Beauty Topics

30代のメイクは引き算!部分、雰囲気別にオトナ女子に似合うメイクの仕方をご紹介!

出典:adobestock

30代のメイクは引き算!部分、雰囲気別にオトナ女子に似合うメイクの仕方をご紹介!

仕事でもプライベートでも責任のある立場に就き、頼りがいが求められる30代。メイクは、落ち着きを感じさせるナチュラルメイクを目指していきたいですよね。
そこで本記事では、おしゃれな30代の大人女子に似合うメイクを部分別・雰囲気別に紹介していきます。「20代と同じメイクをしている…」という方は、この機会に自身のメイクを見直してみてはいかがでしょうか?

カテゴリ | アイメイク
How to パーツ別
INDEX

当てはまったら要注意!30代のNGメイク

【NGメイク1】老けて見える!厚塗りのファンデーション

【NGメイク1】老けて見える!厚塗りのファンデーション 出典:adobestock

NGメイクの代表例として挙げられるのが、厚塗りのファンデーションです。
30代になると肌質が変わり、くすみ・しみなどのさまざまな肌トラブルに直面します。しかし、肌トラブルを隠すために、ファンデーションを厚塗りするのはNGです。
とくにパウダーファンデーションは付けすぎると粉っぽく浮き上り、かえって老けて見えることも!肌悩みをカバーしたい場合は、薄付きでもカバー力のあるリキッドファンデーションを使用しましょう。

【NGメイク2】痛くなりがち!濃いカラーのチーク

【NGメイク2】痛くなりがち!濃いカラーのチーク 出典:adobestock

20代の頃は高発色のチークもおしゃれですが、30代の大人女子は痛い印象になりがちです。 
とくに頬全体を覆うような赤色チークや、頬に丸く入れるピンク色のチークは、30代にはNG! 
幼い印象を与えないためにも、チークは肌馴染みのよいカラーを選びましょう。
色を目立たせるというよりも、顔色をよくするという点にフォーカスすると、上品に仕上がります。

【NGメイク3】きつい印象を与える!濃いアイライナー

【NGメイク3】きつい印象を与える!濃いアイライナー 出典:adobestock

目元を強調するためにアイライナーをしっかり引く方も多いと思いますが、濃すぎるアイライナーはNGです。きつい印象を与えかねません。
目を囲むようなアイライナーは20代で卒業し、30代からは細いアイライナーでまつ毛の隙間を埋めるように引いて、ナチュラルな目元に仕上げましょう。
また、ブラックのアイライナーは目元の印象が強くなりがち!30代の大人女子にはブラウン系のアイライナーもおすすめです。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

【NGメイク4】頼りなく見える!ぷっくり涙袋

【NGメイク4】頼りなく見える!ぷっくり涙袋 出典:adobestock

目元をぷっくり見せるキラキラの涙袋は20代の頃は愛らしいですが、30代にはNG。頼りなく見えることに加え、若作りしていると思われがちに!涙袋メイクは30代では卒業したほうが無難でしょう。 
30代の大人女子は「可愛い」「愛らしい」よりも「やさしい」「上品」と思われるメイクを目指すと、職場でもプライベートでも好印象を与えられますよ。

【部分別】30代におすすめのベースメイク

【部分別ポイント1】肌悩みはコントロールカラーでカバー

【部分別ポイント1】肌悩みはコントロールカラーでカバー 出典:adobestock

ここからは、メイクのポイントを部分別に紹介します。
まずはベースメイク。30代はくすみやしみなどのさまざまな肌トラブルに直面しますが、気になる肌トラブルは下地でカバーしましょう。
とくに肌の色を補正してくれるコントロールカラーは、30代にもおすすめ。くすみが気になるときはイエロー系、肌荒れが気になるときはグリーン系など、肌の状態に合わせて使い分けましょう。
また、30代の肌には日焼けは大敵なので、UVケアもお忘れなく。

【部分別ポイント2】自分に合ったファンデーションで美肌を演出

【部分別ポイント2】自分に合ったファンデーションで美肌を演出 出典:adobestock

肌の乾燥が気になりがちな30代の肌には、油分の多いリキッドファンデーションやクリームファンデーションがおすすめ。カバー力の強いタイプであれば、肌悩みも目立たなくなります。
また、ファンデーションは色選びも重要です。新しいアイテムを購入する際は、手元ではなくフェイスラインに試し塗りして、色が浮いていないか確認しましょう。肌の色に合ったアイテムを選ぶことで、ナチュラルな印象に仕上がります。

【部分別ポイント3】ハイライト&シェーディングで立体感を演出

【部分別ポイント3】ハイライト&シェーディングで立体感を演出 出典:adobestock

30代の肌は、たるみやむくみの影響で輪郭がぼやけて見えがち。そんなときは、ハイライト&シェーディングの出番です。骨格に沿って塗るだけで、立体感のある顔に仕上がります。
フェイスラインがくっきりと見えると、カッコよい印象に!頼りがいが求められる30代は、ぜひとも取り入れたいアイテムです。 
シェーディング&ハイライトを初めて使う方は、パウダータイプがおすすめ。色味を調整しやすいので、失敗も防げます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share