Beauty Topics

【顔の形別】チークの入れ方を解説!基本・おすすめの塗り方も合わせてチェック!

出典:adobestock

【顔の形別】チークの入れ方を解説!基本・おすすめの塗り方も合わせてチェック!

顔の形別に、垢抜けられるチークの使い方をご紹介します。
顔の形にコンプレックスがある、顔の形となりたい印象に差があるなど悩みは千差万別。
チークの入れ方を少し工夫するだけで仕上がりの印象はまったく違ってきます。
なりたいイメージになれるおすすめのチークの入れ方を画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to 基本編 タイプ別 チーク

丸顔におすすめのチークの入れ方

ここからは、顔の形別に分けてご紹介していきます。

まずは女性に多い「丸顔」タイプ。顔全体が丸くて可愛いイメージの丸顔さんですが、クール系メイクにも挑戦できますよ!

丸顔の特徴は?可愛らしくてやさしいイメージ

丸顔の特徴は?可愛らしくてやさしいイメージ 出典:adobestock

丸顔の特徴は、顔の縦幅と横幅の比率が1対1に近いこと。顔の縦ラインが短く、顔全体は円っぽいのが特徴的ですね。

とても女性らしくて可愛い顔型なのですが、「童顔で幼く見られる」というのがよくあるお悩みです。

チークの使い方を間違えると、必要以上にほっぺたが赤くなってさらに幼く見えてしまうので注意!そんな丸顔さんにおすすめの入れ方をご紹介しますね。

丸顔は斜めが基本の入れ方

丸顔は斜めが基本の入れ方 出典:ライター撮影画像

まずは基本の入れ方です。

丸顔さんは、頬骨からこめかみに向かって入れるのが基本。頬骨の1番高いところから入れると、失敗しにくいのでおすすめですよ。

幼な顔になりやすい丸顔さんは、チーク幅を狭くしてみて。チークの面積が少ないと、大人っぽい印象を与えやすくなります。

クールにしたい丸顔さんは「くの字」がおすすめ

クールにしたい丸顔さんは「くの字」がおすすめ 出典:ライター撮影画像

丸顔だからといって、クールなメイクを諦めなくても大丈夫!

クール系メイクがしたい丸顔さんは、「くの字入れ」に挑戦してみましょう。

【くの字チークの入れ方】

  • 1.チークを頬の高いところからこめかみに向けて入れる
  • 2.残りを、こめかみから髪の生え際に沿って「くの字ライン」を作るように入れる

こめかみに少しだけ入れたチークで、シェーディング効果を出すとともにこなれ感を追加できます。

ラメ感のないパウダータイプだと上手くいきやすいですよ。

こめかみのチークは新しく取り直さず、初めに入れた残りで淡く入れるのがポイントです。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

可愛くしたい丸顔さんはジグザグ逆三角がおすすめ

可愛くしたい丸顔さんはジグザグ逆三角がおすすめ 出典:ライター撮影画像

可愛い印象を作りたい丸顔さんは、逆三角形に乗せるのがおすすめ。目の下から小鼻にかけて、縦長の逆三角形になるようにチークを入れてみてください。

細めのブラシで目尻からジグザグに入れていくと、きれいな逆三角形になりますよ。一度に入れるのではなく、薄付きで何度か重ねるのがコツ。

顔全体の丸さをやわらげる効果もあり、大人の女性らしい可愛さが演出できておすすめです!

面長顔におすすめのチークの入れ方

クールで大人っぽい印象が素敵な面長顔。頬の面積が広めなので、どうやってチークを入れたらよいか悩んでしまいますよね。

ここからは、面長顔を活かすコツを見ていきましょう。

面長顔の特徴は?大人っぽくクールなイメージ

面長顔の特徴は?大人っぽくクールなイメージ 出典:adobestock

面長顔は、顔の横幅に対して縦幅が長いのが特徴。顔の真ん中の縦ラインで、髪の生え際から眉・眉から鼻先・鼻先から顎先の3つの長さが同じくらいだと面長顔といえます。

面長顔は大人っぽい印象を与える一方、「老けた印象になりやすい」「顔が大きく見えるのが気になる」などの悩みを抱えやすいです。

そういったお悩みも解決できるおすすめの入れ方について、さっそくチェックしていきましょう!

面長顔は頬骨より下めが基本の入れ方

面長顔は頬骨より下めが基本の入れ方 出典:ライター撮影画像

面長顔は、頬の下めの位置に入れるのが基本です!

顔の縦ラインが長い面長顔さんが頬骨の位置でチークを入れると、顔の下部分の長さが目立ってのっぺりとした印象に。

頬骨より下に入れることで目から顎までの長さを埋められるので、メリハリのあるメイクになりますよ。

頬骨の下から横へ向かって楕円形になるように入れると、やわらかい大人っぽさが演出できておすすめです。

クールにしたい面長さんは「きのこ型」がおすすめ

クールにしたい面長さんは「きのこ型」がおすすめ 出典:ライター撮影画像

クール系メイクが得意な面長顔さん。よりクールさを強調したいなら、「きのこ型チーク」に挑戦してみましょう!
 
【きのこ型チークの入れ方】

  • 1.目の下から頬にかけてチークを横長に入れる
  • 2.1で作った楕円形の下に、同じチークで小さい縦丸を入れる

きのこ型の狙いは、立体感を演出すること。

面長顔のコンプレックスになりやすい「のっぺり感」を解消して、クールでこなれた印象を作れます!

きのこ型は、顔の中でチークの占める面積が多くなります。オレンジ系やベージュ系を使うと、くどい感じにならずに顔の他の部分とのバランスが取りやすいですよ。

可愛くしたい面長さんは逆三角形の入れ方で

可愛くしたい面長さんは逆三角形の入れ方で 出典:ライター撮影画像

クールに見られる面長顔ですが、チーク次第で可愛い系メイクも叶います。

可愛く見せたい面長顔さんは、目の下から指1本下に小さな逆三角形を作るのを意識してみて。あえて高めの位置で小さく入れることで、小顔効果が狙えます。

リキッドタイプやクリームタイプを使うと、今風でキュートな血色感が出るのでおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share