Beauty Topics

より肌をもっちりさせたいあなたへ。【導入液】を効果的に使う方法を教えます!

出典:adobestock

より肌をもっちりさせたいあなたへ。【導入液】を効果的に使う方法を教えます!

スキンケアの通り道を整えたり、ゴワついた角質をケアしたりといったプラスアルファのケアに効果的であると人気の「導入液」。「ブースター」の名称でも広く知られていますが、選び方や使ううえでの注意点が気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、導入液の選び方や効果的な使い方、知っておきたい注意点を徹底解説。さらに、おすすめのアイテムもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to 基本編

導入液の効果的な使い方

導入液をより効果的に取り入れるための使い方を、ステップごとに解説します。工程のひとつひとつを丁寧に行うことが、上手な使い方のポイントです。

<化粧水・ジェル・オイル>導入液の効果的な使い方

まずは、導入液の基本的な使い方からご紹介。化粧水・ジェル・オイルと異なるテクスチャーでも使い方は同じなので、しっかり覚えていきましょう。

(1)洗顔後、肌の水気を軽く拭き取る

(1)洗顔後、肌の水気を軽く拭き取る 出典:adobestock

メイクのクレンジングや洗顔を終えたら、肌の水気を拭き取ります。このとき、水分を拭き取りすぎないように意識することがおすすめ。

洗顔後の肌は乾燥が進みやすい状態です。水気を取りすぎると肌の乾燥がどんどん進んでしまい、導入液をなじませにくくなってしまいます。完全に水分を拭き取ろうとするのではなく、タオルでポンポンと軽く押さえる程度にしましょう。

(2)導入液を適量取り、手のひら全体によく伸ばす

(2)導入液を適量取り、手のひら全体によく伸ばす 出典:adobestock

続いて、手に適量の導入液を取ります。使用量は商品や種類によって差がありますが、化粧水タイプであれば500円玉大ほど、ジェルタイプは直径1~2cmほど、オイルタイプは3~5滴ほどが目安です。

どのタイプも、顔全体にまんべんなく行き渡るくらいを使ってください。手に出した導入液は、左右の手のひらをすり合わせて全体によく伸ばします。

(3)肌をプレスするイメージで、手のひらをやさしく押しつける

(3)肌をプレスするイメージで、手のひらをやさしく押しつける 出典:adobestock

手のひらに伸ばした導入液を肌にのせていきます。肌をゆっくりとプレスするように、左右の手のひらをやさしく押しつけましょう。乾燥が気になりやすい頬から、おでこや顎へと順番になじませます。

摩擦を起こしてしまうため、手をスライドさせないことが使い方のコツです。スタンプを押すイメージで、少しずつ位置をずらしながら塗ってください。小鼻周りは指の腹を使うと、導入液をムラなく塗り伸ばせますよ。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

(4)肌が手に吸いつくまでなじませたら、スキンケアをする

(4)肌が手に吸いつくまでなじませたら、スキンケアをする 出典:adobestock

(3)のプレスする工程を繰り返して、肌全体にしっかりと導入液をなじませましょう。

肌表面の水分や油分が徐々に少なくなって、手のひらに肌がもっちり吸いつくくらいまでが目安です。肌全体がうるおって、やわらかな触り心地になればOK。

後は、化粧水や乳液などでいつも通りのスキンケアを行ってください。

<拭き取り化粧水タイプ>導入液の効果的な使い方

拭き取り化粧水タイプの導入液は、コットンを使ってなじませることが特徴です。より効果的にスキンケアをするための使い方とコツを解説していきます。

(1)コットンがひたひたになるまで導入液をたっぷり含ませる

(1)コットンがひたひたになるまで導入液をたっぷり含ませる 出典:adobestock

洗顔後肌の水気を軽く拭き取ったら、コットンに導入液を含ませていきます。コットン全体がひたひたになる程度まで、たっぷり染み込ませることが使い方のポイントです。

使用量が少ないと肌全体に導入液が行き渡らなかったり、拭き取る際に摩擦が生じたりする可能性があります。導入液は惜しみなく、贅沢に使うことを意識してくださいね。

(2)中心から外側に向かって肌全体をやさしくなでる

(2)中心から外側に向かって肌全体をやさしくなでる 出典:adobestock

導入液を含ませたコットンで、肌を拭き取っていきます。「顔の中心から外側」の向きで手を動かし、範囲の広い頬からおでこ、顎を順番に拭き取りましょう。

このとき、強くこするのは摩擦が起きて肌に負担をかけてしまうのでNG。皮膚がグッと伸びたり動いたりしない程度のソフトな力加減で、なでるように拭き取ることが使い方のコツです。

小鼻や目のキワなどの細かな部位には、コットンに指先を当てて小刻みに動かすように塗るのがおすすめですよ。

(3)手のひらで肌をプレスして、残った導入液をなじませる

(3)手のひらで肌をプレスして、残った導入液をなじませる 出典:adobestock

(2)の工程で顔全体を拭き取り終えたら、肌に残った水分をなじませます。肌をプレスするように、手のひらをゆっくり押し当てて導入液をしっかり行き渡らせましょう。

肌に手のひらがもっちり吸いつくくらいまでなじんだら、導入液のステップは完了です。化粧水や乳液などで、肌を保湿してください。

導入液を効果的に使うための注意点

導入液の嬉しい美容効果を引き出すためには、使い方にいくつか注意したいポイントがあります。

注意点(1)使う順番は必ず守って

注意点(1)使う順番は必ず守って 出典:adobestock

導入液の使い方の注意点ひとつ目は、使用する順番です。化粧水・ジェル・オイルどのタイプの場合も、必ず「スキンケアの最初」に使ってください。

順番を守らずなんとなくで使うと、せっかく得られるはずの美容効果が半減してしまいます。導入液はあくまでも、洗顔後のまだ何もつけていない素肌に塗って肌の状態を整え、スキンケアの通り道を整えるサポート役です。正しい順番で使うことを注意点として覚えておきましょう。

注意点(2)スキンケアは正しいステップで念入りに

注意点(2)スキンケアは正しいステップで念入りに 出典:adobestock

導入液をつけた後のスキンケアを正しいステップで行うことも、注意点として頭に入れておきたいポイントです。せっかく導入液で化粧水などの通り道を整えても後に続くスキンケアのやり方が間違っていると、入念な肌の保湿はできません。

スキンケアの基本は、化粧水などの水分を先につけて、油分を含む乳液やクリームでフタをすること。導入液をつけるときと同様に、肌をプレスしてスキンケア成分をじっくりなじませるのがおすすめですよ。

注意点(3)つける量は肌の状態に合わせて調節して

注意点(3)つける量は肌の状態に合わせて調節して 出典:adobestock

自分の肌に合わせた量を使うことも、注意点のひとつとして挙げられます。人間の肌はとても繊細です。季節や体調などのさまざまな理由によって、「普段は脂性肌なのに乾燥する」「乾燥肌だけど皮脂が気になる」のように、肌の状態が変化する場合があります。

導入液の使用量は、その日の肌の状態をよく観察しながら決めるようにしましょう。よりすこやかな肌を目指すために、注意点としてチェックしておいてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share