥による肌のカサつき 出典:adobestock

ザラザラとした感覚が肌に残る場合、肌の乾燥が原因とも考えられます。肌が乾燥していると、肌表面の角質のキメが乱れて中途半端にはがれている状態になることも。肌の表面が粉を吹いたように見えたり、メイクのノリも悪くなったりするので早めに手立てを打つ必要があります。

肌の乾燥が進むと化粧品が肌に合わなくなるなどの弊害もあるので、普段からの保湿などを大切にしましょう。

皮膚の代謝の滞りによる肌のゴワつき

皮膚の代謝の滞りによる肌のゴワつき 出典:adobestock

肌を触ったときに、ザラザラ感よりもゴワゴワの手触りにびっくりすることもあるでしょう。肌の新陳代謝が乱れて古い角質が剥がれずに長い間とどまることが原因で、肌自体がこわばってしまうことが考えられます。とくに、古い角質が剥がれ落ちずに何層も蓄積された状態になると、より肌が硬くなったように感じられるでしょう。

この場合、どんなに保湿ケアをしても、古い角質が邪魔をして角質層まで保湿成分が浸透しにくいこともあります。

加齢による肌状態の変化

加齢による肌状態の変化 出典:adobestock

年齢を重ねると肌状態が変化し、水分量の低下や毛穴の開きによるザラザラ感が目立つことがあります。また顔にできたシミや小じわが原因でザラザラと感じることもあるでしょう。

加齢が原因と結論づけることができますが、20代~30代の女性も他人ごとではない世代に差し掛かっています。紫外線ケアを中心にスキンケアを怠ると、実年齢以上の肌変化が進んでしまうので気を付けなければいけません。

つるつる肌には洗顔がカギ!おすすめしたい洗顔方法

洗顔でつるつる肌を目指すために

洗顔でつるつる肌を目指すために 出典:adobestock

つるつる肌を目指すには、洗顔が1番のカギです。洗顔で意識したいポイントを押さえましょう。ひとつは肌の汚れを落とすこと。メイク汚れや皮脂汚れをすっきり落とすことが大切です。

次に古い角質(たんぱく質汚れ)を落とすこと。もちろん、角質を落とすことは新陳代謝を促すことにもつながるので、週に1~2度のスペシャルケアを取り入れることをおすすめします。この2つのポイントを意識するとつるつる肌に一歩近づくことができるでしょう。

洗顔料はたっぷりと泡立てるのが基本

洗顔料はたっぷりと泡立てるのが基本 出典:adobestock

洗顔料は、少量の水でたっぷり泡立てることが大切です。泡の弾力で肌への負担を抑えるとともに、泡の表面張力で汚れを吸着する効果が期待できます。泡立てるときには、泡立てネットなどを使うとよいでしょう。少量の洗顔料でも、手のひらいっぱいに膨らむたっぷりの泡が作れます。

洗顔料に含まれた界面活性剤の効果で皮脂汚れは落とせますが、チリやホコリは落とせませんので、すすぎはしっかりとおこないましょう。

洗顔の順番は?

洗顔の順番は? 出典:adobestock

洗顔料を顔になじませるときは、まずおでこと鼻の頭までのTゾーン、次に頬とあごのUゾーン、最後に小鼻周りといった順番が効率よく洗えます。おでこもザラザラが気になりやすいところなので、髪の生え際までしっかり泡をつけて洗いましょう。指の腹を使って円を描くように、やさしく泡をなじませてください。

ザラザラが気になる部分は、細かく円を描くようにすると角栓や毛穴の汚れが落ちやすくなります。

すすぎはぬるま湯で時間をかけて丁寧に

すすぎはぬるま湯で時間をかけて丁寧に 出典:adobestock

肌に洗浄成分が残ると肌荒れの原因になる可能性も。肌の汚れをすっきり落とすために丁寧にすすぎましょう。皮脂は体温ほどの温度で緩むので、ぬるま湯を使うことをおすすめします。肌や髪の生え際などにヌルヌルした感触や泡が残らないよう、確認しながらすすいでください。

タオルで水分をふき取るときは、肌をこすらないようにしましょう。タオルに水分を含ませるように顔を包み込む方法がおすすめです。

保湿系基礎化粧品でしっかり保湿!

保湿系基礎化粧品でしっかり保湿! 出典:adobestock

洗顔で古い角質を落としたあとの肌は、新しい層が表面に出ている状態になるので、紫外線によるダメージを受けやすくなります。保湿系の基礎化粧品を使って肌表面に水分や油分を補うとともに、日焼け止めなどを重ね使いすることでダメージに負けない肌を目指しましょう。

肌にとって十分な水分や油分が化粧品によって補われていれば皮脂の分泌が抑えられ、洗顔後の状態が保たれます。油分が少なくエタノールが含まれたさっぱり系の化粧水は、肌の乾燥を招くことも予想されるので保湿系に切り替えましょう。

洗顔にピーリングを取り入れよう

洗顔にピーリングを取り入れよう 出典:adobestock

洗顔料の界面活性剤は皮脂汚れを落とす効果がありますが、古い角質がメインのタンパク質汚れは肌に残ってしまうことがあります。そのため、つるつる肌を作るためには普段のケアにピーリング洗顔を加えることをおすすめします。

スクラブやAHA(アルファヒドロキシ酸)配合の洗顔料を使うほか、たんぱく質を分解する酵素入りの洗顔料を使うとよいでしょう。使用する商品によっても異なりますが、頻度は週に1~2度がベスト。普段の洗顔で落としきれない汚れを落とすためのスペシャルケアです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share