Beauty Topics

【高発色な目元に】人気のアイシャドウベース10選!種類や使うメリットもチェック

出典:adobestock

【高発色な目元に】人気のアイシャドウベース10選!種類や使うメリットもチェック

アイシャドウベースは、アイメイクの最初に仕込むことでアイシャドウの発色や持ちをよくしたり、目元を魅力的に演出したりするのはもちろん、クマなどの悩みカバーにも役立ちます。
今回は、プチプラとデパコスにわけて口コミでも人気のおすすめアイシャドウベース10選を紹介。あわせて、「アイシャドウベースとは?」「どんな種類があるの?」といった基本的な疑問から選び方のコツや使い方まで解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

【デパコス編】口コミで人気のおすすめアイシャドウベース5選

やわらかい使用感でピタッとまぶたに密着するデパコスアイテム

【LUNASOL(ルナソル) アイリッドベース N】
アイシャドウの人気も高いデパコス、LUNASOLのアイシャドウベースは、なめらかな伸びのよさとフィット感が特徴。少量でもまぶたにしっかりと密着し、長時間きれいなアイシャドウをキープしてくれます。

ナチュラルとライトの2種類が展開されており、どちらもまぶたの色ムラをフラットに整えてくれるので、くすみのない目元が実現。また、やわらかいテクスチャーなので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

LUNASOLアイシャドウベースの口コミ

「これを使うとアイシャドウのノリも持ちもよくなるので、一度使うと手放せないアイテムです。」

マットな仕上がりが特徴のデパコスアイシャドウベース

【LAURA MERCIER(ローラメルシエ) アイベーシックス】
人気デパコスブランドLAURA MERCIERのアイベーシックスは、サラッとした軽い質感なのでムラなく伸ばせるのが特徴。仕上がりはマットでその後に使うアイシャドウを見たままに発色し、長時間きれいな色持ちが叶います。

ベージュカラーだけでなく青みがかったブルーカラーも用意されているので、まぶたに透明感※1がほしい方にもおすすめ。アロエベラ※2などの植物エキスが配合されており、デリケートな目元に使いやすいのもメリットでしょう。

※1メイクアップ効果
※2保湿成分

目元に潤いを与えてくれる人気のデパコスアイシャドウベース

【MIMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーアイベース】
目元の乾燥が気になる方におすすめなのが、MIMCのアイシャドウベース。クランベリー種子油やアサイヤシ果実油などの保湿成分が目元に潤いを与え、メイク中の乾燥を防いでくれます。

また、なめらかなテクスチャーで肌なじみがよいので、サッとのせるだけで疲れの出やすい目元を自然にトーンアップ※し、肌色を均一に整えてくれるのも特徴。2種類のカラーのうち明るいタイプならハイライターや涙袋にも使えるとあり、口コミでも人気のデパコスアイテムです。

※メイクアップ効果

MIMCアイシャドウベースの口コミ

「まぶたに塗ると適度なツヤと潤い、自然に明るくなります。アイベースなだけあってよれたりもしません。乾燥しないのでおススメです。」

リキッドタイプなのに軽い使用感が特徴のデパコスアイテム

【NARS(ナーズ) スマッジプルーフ アイシャドーベース】
人気のデパコスNARSのアイシャドウベースは、リキッドタイプなのに軽い使用感でまぶたのくすみをカバーし、色味を整えてくれるのが特徴。アイシャドウがヨレたりダマになったりせず、色味もラメも長時間キープし美しい仕上がりが持続します。

さらに、透明タイプなのでどんなカラーのアイシャドウとも相性がよいのも嬉しいポイント。一度に使うのは少しでOKなので、デパコスですがコスパよく使える点もメリットです。

NARSアイシャドウベースの口コミ

「二重の溝に溜まりやすいのですが、これを塗ると綺麗なまま残ります。リピしたいです。(20代 女性)」

しっとりテクスチャーで心地よく使えるデパコスベース

【TOM FORD BEAUTY(トムフォードビューティー) エモーションプルーフ アイ プライマー】
TOM FORD BEAUTYのアイシャドウベースは、やわらかく伸びのよいテクスチャーで力を入れなくてもまぶたにサッとなじみます。しっとりした使用感ですが、すぐに乾いてサラッとするので、そのあとに使うアイシャドウの邪魔をしません。

また、アイメイクの発色をよくしてくれるのはもちろんキープ力も抜群なので、二重の溝にアイシャドウが溜まりやすいという方にもおすすめ。デパコスならではの高級感あるパッケージも魅力的なポイントです。

TOM FORD BEAUTYアイシャドウベースの口コミ

「全然二重の線に溜まらないし、発色も良くなって、春夏の鮮やかな色を使ったメイクをしたい時にとても重宝しました。(20代 女性)」

アイシャドウベースの基本の使い方と使うときの注意点を解説

まずはいつも通りベースメイクを完成させる

まずはいつも通りベースメイクを完成させる 出典:adobestock

ここからは、アイシャドウベースの使い方と注意点を解説します。アイシャドウベースを使うときは、いつもと同様に化粧下地やファンデーション、フェイスパウダーなどを使ってベースメイクを完成させればOK。

基本的にアイシャドウベースを使うのはファンデーションのあとですが、アイテムによっては順番が異なることがあります。まずはパッケージなどに記載されている順番を確認し、とくに指示がなければ通常通りベースメイクまですませてください。

アイホール全体にアイシャドウベースをのせる

アイホール全体にアイシャドウベースをのせる 出典:adobestock

クリームとリキッドのアイシャドウベースは、指に適量をとり手の甲などで少し量を調節してからまぶたにのせましょう。最初は少量ずつぽんぽんとのせて、まぶた全体に均一に伸ばします。

パウダータイプの場合はブラシなどにとり、まぶた全体に薄く広げればOK。アイシャドウベースを塗ったら2〜3分おいて、まぶたになじんだあとにアイメイクを始めてくださいね。

注意点(1)つけすぎると逆にアイシャドウがヨレる原因に

注意点(1)つけすぎると逆にアイシャドウがヨレる原因に 出典:adobestock

アイメイクの持ちをよくしたいからといって、アイシャドウベースをつけすぎるのはNG。余分な油分が原因で、アイメイクの崩れにつながります。きれいなアイメイクを長時間キープさせるには、アイシャドウベースをまぶた全体に薄くつけることが大切です。

また、アイシャドウベースを使ってもメイクのヨレが気になる場合は、アイシャドウベースを使ったあと、何もついていないスポンジで軽く油分をオフするのもおすすめ。この一手間を挟むことで、より崩れにくさアップが期待できます。

注意点(2)目元は繊細なパーツなので強くこすらない

注意点(2)目元は繊細なパーツなので強くこすらない 出典:adobestock

アイシャドウベースをまぶたに塗るときは、こすらずぽんぽんとなじませましょう。目元は繊細で刺激を感じやすい部分なので、強くこすると色素沈着などトラブルの原因になることも。

また、力が入るとムラづきの原因になり、せっかくアイシャドウベースを使ってもアイメイクがきれいにつかない可能性もあります。アイシャドウベースに限らず目元のメイクをするときは力加減を意識して、なるべく摩擦がおきないよう注意しましょう。

アイシャドウベースでアイメイクの仕上がりを底上げしよう!

今回は、アイシャドウベースの基本から種類や選び方、口コミでも人気のおすすめアイテムをプチプラとデパコスにわけて紹介しました。アイシャドウベースを使えば、アイシャドウの色味を見たままに再現できるので、手持ちのアイテムの仕上がりをアップさせられます。

また、一度に使うのは少量なので長く使え、コスパがよい部分も魅力的なポイント。ぜひこの記事を参考に自分に合うアイテムを見つけて、アイメイクの仕上がりを底上げしてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share