Beauty Topics

美人眉をつくりたい!アイブロウパウダーの基本的な使い方からテクニックまでご紹介

出典:adobestock

美人眉をつくりたい!アイブロウパウダーの基本的な使い方からテクニックまでご紹介

アイブロウアイテムはたくさん種類がありますが、「アイブロウパウダー」はフワッとしたナチュラル眉をつくりたい時に活躍します。
使い方が簡単なので、これからメイクをはじめたい方や眉メイクに慣れていない方にも扱いやすいメイクアップコスメです。
今回は、そんなアイブロウパウダーの基本的な使い方から少し意外な使い方をする番外テクニックまでご紹介!
選び方のポイントやおすすめ商品も併せてご紹介もするので、ぜひチェックしてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to 基本編 アイブロウ
INDEX

まずはアイブロウパウダーについて知りましょう!

使い方が簡単で初心者さんにも扱いやすい

使い方が簡単で初心者さんにも扱いやすい 出典:adobestock

アイブロウパウダーは性質上、ぼかしやすく失敗しても手軽に修正できるものがほとんど。
色の濃淡調整もしやすいので、毛の量が多い少ない関係なく、うまく全体の色味が調和できます。
使い方が簡単で特別なテクニックを使わなくても綺麗に仕上がるので、眉メイクに慣れていない方はアイブロウパウダーから挑戦してみてくださいね。

フワッとやさしい眉に仕上がる

フワッとやさしい眉に仕上がる 出典:adobestock

アイブロウパウダーは粉で色をのせるので、フワッとした質感の眉毛になります。
また、眉の輪郭がハッキリと強調され過ぎないため仕上がりが自然で、全体がやさしい印象になるのが特徴です。
ナチュラルメイクが好みの方や印象をやさしくしたい場合は、アイブロウパウダーを使うと理想の眉毛に近づけますよ。

アイブロウペンシルとの違いは?

アイブロウペンシルとの違いは? 出典:adobestock

ペンシルは狙ったところにピンポイントで描きやすいのが特徴。
毛が足りない所に細かく1本ずつ毛を足すように描けるので、パウダーで描くよりもはっきりとしたリアルな眉毛になります。
一方パウダーは、広い範囲に色がのせやすく全体がフワッと仕上がるのが特徴。細かい線を描く場合はペンシル、フワッとした質感を表現する場合はパウダーなど目的に合わせて使い方を分けるといいですよ。

\お守りコスメ/ 乾燥が辛くなる前に使いたい、保湿アイテムとは?

アイブロウパウダーの種類

チップタイプ

チップタイプ 出典:ライター撮影画像

チップタイプは、マスカラのようにスティック型の形状で先端がチップになっているもののことです。
そのまま付属のチップで直接描けるので、忙しくて時間がない場合でも手軽に使えて便利です。
コンパクトな形状で、持ち運びやすいのもうれしいポイント。
外出先の化粧直しにも重宝します。
使い方がシンプルで特別なテクニックがいらないので、他の種類と比べても使いやすいのが特徴です。

デュアルタイプ

デュアルタイプ 出典:ライター撮影画像

デュアルタイプはペンシル型になっており、パウダーとペンシル、パウダーとリキッドなど、違うタイプのアイブロウが備わっているのが特徴。
毛をプラスしたい箇所はペンシルやリキッド、フワッとさせたい所はパウダーなど、目的に合わせて使い方が分けられて便利です。
製品によっては、眉毛をぼかすブラシもセットになっているものもあります。
1本でいろんな印象の眉毛が表現できるので、なりたい雰囲気によってメイクを変えたい方にもぴったりです。

パレットタイプ

パレットタイプ 出典:adobestock

パレットタイプは粉がプレスされている形状のものをいいます。
ひとつのパレットに複数のカラーを備えていることが多く、自眉に合わせて色味やトーンの調整をしやすいのが特徴です。
また、複数のカラーが備わっている分、陰影のある立体眉に仕上げられます。
付属のブラシか手持ちのブラシに粉を含ませて眉毛にカラーをのせていくのが基本的な使い方です。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share