Beauty Topics

マスカラの上手な落とし方!正しい方法からおすすめのアイテムまで<永久保存版>

出典:adobestock

マスカラの上手な落とし方!正しい方法からおすすめのアイテムまで<永久保存版>

マスカラはウォータープルーフやお湯落ちのタイプなど、さまざまな種類のものが販売されています。
マスカラの種類によっては、普段使用しているクレンジングではなかなか落ちないものもあるのではないでしょうか?
今回はタイプ別の落とし方やおすすめのアイテムについてご紹介します。
マスカラに適したクレンジングアイテムで、まつ毛を労りながら簡単にクレンジングを行うための落とし方についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to タイプ別 クレンジング マスカラ
INDEX

マスカラの基本的な正しい落とし方

マスカラは、メイクアイテムの中でも特に落とし方が難しいですよね。 落とし方によっては、クレンジングの際にまつ毛に負担を掛けたり、汚れが落ち切らなかったりする場合も。
さらに、目元は特に皮膚が薄くデリケートなので、特に炎症が起きやすい部位です。
まつ毛をケアしつつも正しい落とし方でしっかりオフしないと、色素沈着などのトラブルが起きてしまうこともあります。
まつ毛をケアしつつきちんとマスカラを落とすために、まずは基本的な落とし方についてご紹介します。
この落とし方を押さえることで、どんなマスカラでもあっという間に簡単オフすることができますよ。

基本的なマスカラの落とし方に必要なアイテム

基本的なマスカラの落とし方に必要なアイテム 出典:ライター撮影画像

今回ご紹介する落とし方に必要なアイテムは、「ポイントメイクリムーバー」「綿棒」「コットン」の3つです。
この3つがあれば簡単にオフできるので、非常に手軽ですよね。
目元などのクレンジングに使用する「ポイントメイクリムーバー」は洗浄力が強いものが多いため、ウォータープルーフなど水に強いマスカラでも簡単にオフできます。
また、コットンは基本的にポイントメイクリムーバーを含ませるために使用し、綿棒は細かい部分のメイクを落とすために使用します。

マスカラの基本的な落とし方

マスカラの基本的な落とし方 出典:ライター撮影画像

3つのアイテムを使用した、基本的なマスカラの落とし方です。

  • (1)まずはコットンにポイントメイクリムーバーを含ませます。リムーバーの量が少ないと目元との摩擦が大きくなってしまうため、たっぷりと含ませるようにしましょう。
  • (2)コットンを優しく目元に当てて、メイクとなじませます。ここで目元をこすらないように注意!
    メイクとリムーバーがなじんだら、摩擦が起きないように拭き取りましょう。
  • (3)目を閉じて、先ほど使用したコットンをまぶたの下に当てます。
  • (4)まつ毛の上から綿棒で優しくまつ毛を拭きましょう。

以上がマスカラの基本的な落とし方です。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

まつ毛を無理にこすらないよう注意する

まつ毛を無理にこすらないよう注意する 出典:adobestock

こちらの落とし方でコットンを目元のメイクとなじませる際、あるいは綿棒を使用する際には目元をこすらないように注意しましょう。
まつ毛が抜け落ちたり炎症や色素沈着を起こしたりするのを防ぐためにも、とにかく優しくクレンジングを行うのがコツです。
まつ毛の上から綿棒で拭き取る際にもゴシゴシこすらないよう注意。丁寧に時間をかけた落とし方を心がけることで、まつ毛をケアしながらも簡単・綺麗にマスカラを落とすことができます。

ポイントメイクリムーバーは自分のお肌に合ったものを

ポイントメイクリムーバーは自分のお肌に合ったものを 出典:adobestock

マスカラの落とし方にはポイントメイクリムーバーが重要です。非常に多くの種類がありますので、自分のお肌に合ったアイテムを選びましょう。
敏感肌の方はもちろんですが、目元は非常にデリケートな部分なので敏感肌でない方も注意が必要です。
ポイントメイクリムーバーはメイクの落とし方が簡単である反面、洗浄力の強いアイテムが多いです。
そのため少しでも肌に合わないと感じた場合は使用を中止し、炎症や違和感が治まるまではアイメイクを控えてまつ毛や目元をケアするように心がけてくださいね。

まつエクをつけている方は使用するリムーバーに注意

まつエクをつけている方は使用するリムーバーに注意 出典:adobestock

基本的にまつエクをまぶたに接着する際に使用する「接着剤」はオイルに弱く、まつエクが取れやすくなってしまう原因になります。
そのため、オイルインのリムーバーを使用した落とし方は避けたほうが無難です。
また、まつエクをしている際に目元をこすったりまつ毛に刺激を与えたりしてしまうと、これもまた取れやすくなる原因となってしまいます。
そのため、目元メイクの落とし方にも要注意。まつエクをしている際のクレンジングは、いつも以上に丁寧な落とし方を心がけましょう。

マスカラとリムーバーのメーカーを合わせるとより効果的

マスカラとリムーバーのメーカーを合わせるとより効果的 出典:ライター撮影画像

マスカラとポイントメイクリムーバーは、同じメーカーから出ているアイテム同士を利用することがおすすめです。
基本的にリムーバーは同じメーカーから販売している商品のクレンジングを前提として作られている商品が多いので、より効果的にマスカラを落とすことができます。
マスカラによっては、そのマスカラ専用のリムーバーが発売されている場合もあります。
同じ落とし方でも、アイテムを併せて利用することで簡単にクレンジングを行うことができますよ。

まつ毛ケア成分にも注目

まつ毛ケア成分にも注目 出典:adobestock

落としづらいマスカラを毎日使用してしまうと、日中もクレンジングをする際もまつ毛に負担がかかってしまいます。
正しい落とし方でクレンジングをしても、まつ毛への負担はどうしても避けられません。
そういった場合、クレンジングやマスカラ自体にまつ毛ケア成分が含まれているアイテムもおすすめです。
保湿成分はまつ毛ケアに必須ですので、日々使用するアイテムを保湿力の高いものに変えて、簡単にまつ毛をケアするということも一つの手です。

マスカラのタイプ別!それぞれの落とし方は?

マスカラの基本的な落とし方が分かりましたが、マスカラにはお湯で落ちるタイプや泣いても落ちづらいウォータープルーフタイプなど、さまざまな種類のものがありますよね。
基本的なマスカラの落とし方は先ほどご紹介した落とし方でOKなのですが、マスカラの種類によって適切な落とし方や利用するクレンジングアイテムが多少異なります。
ここではマスカラのタイプ別に分けて、適切な落とし方をご紹介しましょう。

ウォータープルーフタイプのマスカラの落とし方

ウォータープルーフタイプのマスカラの落とし方 出典:adobestock

ウォータープルーフタイプのマスカラは涙や汗に強く、他のマスカラよりも強力で落ちづらいのが特徴です。
そのため、ウォータープルーフタイプのマスカラをオフする際は他のマスカラよりも丁寧に時間をかけて行う必要があります。
こちらも基本的には先ほどご紹介した落とし方でクレンジングを行いますが、リムーバーをメイクになじませるのは10~30秒ほどと少し長めにするようにしましょう。
また、綿棒でまつ毛を拭きとる工程を何度か繰り返すことで、まつ毛を労りながらも簡単にマスカラを落とすことが可能になります。

フィルムタイプのマスカラの落とし方

フィルムタイプのマスカラの落とし方 出典:adobestock

フィルムタイプのマスカラは水分に強いですが、基本的にはお湯で簡単に落とせます。そのため、マスカラの中でも比較的簡単に落とすことができるタイプです。
先ほどご紹介した通りの落とし方で、ポイントメイクリムーバー、コットン、綿棒を使用してクレンジングをしましょう。
アイメイクリムーバーをたっぷり含ませたコットンを目元に当てるのは、10秒ほどでOK。
あまり長く当てすぎると目元を痛める原因にもなりますので、まつ毛をケアしながら丁寧にクレンジングを行いましょう。

スマッジプルーフタイプのマスカラの落とし方

スマッジプルーフタイプのマスカラの落とし方 出典:adobestock

スマッジプルーフタイプのマスカラは皮脂に強く、にじみにくいことが特徴のマスカラです。
こちらもフィルムタイプと同じくお湯で簡単に落とすことができるので、まつ毛を痛めにくいです。
スマッジプルーフタイプのマスカラもフィルムタイプと同様の落とし方、コットンを当てる時間も同程度でOKです。
フィルムタイプと同じくらい簡単に落とせるので、マスカラを購入する際は皮脂に強いタイプが良いか、水分に強いタイプが良いかで選ぶと良いでしょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share