Beauty Topics

下まつげをメイクするメリットって?ビューラーやマスカラのやり方を押さえて悩みを解決

出典:adobestock

下まつげをメイクするメリットって?ビューラーやマスカラのやり方を押さえて悩みを解決

上まつげはしっかりマスカラを塗るけれど、下まつげは何となくなおざりにしてしまうことってありませんか?しかし、下まつげは目元や顔の印象に変化を持たせるのに効果的なパーツなのです。
今回は、印象アップを叶える「下まつげメイク」の詳しいやり方をご紹介。ビューラーやマスカラの使い方やお直しの方法など、下まつげのお悩みを解消してメイクを簡単にグレードアップさせる秘訣を伝授します。

カテゴリ | アイメイク
How to
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら
INDEX

下まつげで目元のイメージが変わる!メイクが重要な理由について

下まつげメイクのうれしい効果3つ

小顔見えする

小顔見えする 出典:adobestock

下まつげをメイクするメリットの1つは、目元にメリハリをつけて小顔に見せられることです。下まつげに何も手を加えないと、目の下側に大きな余白ができて、顔全体が間延びしたように見えてしまいます。

ビューラーでカールをつけてマスカラで長さをプラスすることで余白をほどよく埋められるため、シャープな雰囲気を演出できますよ。顔の輪郭とパーツの大きさのバランスを取って、小顔に見せたい方にうれしいメリットです。

目元を強調できる

目元を強調できる 出典:adobestock

さりげなく大きな目に見せられることも、下まつげメイクのうれしい効果です。下まつげにマスカラやビューラーを使うことで、まつげ1本1本の存在が強調されます。目の縦幅を長く見せる「縦長効果」が生まれるため、上まつげだけをメイクするよりも一層ぱっちりとした目元を作れるのです。

「まつげの量が少ない」「まつげが短い」などでお悩みの方もマスカラやビューラーを正しく使えば、目元の印象を際立たせられます。

童顔のような可愛らしさを演出

童顔のような可愛らしさを演出 出典:adobestock

下まつげのメイクには、顔を可愛らしく見せられるメリットも。人の顔は、目や鼻などそれぞれのパーツが下側に集中しているほど「童顔」に見えやすいといわれています。

下まつげをメイクすることで顔の下側に重心が集まっているように見えるため、童顔のようなキュートな雰囲気を叶えられるのです。クールで凛とした顔に見えやすい方や、目元がシャープでキツイ印象に見えるのがお悩みの方でも、簡単に大人可愛い仕上がりを作れます。

悩みやなりたい印象に合わせたメイク方法を

悩みやなりたい印象に合わせたメイク方法を 出典:adobestock

下まつげメイクに必要なのは、大きく分けて「ビューラー」と「マスカラ」の2ステップです。比較的やり方はシンプルですが、マスカラの重ね方やつける部分などを変えることで、メイクの仕上がりがガラリと変化します。

下まつげをメイクするときは、なりたい印象や悩みに合わせてアイテムや方法を使い分けましょう。「タレ目風に見せたい」「細く少ない下まつげにボリュームを持たせたい」など、仕上がりの好みやまつげの悩みをよく考えて実践してくださいね。

下まつげの悩みを解決!ビューラーできれいなカールを作る方法

全体用ビューラーを使うメリット

全体用ビューラーを使うメリット 出典:adobestock

ポピュラーな形をした「全体用ビューラー」は、目頭から目尻まで下まつげを一度に挟んで一気にカールをつけられることがメリットです。普段からビューラーを使う人なら扱いに慣れていることがほとんどなので、下まつげメイクにも気負いなく使えます。

全体ビューラーを新たに購入する際は、自分の目の大きさやまぶたのカーブに合うものを選びましょう。一重・奥二重向けなど、目の形別で種類を展開している場合もあるのでよく検討してください。

全体用ビューラーの使い方

全体用ビューラーの使い方 出典:ライター撮影画像

全体用ビューラーを使って下まつげにカールをつける方法は、次の通りです。

  • 1.普段と逆向きにビューラーを持ち、顎を引いて顔を軽く下にむける
  • 2.反対側の手で下まぶたを軽く引っ張り、ゴム部分を下まつげの根元に当てる
  • 3.下まつげをゆっくり挟み込んで5秒ほどキープし、カールをつける

挟み込む部分を間違えないように、鏡でビューラーの位置をよく確認しながら行ってください。

部分用ビューラーを使うメリット

部分用ビューラーを使うメリット 出典:adobestock

部分用ビューラーは全体用ビューラーよりも横幅が小さく、両サイドに支柱がついていないのが特徴です。小回りが利きやすいデザインで、部分的にまつげを挟み込んで使います。目頭や目尻の短い下まつげもくまなくキャッチして、しっかりカールできるのがメリットです。

部分的にカールをつけるため、不自然な折れ曲がりや挟み残しが少ないのもうれしいポイント。使い慣れるまでに少々コツが必要ですが、よりきれいな下まつげメイクを叶えたい人におすすめです。

部分用ビューラーの使い方

部分用ビューラーの使い方 出典:ライター撮影画像

部分用ビューラーを使う手順は、基本的に全体用ビューラーと同じです。

  • 1.いつもと逆向きでビューラーを持ち、顎を引いてうつむき姿勢を作る
  • 2.下まぶたを反対の手で軽く引っ張りながら、ゴム部分を下まつげの根元に当てる
  • 3.目頭側・黒目の下・目尻側の3ヶ所に分けて、順番にまつげを挟み込み、カールをつける

ポイントは、下まつげを3回に分けて挟むこと。部分的に挟むことにより、きれいなカールを作れます。

ビューラーを使うときの注意点

ビューラーを使うときの注意点 出典:adobestock

下まつげをカールさせるときは、強い力を加えたり引っ張ったりしないことが大事です。下まつげは上側と比べて1本1本の毛が細く量も少ないため、力を入れすぎると抜け毛の原因につながります。

また、ビューラーを反対向きで持つため扱いに慣れるまで時間がかかる場合も。皮膚や粘膜を挟まないように、細心の注意を払いながら使ってくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share