Beauty Topics

おすすめのリキッドアイシャドウ10選。濡れツヤまぶたを作るコツや使い方もレクチャー

出典:adobestock

おすすめのリキッドアイシャドウ10選。濡れツヤまぶたを作るコツや使い方もレクチャー

アイシャドウというとパウダータイプをイメージすることが多いですが、リキッドアイシャドウを使いこなせるとぐっと洗練された雰囲気の顔を作れます。液体なので使うのにコツがいりますが、慣れてしまえば簡単です。
今回はリキッドアイシャドウの使い方を徹底解説するとともに、おすすめのアイテムもプチプラ・デパコス別に紹介します。

濡れツヤまぶたを作るコツ!リキッドアイシャドウの使い方

使い方のコツその1:リキッドアイシャドウを塗る前には油分オフ

使い方のコツその1:リキッドアイシャドウを塗る前には油分オフ 出典:adobestock

まぶたに余計な皮脂があると、アイシャドウがよれる原因に。メイクをよれにくくするには、ティッシュで油分をオフしてからリキッドアイシャドウを塗るのがコツです。

このとき、まぶたをゴシゴシと擦って油分を取り除くのはNG。まぶたは薄くデリケートな部分なので、力を入れずにやさしく扱いましょう。

使い方のコツその2:まぶたにのせる前に量を調整する

使い方のコツその2:まぶたにのせる前に量を調整する 出典:adobestock

リキッドアイシャドウをチップに取り出したら、容器のフチや手元で量を調整してからまぶたにのせましょう。量をたくさんつけすぎてしまうと色ムラの原因になったり、修正する際にクレンジングでオフしなければならなかったりと手間がかかり大変です。失敗しないためにも、量の調整は欠かせません。

使い方のコツその3:点置きしてから全体へ馴染ませる

使い方のコツその3:点置きしてから全体へ馴染ませる 出典:adobestock

リキッドアイシャドウのほとんどには、チップが付いています。このチップを使ってまぶたにアイシャドウを点置きし、全体へと馴染ませていきましょう。

まぶたを縦に3分割して目の際側に点でのせる3点置きをするとナチュラルな仕上がりになり、さらにまぶたの上部分にもプラスして5点置きをするとしっかりとした目元印象が叶います。塗り広げるというよりも、トントンと馴染ませていくのがコツです。

使い方のコツその4:下まぶたは中央にポンっとのせる

使い方のコツその4:下まぶたは中央にポンっとのせる 出典:adobestock

下まぶたにも色をのせるときは、黒目の下にぽんっと1点だけ置いて伸ばし広げていきましょう。下まぶたの広い範囲につけすぎると違和感が生まれるので、1点置きして物足りないと感じた場合のみ追加してください。

涙袋を強調したい場合はゴールドやベージュのようなカラーがおすすめです。ぷっくりと立体感のある涙袋に仕上がりますよ。

使い方のコツその5:塗った後は擦らない!

使い方のコツその5:塗った後は擦らない! 出典:adobestock

リキッドアイシャドウによっては、しっかりと密着するまでに時間がかかるものもあります。乾く前に目元を擦ると、せっかく塗ったアイシャドウが崩れてしまう可能性も。ぴたっと密着するまで目元は触らないようにしましょう。

リキッドアイシャドウを重ね付けする場合には、速乾性のタイプを使うと仕上がりが綺麗です。購入時にチェックしておくことをおすすめします。

リキッドアイシャドウでトレンド感のある目元に!

リキッドアイシャドウはさっと塗るだけでまぶたに輝きをプラスし、色っぽい目元に仕上げてくれる優秀なメイクアイテムです。二重幅にアイシャドウが溜まったり、よれたりしないようしっかりと馴染ませるのがコツ!

プチプラ・デパコス別に紹介した人気のおすすめアイテムを参考に、なりたい目元に合わせてお気に入りを見つけてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share