Beauty Topics

【プレ化粧水】とは?役割や正しい使い方をチェックして健康的な肌を目指そう

出典:adobestock

【プレ化粧水】とは?役割や正しい使い方をチェックして健康的な肌を目指そう

みなさんは、毎日のスキンケアにプレ化粧水を使っていますか?「いまいちメリットがわからなくて使っていない」という人も多いことでしょう。
そこで今回は、プレ化粧水の役割や正しい使い方をご紹介します。後半では人気のプレ化粧水もご紹介していくので、これからプレ化粧水を取り入れようと思っている人は参考にしてくださいね!

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ 化粧水

どのタイプがおすすめ?プレ化粧水の種類と選び方

ローションタイプとは?

ローションタイプとは? 出典:adobestock

プレ化粧水の中でも一般的なのが、ローションタイプです。ローションタイプは一般的な化粧水と同じく、手で肌になじませていきます。肌をやわらかくすることを目的としているので、ごわつきが気になるときにはおすすめです。

ローションタイプはプチプラで大容量の商品が多いので、コスパがよいことも魅力の一つ。拭き取りタイプと比較すると肌への負担が少ないので、敏感肌の人にも人気です。

拭き取りタイプとは?

拭き取りタイプとは? 出典:adobestock

拭き取りタイプのプレ化粧水は、古い角質や洗顔では取り除けなかった汚れを落とすことを目的としています。そのため、肌のくすみ※が気になるときにはおすすめです。使い方はコットンにプレ化粧水を染み込ませて、やさしく拭き取るだけ。さっぱりとした使用感のアイテムが多いことも人気の秘訣です。

ただし、コットンで拭き取るときに摩擦が生じるので、敏感肌の人は使い方に注意しましょう。

※古い角質による

ミストタイプとは?

ミストタイプとは? 出典:adobestock

プレ化粧水の中でもとくに使い勝手がよいのは、ミストタイプです。ローションタイプと同じく、肌をやわらかくすることを目的としています。使い方は、シュっと顔にミストを吹きかけるだけ。洗顔後に手軽に保湿できるので、スキンケアを時短で済ませたい人にも人気のタイプです。

メイクの上からでも使えるので、外出先でメイク直しがしたいときにも重宝しますよ。

プレ化粧水の選び方とは?

プレ化粧水の選び方とは? 出典:adobestock

プレ化粧水にはローションタイプや拭き取りタイプ、ミストタイプなどさまざまな形状がありますが、結局どれがよいのか迷ってしまう人もいることでしょう。そんなときは、現在の肌悩みを考慮して選ぶとよいですよ。

例えば、肌のごわつきや乾燥が気になる人はローションタイプ、くすみ※が気になる人は拭き取りタイプ、日中のメイク崩れが気になる人はミストタイプなど、自分の肌悩みに合ったアイテムを選んでみましょう。

※古い角質による

まずはチェック!プレ化粧水の正しい使い方

【STEP1】洗顔後すぐに付ける

【STEP1】洗顔後すぐに付ける 出典:adobestock

プレ化粧水を使うタイミングは、洗顔の後です。タオルで水気を拭き取ったら、肌のつっぱりを感じる前にプレ化粧水を付けるようにしましょう。

洗顔後は水分や皮脂が取り除かれて乾燥しやすい状態なので、30秒以内にプレ化粧水を付けられるとベストです。洗面台やバスルームにプレ化粧水を常備しておくと、スピーディーにケアできますよ。

【STEP2】ハンドプレスでなじませる

【STEP2】ハンドプレスでなじませる 出典:adobestock

プレ化粧水を手に取って顔全体になじませたら、手の平を使ってやさしくハンドプレスをします。このとき、擦るのではなくプレ化粧水を肌に押し込むようなイメージで付けると、摩擦を与えることなく付けられますよ。

ミストタイプを使用する場合も、肌に吹きかけた後に全体へなじませるようにハンドプレスをしてください。適量を肌になじませて、全体が潤ったら完了です。

【STEP3】化粧水でスキンケアをする

【STEP3】化粧水でスキンケアをする 出典:adobestock

プレ化粧水を使った直後は肌が潤っていますが、そのまま放置してしまうとどんどん乾燥してしまいます。乾燥させないためにも、プレ化粧水の後は化粧水→美容液→乳液→クリームの順番でスキンケアをしましょう。

次に使う化粧水を付けるタイミングは、プレ化粧水の水分が肌になじんできた頃がベスト。肌のつっぱりを感じる前に化粧水を付けるようにしてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share