How to メイク

  • 2020.03.27

    【原液の使い方】いつものお手入れにプラスするだけ!原液美容のはじめかた

原液の効果的な使い方

  • ダイレクト使い
    洗顔後すぐの肌に。
  • ポイント使い
    気になる悩みにピンポイントでケア。
  • 複数使い
    肌悩みに合わせて複数使いもOK。
  • プラス使い
    お手持ちのアイテムにプラス。(化粧水・乳液・美容液・クリームなど)

セラミド(保湿成分)※1

ブースターとしての使い方がおすすめ。
洗顔直後、4~6滴を手に取り、顔全体になじませてハンドプレスで浸透*させます。

甘草エキス ※2

気になる部分に直接つけて集中ケアがおすすめ。
また、全体的にケアしたい場合は、化粧水の後、2~3滴を顔全体になじませてハンドプレスで浸透*させます。

AHA(フルーツ酸)含有エキス ※3

気になる部分になじませてからいつものスキンケアをして、翌朝洗顔。
また、コットンに数滴含ませて、ふき取り化粧水としても使えます。

ナイアシンアミド(整肌成分)※4

化粧水の後、2~3滴を顔全体になじませてハンドプレスで浸透*させます。
特に気になる箇所には重ね付け。

コラーゲン(保湿成分)※2

化粧水の後、2~3滴を顔全体になじませてハンドプレスで浸透*させます。
特に気になる箇所には重ね付け。

  • *浸透 角質層まで
  • ※1 コメヌカスフィンゴ糖脂質(保湿成分)
  • ※2 保湿成分
  • ※3 ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、ナツメ果実エキス、サンザシエキス(角質柔軟湿成分)
  • ※4 整肌成分

使用アイテム

撮影協力

回答者:TUNEMAKERS 高橋満雄
レポーター:鹿島渚
ヘアメイク:竹脇寛人
How to メイク一覧へ戻る
  • share
  • twitter
  • facebook

share

  • twitter
  • line
  • facebook
  • mail