Beauty Topics

【デパコス・プチプラ】おすすめのハイライト10選!メイクでの役割やタイプ別の選び方

出典:adobestock

【デパコス・プチプラ】おすすめのハイライト10選!メイクでの役割やタイプ別の選び方

メイクアイテムの中でもハイライトって、使っても使わなくても変わらないと思っていませんか?ハイライトは上手に使えばのっぺり顔脱出に役立ちますし、華やかさを持った顔に仕上げられる優秀アイテムなのです。
今回は、ハイライトの使い方に悩む方へ向けて、ハイライトの役割や選び方を確認しながら、おすすめのアイテムをデパコス・プチプラ別にご紹介します。

ハイライトはどこにのせる?ハイライトを使う位置はここ!

立体感を出したいときにのせる位置は?

立体感を出したいときにのせる位置は? 出典:adobestock

顔に立体感を出したいときにハイライトをのせる位置は、おでこの中央、あご先、鼻筋、Cゾーン、唇の山の上の5か所に入れましょう。

このとき注意点が2つあります。1つめは、おでこは広い範囲にのせすぎず、眉間の上の中央部分だけにのせること。広い範囲に入れるとおでこが大きく見えてしまいます。

2つめは、鼻筋全体ではなく目と目の間のくぼんだ部分と鼻先にのせること。鼻先まで一直線にハイライトを入れると、鼻が長く見えてしまうので注意しましょう。

頬にハリ感を出したいならこのようにのせて!

頬にハリ感を出したいならこのようにのせて! 出典:adobestock

頬がこけていると、それだけで不健康そうに見えてしまいます。頬にツヤを持たせハリ感を演出するには、頬の高い位置にしっかりとのせること。

このとき、丸顔が気になる人は縦長に、面長が気になる人は横長に入れると顔の長さをメイクで錯覚させられます。また頬骨が元からしっかりしていて高さがある人は、高い部分を避けて逆向きのCを描くように頬に入れると、頬全体のふっくら見えが叶いますよ。

デコルテにのせて華奢な印象をプラス

デコルテにのせて華奢な印象をプラス 出典:adobestock

鎖骨の上部分にハイライトをのせて馴染ませると、メイク効果でより立体的な鎖骨になります。鎖骨がしっかり見えると華奢な印象を与え、女性らしさがプラス。

デコルテに視線が集まることで、小顔見せを簡単に叶えられます。とくに夏は肌見せの時期でもあるので、顔だけでなく肌もツヤっとさせて視線を独り占めしちゃいましょう。

おすすめのハイライトを取り入れて、ツヤのある輝く私に!

ハイライトの選び方や人気のおすすめアイテムをご紹介しました。ハイライトはツヤをプラスするだけでなく、肌トラブルを飛ばしてくれる役割のあるメイクアイテム。正しい使い方をすれば、いつもよりも立体感のある輝かしい顔立ちになれます。

ハイライトでツヤを手に入れて、人目を惹きつける私を目指しましょう!口コミも参考にあなたにぴったりのハイライトを見つけてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share