Beauty Topics

今話題の「乳液仮面返し」ってどうやるの?魅力や人気のマスクも合わせてご紹介!

出典:adobestock

今話題の「乳液仮面返し」ってどうやるの?魅力や人気のマスクも合わせてご紹介!

エステ帰りのようなもっちり肌が手に入ると話題のスキンケア法、「乳液仮面返し」。特別なものは必要なく、普段使っているアイテムで手軽にスペシャルケアが叶うと多くの女性から注目を集めています。
今回の記事は、そんな大注目の美容法、乳液仮面返しの魅力ややり方についてわかりやすく解説!他にも効果アップが期待できる応用テクや、乳液仮面返しと合わせてやってほしい目からウロコの美容法もあわせてご紹介していますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

カテゴリ | スキンケア
How to トレンド 応用編 乳液
INDEX

乳液仮面返しって一体なに?得られる効果や魅力をチェック!

田中みな実さんも実践する話題の美容法

田中みな実さんも実践する話題の美容法 出典:adobestock

乳液仮面返しとは、美容家の小林ひろ美さん発案の美容法。シートマスクの上から乳液を塗り、水分と油分のケアを同時におこなうというユニークなスキンケア方法です。
この美容法を、美のカリスマとして女性から人気を集める田中みな実さんが実際に実践していると、本人がSNSで発信したことで一躍大注目されました。
特別なものは必要なく、手軽に普段のスキンケアに取り入れられることから、多くの女性から今注目を集めています。

手持ちのアイテムで手軽にできる

手持ちのアイテムで手軽にできる 出典:adobestock

乳液仮面返しは、シートマスクと乳液の2つのアイテムで手軽にできるのが魅力。
シートマスクも乳液も普段使っているアイテムでよいので、このために新しく買い揃える必要がありません。
また、難しいテクニックを使わなくても普段のスキンアケアにひと手間加えるだけの美容法なので、誰でもすぐに実践しやすいのも魅力のポイントです。

自由にアイテムをカスタマイズできる

自由にアイテムをカスタマイズできる 出典:adobestock

乳液仮面返しはシートマスクと乳液を自由に組み合わせられるため、肌悩みに合ったケアをしやすいのが特徴です。乾燥が気になる場合は保湿力が高いアイテム、肌が不安定な場合は敏感肌でも使いやすいアイテムなど、使うアイテムによってその日の肌悩みに合ったケアがピンポイントでおこなえます。
また、さっぱりタイプやしっとりタイプなど、好みの使用感のアイテムでケアできるのも乳液仮面返しの魅力のひとつです。

美への目覚め\韓国美容/旬の韓国コスメの情報を集めました!

保湿効果がアップする

保湿効果がアップする 出典:adobestock

シートマスクは単品で使うと、時間の経過とともに中に含まれる水分がどんどん蒸発してしまいます。
しかし、乳液仮面返しはシートマスクの上から乳液を塗り、油分を補うため水分蒸発を防ぐことが可能に。さらに乳液で覆ってうるおいを封じ込めるので、シートマスクの美容液が角質層まで浸透しやすくなります。
そのため、シートマスクだけでケアをおこなったときよりも肌がうるおいやすくなり、もっちりとハリのある肌に仕上がるのです。

季節の変わり目のスペシャルケアにも最適

季節の変わり目のスペシャルケアにも最適 出典:adobestock

季節の変わり目は肌が不安定になりやすく、乾燥肌に傾きがち。肌は乾燥するとバリア機能が低下するため、さまざまなトラブルを起こしやすくなります。
そんなときは、たっぷりうるおいがチャージできる乳液仮面返しが救世主に。肌をうるおいで満たし乾燥しにくい肌に整えておくことで、季節の変わり目の肌トラブルを防げます。

【基本編】乳液仮面返しのやり方

ステップ1|乳液仮面返しの前に洗顔、化粧水で肌を整える

ステップ1|乳液仮面返しの前に洗顔、化粧水で肌を整える 出典:ライター撮影画像

乳液仮面返しの効果を最大限に引き出すために、まずは洗顔で顔の汚れを落とし化粧水で肌の表面をなめらかに整えておきましょう。肌の土台が整っていない状態でいきなりケアをおこなっても、せっかくのシートパックの美容成分が肌に入っていきません。
乾燥でゴワつきがひどい場合は、余分な角質ができるピーリングや導入美容液などを事前に使用して肌を整えておくのもおすすめです。

ステップ2|シートマスクをのせ10分放置

ステップ2|シートマスクをのせ10分放置 出典:adobestock

肌が整ったら普段のパックケアと同じように顔にシートマスクをのせ、10分間放置します。シートが浮かないように、しっかり肌に密着させながらのせるよう注意しましょう。
シートがどうしても浮きやすいときは、上から押さえられるようなラップやシリコンマスクを使うと、密着性が高まり時間がたってもマスクが浮きにくいのでおすすめです。

ステップ3|シートマスクに乳液をたっぷりのせる

ステップ3|シートマスクに乳液をたっぷりのせる 出典:ライター撮影画像

シートマスクを顔にのせて10分経過したら、マスクの上から乳液をのせていきます。
ここで一番重要なポイントは、乳液をのせる量です。片手に出して、溢れるくらいの乳液を惜しみなくたっぷりのせましょう。そうすることで、マスクの保湿成分や美容成分が逃げにくくなり、肌なじみがよくなります。
さらに乳液を塗るときは、顔の内側から外側へやさしくマッサージしながらのせてみてください。血行がよくなり肌が温まるので、美容液が角質層まで浸透しやすくなりますよ。

ステップ4|シートマスクをひっくり返して10分放置

ステップ4|シートマスクをひっくり返して10分放置 出典:ライター撮影画像

たっぷり乳液をのせ、なじませたらシートマスクを剥がしてクルッと表と裏をひっくり返します。
次は乳液を塗った面が肌に密着するようにのせていきましょう。このときも肌からマスクが浮かないよう、しっかり密着させながらのせることを意識してくださいね。
のせたら乳液が肌になじむように上から手のひらで顔を包み込むように軽くプッシュします。
そのあとはまた10分間、シートをのせた状態で時間をおきましょう。

ステップ5|ハンドプレスして乳液を肌になじませる

ステップ5|ハンドプレスして乳液を肌になじませる 出典:adobestock

10分経過したらシートマスクを剥がしていきます。剥がしたあとは、ハンドプレスで温めながら肌の上に残った乳液や美容液をなじませていきましょう。
もしシートマスクに美容液や乳液が残っていたら首元やデコルテ部分にまで無駄なく塗り、首の保湿ケアも同時におこなってくださいね。

ステップ6|最後はクリームで蓋をする

ステップ6|最後はクリームで蓋をする 出典:adobestock

乾燥肌の方や冬の乾燥しやすい季節はさらにクリームで上から蓋をし、うるおいが逃げないようにしましょう。
シートマスクは目元や口元に密着しないように設計されているため、目元や口元のケアが行き渡らない場合があります。目元も口元も皮膚が薄く乾燥しやすいパーツです。ポイント美容液やクリームなどで保湿ケアをおこない、乾燥から守るようにしましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share