Beauty Topics

【30代必見】おすすめの化粧水10選!自分の肌悩みにぴったりな1つを選ぼう

出典:adobestock

【30代必見】おすすめの化粧水10選!自分の肌悩みにぴったりな1つを選ぼう

30代になるとシミやハリ不足など、20代のときには感じなかった肌悩みに直面することがありますよね。そんなときはスキンケアの基本ともいえる、化粧水から見直してみてはいかがでしょうか?
本記事では30代向けの化粧水をプチプラ・デパコス別にご紹介します。また、化粧水の選び方のポイントや正しい化粧水の使い方もご紹介するので、年齢に合わせたスキンケアをしたい人はぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ デパコス プチプラ 化粧水

化粧水は使い方も重要!30代におすすめのスキンケア方法

肌に摩擦を与えないように付ける

肌に摩擦を与えないように付ける 出典:adobestock

化粧水を付けるときは、肌に摩擦を与える付け方はNGです。摩擦による肌荒れが起きたり、メラニンが過剰に生成されたりと、あらゆる肌トラブルを引き起こす可能性があります。摩擦を与えないためにも、両手で包み込むように化粧水を付けていくことが大切です。

コットンで付ける場合もゴシゴシこすらず、やさしく滑らせるように付けてください。摩擦を与えないことで肌質は変わってくるので、30代からは化粧水の付け方を見直しましょう。

化粧水を重ね付けして、うるおいをたっぷり与える

化粧水を重ね付けして、うるおいをたっぷり与える 出典:adobestock

化粧水は一度塗っただけで完了させる人が多いですが、一度塗りでは水分が角質まで浸透していない可能性があります。水分を十分に行き渡らせるためには、3回ほど重ね付けする方法がおすすめです。1回目は肌全体にサッと塗り、2回目・3回目で目元や口元などの乾燥しやすいパーツを重点的に付けていきましょう。

ただし、角質に入る水分量には限りがあるので、過度に重ね付けする必要はありません。3回程度重ねたら、次のステップに移りましょう。

化粧水は首やデコルテまで付ける

化粧水は首やデコルテまで付ける 出典:adobestock

化粧水を付けるときは、顔だけでなく首やデコルテまでしっかりと付けていきましょう。首やデコルテは顔と同じく皮膚が薄いパーツなので、乾燥による肌トラブルが起こりやすいです。首やデコルテが乾燥していると、一気に老けた印象に見えるので30代のうちからしっかりとケアをしましょう。

首に化粧水を付けるときは、上から下に向かって伸ばしていくとリンパの流れが促進されます。また、鎖骨周辺にはリンパ節があるので、化粧水を付けながら指でもみほぐすこともおすすめです。

乾燥が気になる人はコットンパックもおすすめ

乾燥が気になる人はコットンパックもおすすめ 出典:adobestock

乾燥が気になる30代は、日々のスキンケアにコットンパックを取り入れましょう。手で付けるよりも水分が行き渡るので、普段のお手入れだけでは十分に保湿できていない人におすすめのスキンケア方法です。

やり方はコットンに化粧水を染み込ませて、3~5分ほど顔に乗せていきます。時間をかけすぎると肌の水分がコットンに奪われてしまうので、コットンが乾燥する前に剥がすことがポイントです。コットンパックは毎日行っても問題ないので、乾燥が気になる人は試してみてください。

30代向けの化粧水で年齢に合わせたスキンケアをしよう

30代はさまざまな肌トラブルを感じやすくなるので、化粧水を変えるにはちょうどよいタイミングです。まずは自分の肌質を分析して、どんなスキンケアが必要なのか見極めていきましょう。

30代向けの化粧水はプチプラ・デパコス共に多数登場しているので、選び方で迷ったときは今回ご紹介したアイテムも参考にしてくださいね。30代向けの化粧水を取り入れて、自信の持てる美肌を手に入れましょう!

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share