Beauty Topics

大人のナチュラルメイクに合うアイシャドウとは?色の選び方や詳しい塗り方などを解説

出典:adobestock

大人のナチュラルメイクに合うアイシャドウとは?色の選び方や詳しい塗り方などを解説

薄めの色使いと素肌の質感を活かした自然な雰囲気で人気の「ナチュラルメイク」。簡単にも見えますが、意外と色選びやアイシャドウの塗り方でお悩みの人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、大人のナチュラルメイクにふさわしいアイシャドウと自分に似合う色の選び方を徹底レクチャー。単色・グラデーション別のアイシャドウの塗り方や、ナチュラルメイクにおすすめのアイテムについても解説していきます

カテゴリ | アイメイク
How to アイシャドウ
INDEX

ナチュラルメイクの特徴とおしゃれに仕上げるコツ

「ナチュラルメイク」の基準って?

「ナチュラルメイク」の基準って? 出典:adobestock

ナチュラルメイクは、「ほのかに血色感がある素肌の魅力を活かしたメイク」のこと。鮮やかな色使いではないものの、すっぴんよりも肌にツヤ感があって、生き生きとした印象に見えるのが特徴です。

しかし、単に「薄め」にメイクをするだけでは、このような自然体の美しさは出せません。肌悩みを入念にカバーしたり色の選び方や塗り方を工夫したりと、それぞれの工程を丁寧に行ってこそ、素肌のよさを引き出す本当のナチュラルメイクが叶えられます。

ナチュラルメイクを上手にこなす秘訣

ナチュラルメイクを上手にこなす秘訣 出典:adobestock

ナチュラルメイクでは、顔立ちや素肌の質感を活かしつつキレイに見せることがカギ。そのために、自分の顔の特徴、目・口などのパーツの大きさや形、肌の色味などを詳しく知っていきましょう。

そのうえで、「自分が持っている魅力を存分に引き出すには、どのようなアイテムでどのような塗り方がよいか」を考えてみてください。気になる部分を隠すだけの足し算メイクではなく「引き算」でとらえてみると、魅力的なナチュラルメイクが見つけられます。

ナチュラルメイクを叶えるアイシャドウの色とは?

ナチュラルメイクにぴったりの色とは?

ナチュラルメイクにぴったりの色とは? 出典:adobestock

ナチュラルメイクにふさわしいアイシャドウの色選びとして、まず「肌なじみのよさ」に着目してみましょう。

ナチュラルメイクは、素肌の魅力を引き立てる自然体な雰囲気が持ち味です。肌の色味とかけ離れた色を選んでしまうと、個性的でインパクトの強い派手なメイクに仕上がってしまいます。肌に溶け込むようになじんで素肌が美しく見えるような、やさしい印象のカラーを選ぶことがおすすめです。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

ナチュラルメイクにおすすめの色(1)ベージュ

ナチュラルメイクにおすすめの色(1)ベージュ 出典:adobestock

ベージュは、肌の色味に近くて肌なじみがよいことが魅力です。主役のアイシャドウとしてはもちろん、アイホール全体に薄く広げればベースカラーに、下まぶたにのせればぷっくり涙袋メイクにも使えます。主張が控えめで扱いやすい色合いなので、ナチュラルメイクを楽しむうえでぜひ持っておきたいカラーです。

ナチュラルメイク初心者の人は、使い勝手のよいベージュカラーに絞った選び方もおすすめですよ。

ナチュラルメイクにおすすめの色(2)ブラウン

ナチュラルメイクにおすすめの色(2)ブラウン 出典:adobestock

ブラウンも、ナチュラルメイクをするうえで揃えておきたいカラーのひとつ。肌なじみのよいナチュラルな色合いでありながら、目元の印象をグッと引き締めてくれます。大人女性の上品な雰囲気を、より魅力的に引き立ててくれますよ。

また、上まぶたのキワに細く入れることで、締め色としても活用できます。

さまざまなパターンの塗り方をマスタ―すれば、単色使いからグラデーション塗りまで幅広く活躍する人気色です。

ナチュラルメイクにおすすめの色(3)オレンジ

ナチュラルメイクにおすすめの色(3)オレンジ 出典:adobestock

パッと目を惹く明るい雰囲気を作り出せるオレンジも、ナチュラルメイクに人気のカラーです。メインカラーとしてアイホール全体にのせたり、下まぶたや目尻などにアクセントとして使ったり、さまざまな塗り方を楽しめます。

ただし、原色に近い鮮やかなオレンジは少し派手な印象になる可能性も。ブラウン系やベージュ系の穏やかな色味や、優しく発色する薄づきのタイプに絞った選び方をしてみましょう。

ナチュラルメイクにおすすめの色(4)ピンク

ナチュラルメイクにおすすめの色(4)ピンク 出典:adobestock

キュートなイメージのあるピンクも、ナチュラルメイクに取り入れたい人気カラーとして挙げられます。アクセントカラーとしてポイント使いすることで、大人の上品さとさりげない可愛らしさを演出。

ただし、オレンジ色の選び方と同様、主張の強い鮮やかなピンクはあまりおすすめできません。ソフトな色合いのベージュピンクや落ち着きのあるブラウンピンクなど、肌なじみのよさに注目して選んでみてください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share