Beauty Topics

素肌感がカギになる《すっぴん風メイク》のやり方!ナチュラル見えするポイントとは

出典:adobestock

素肌感がカギになる《すっぴん風メイク》のやり方!ナチュラル見えするポイントとは

繊細な血色感とナチュラルなツヤ感が魅力的な「すっぴん風メイク」。ベースからポイントメイクまで素肌に近い仕上がりを楽しめると大人女子からも人気ですが、メイクに必要なものとはどのようなものなのでしょうか?
今回はそんなすっぴん風メイクのやり方について、ベース・ポイントメイクそれぞれの手順ごとに徹底解説。素肌を活かすテクニックやアイテムの選び方など、すっぴん肌に見せるコツをたっぷりご紹介します。

カテゴリ | ベースメイク
How to ナチュラル

ファンデーションを使うなら「ツヤ仕上がり」のタイプがマスト

ファンデーションを使うなら「ツヤ仕上がり」のタイプがマスト 出典:adobestock

「やっぱりカバー力はほしい…」という方は、ファンデーションを使うやり方も試してみてください。ファンデーションは、密着度が高くうるおい感ある肌に仕上げられるリキッドやクッションタイプを選んでみましょう。仕上がりもマットタイプではなく、ツヤタイプを選ぶことがコツです。

化粧下地で素肌を整えたら少量のファンデーションを薄くのばし、フェイスパウダーをサッとひと塗りします。このときも「薄づき」を意識してくださいね。

<ポイントメイク編>すっぴん風メイクの手順とやり方のコツ

ポイントメイクをすっぴん風に仕上げるコツとは、ナチュラルな「透明感」を作ることです。ここでは、部位別でメイクの手順とやり方のポイントをレクチャーします。

<眉・目元>すっぴん風メイクの手順とポイント

手順(1)毛が少ない部分のみ眉を書き足す

手順(1)毛が少ない部分のみ眉を書き足す 出典:ライター撮影画像

眉メイクは、眉毛を1本1本つけ加えるイメージで書くのがコツです。スクリューブラシなどで毛流れを整えたら、アイブロウペンシルで毛が足りない部分のみ書き足しましょう。

すっぴん風に見せるには、もともとの眉の形と質感を活かし、メイクで作り込みすぎないことが重要です。アイブロウマスカラなどは「メイクしている感」が強くなってしまうので、控えるのがおすすめですよ。

手順(2)ベージュ系のアイシャドウを軽くひと塗りする

手順(2)ベージュ系のアイシャドウを軽くひと塗りする 出典:ライター撮影画像

目元をすっぴん風に見せるコツは、自然なツヤと立体感を演出すること。鮮やかなカラーのアイシャドウでは目元が強調されて素肌っぽさが失われてしまうので、ベージュやライトブラウンなど、肌なじみのよいカラーを選びましょう。

ブラシに取ったアイシャドウを、上下のまぶたにふんわりのせます。血色感のある目元にしたい場合は、ピンクベージュなどナチュラルで暖かみのあるカラーもおすすめですよ。

手順(3)アイラインはまつげの隙間を埋めるように細く引く

手順(3)アイラインはまつげの隙間を埋めるように細く引く 出典:ライター撮影画像

アイラインはガッツリ線を書くのではなく、控えめに引くことを意識してみましょう。大胆な跳ね上げラインやオーバーラインは目元を大きく見せるのに効果的ですが、すっぴん風メイクのやり方としては向きません。

アイライナーを小刻みに動かして、まつげの隙間を埋めるように丁寧に引いていきます。点を置くイメージを持つと、アイラインが太くなりすぎるのを防げますよ。カラーはやさしげな印象に見えるブラウン系がおすすめです。

手順(4)マスカラは透明カラータイプがおすすめ

手順(4)マスカラは透明カラータイプがおすすめ 出典:ライター撮影画像

すっぴん風に見せるマスカラメイクでは、まつげを盛りすぎないことがポイントです。ボリュームや長さを出せるマスカラをたっぷり塗ると、すっぴんの印象から遠のいてしまいます。

素のまつげをきれいに見せてくれる、透明カラータイプを使ってみましょう。カールキープ効果のあるマスカラであれば、くるんと上がったまつげを長持ちできます。ビューラーでまつげをカールさせてから使ってくださいね。

すっぴん風に見せるやり方のコツとは?

すっぴん風に見せるやり方のコツとは? 出典:adobestock

すっぴん風の目元に見せるには、抜け感と自然なツヤを引き出すことがポイントです。ベースメイクと同様に、「少し物足りないかな?」と感じるくらいの薄づきを意識しながらそれぞれのアイテムを塗ってみましょう。 

もっとナチュラルに見せたい場合、マスカラやアイライナーは無理に使わなくてOK。

できるかぎりメイクの工程を省略して「ツヤ感」を主役にした方が、よりすっぴん肌に近い雰囲気を目指せます。

<チーク>すっぴん風メイクのコツとは「透明感」

<チーク>すっぴん風メイクのコツとは「透明感」 出典:ライター撮影画像

チークですっぴん肌を演出するには、「透明感」を作ることがポイントです。ベージュや薄いオレンジ系のチークを、口角を上げたときに盛り上がる頬の高い部分に、逆三角形型に入れてみましょう。 

どちらも肌なじみのよいカラーなので、透き通るように自然な血色感をプラスできます。もともと頬に赤みが出やすい方は無理にチークを使わず、ハイライトでツヤのみを出すのもおすすめです。

<リップ>すっぴん風メイクのコツとは「うるおい感と血色感」

<リップ>すっぴん風メイクのコツとは「うるおい感と血色感」 出典:ライター撮影画像

すっぴん風のリップメイクにまず必要なものは、みずみずしいうるおい感です。カサカサの唇では魅力的なメイクに仕上げられないので、事前にリップクリームなどで唇を保湿しておきましょう。

唇がなめらかに整ったら、リップを塗ります。使うのは、ナチュラルな発色で血色感を引き出せる、ピンク系の「色つきリップ」がおすすめです。色つきリップは保湿効果のあるアイテムも多いため、メイク中の乾燥も防げて一石二鳥ですよ。

手順とコツを押さえてナチュラルなすっぴん風メイクを叶えよう

今回は、すっぴん風メイクに必要なものとやり方のポイントについてご紹介しました。「すっぴん風メイクとは?」と疑問に思っていた方も、その魅力や手順がよく理解できたのではないでしょうか。

メイクで肌悩みを隠すことばかりにこだわらず素肌のよさを活かしてみると、自分のすっぴんを好きになれるかもしれません。ご紹介した内容を参考に手順とやり方のコツをマスターして、すっぴん風の仕上がりを楽しんでください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share