Beauty Topics

知っておくと便利なミスト化粧水の使い方!乾燥対策や化粧直しにうまく使おう!

出典:adobestock

知っておくと便利なミスト化粧水の使い方!乾燥対策や化粧直しにうまく使おう!

肌の乾燥が気になったときに化粧の上からひと吹きでレスキューできるのが、ミスト化粧水です。
保湿ができるアイテムとして、さまざまな製品が販売されています。その種類や使い方について覚えておくと、化粧直しのときに便利です。
ここでは使い方の注意点のほか、おすすめのミスト化粧水なども含めて紹介いたします。この記事を読むと、便利なアイテムが手放せなくなるかもしれませんよ。

カテゴリ | スキンケア
How to 化粧水

ミスト化粧水はどんなときに使うの?

導入化粧水として

導入化粧水として 出典:adobestock

水の粒子を細かく噴霧できるため、肌にいち早くなじむメリットがあります。

普段使いの化粧水を使う前にミスト化粧水を使うと、肌が柔らかくなり美容成分などが浸透※しやすくなるでしょう。使い方のわずかな手間で、十分な保湿の工夫ができるのでおすすめです。

市販のブースターや導入美容液が肌に合わないという場合は、普段使いのローションをミスト化してはいかがでしょうか。

※角質層まで

肌の乾燥防止におすすめ

肌の乾燥防止におすすめ 出典:adobestock

日中、日差しが多いところにいる時間が多い人や、空調が強いと感じる場所に長時間いる人などは肌の乾燥を感じやすいでしょう。とくに下地メイクをしっかり行っているとさらに強い乾燥を感じる場合があります。

こんなときにミスト化粧水をひと吹きすれば、肌の乾燥が回避可能です。化粧水の成分によって保湿効果も得られるので、一石二鳥でしょう。気になった時にミスト化粧水をひと吹きすれば、乾燥知らずです。

ベースメイクの定着用に

ベースメイクの定着用に 出典:adobestock

基礎化粧で肌を整えた後に使うベースカラーが肌浮きしやすいという場合や、フェイスパウダーが粉浮きしてしまう!といった場合にミスト化粧水が味方になります。

化粧の上から噴霧すれば定着剤代わりになるので、顔が粉っぽくなることから回避可能です。つけすぎは禁物ですが、ベースメイクの油分と乳化しやすいのでしっとり感が持続します。

ツヤのある肌に仕上げたいという人におすすめです。

化粧直しのプレミストとして

化粧直しのプレミストとして 出典:adobestock

化粧直しのときに時間がない!といった場合もあるでしょう。手軽に化粧直しをしたいという場合は、化粧の上からミストを吹きかけティッシュオフをすると、皮脂と浮き上がったファンデーションが拭き取れます。

ティッシュオフの後でファンデーションを塗りなおせば、粉浮きすることもありません。こういった使い方もできるので、時間がないときにメイク崩れが気になる場合はミスト化粧水を気軽に使ってみましょう。

こもった熱のクールダウン

こもった熱のクールダウン 出典:adobestock

運動の後や直射日光の中を歩いた後には、顔や体がほてってしまうことも。そんなときにミストを使うと、クールダウンができます。全身に使えるため、暑さが原因のほてりも引くでしょう。

ただし、ミストを吹き付ける行為は一時的な対処法にしかすぎません。熱中症の引き金にもつながるため、体を休めながら根本的なほてり解決に取り組んでください。

髪の毛にも使える!

髪の毛にも使える! 出典:adobestock

外出先などで髪の毛のうねりやパサつきが気になるという場合は、レスキューとしてミスト化粧水を使うことをおすすめします。気になる毛先に吹き付けるだけで、うねりの解決ができるでしょう。

時間があるときは、ロールブラシでクセ付けや軽くドライヤーをあてることもおすすめです。化粧水なので、使った後に髪がベタつきにくいところもよいですね。

ミスト化粧水の一般的な使い方!効率的な保湿とは

製品によっては軽く振る

製品によっては軽く振る 出典:adobestock

一般的なミスト化粧水は通常のローションと同じです。とりたてて振る必要はないでしょう。しかし、なかには成分にオイルなどが含まれているものもあります。

この場合は、内容物を均一化してから噴霧できるよう、軽く振ることをおすすめします。

しかし、ガススプレーを使用前に振るとガスが先に出てしまうことがあるので、使い方としてNGです。使用前に振ってよいかどうかは必ず確認してから使ってくださいね。

顔から20cmほど離してスプレー

顔から20cmほど離してスプレー 出典:adobestock

スプレーすることで、少量の化粧水を広範囲に噴霧できるのがミスト化粧水のよいところです。偏りを防ぐため、顔に吹き付けるときは20cm以上離して使うことをおすすめします。

これによって、ガスの成分や液体が目に入る可能性も防げます。スプレーノズルが近いほど顔に付着する粒子が大きくなり、顔が水っぽくなりがちです。

化粧直し以外の場面ではメイク崩れの原因にもなるので気を付けましょう。

両手でミストを定着させる

両手でミストを定着させる 出典:adobestock

導入美容液代わりやベースメイクを定着させる際には、ミストを吹き付けたあとに両手の平で軽く押さえるとよいでしょう。

そのままにしておくと蒸発によって肌の乾燥を招くほか、顔から液体が滴ってしまう可能性もあります。

本来の役割を果たすために、手のひらで軽く押さえることで手の皮脂と混ざり、メイクが定着しやすくなるメリットも得られますよ。ちょっとした工夫でメイクのりがよくなります!

洗顔後のプレ化粧水として使う

洗顔後のプレ化粧水として使う 出典:adobestock

洗顔後の肌をそのままにしておくと、肌が乾燥しやすくなります。基礎化粧品をつける前の濡れた肌にミスト化粧水を吹き付けておくと、肌の乾燥を避けられるでしょう。

タオルで顔を拭くときにも、わずかながら肌負担を軽減できるメリットも生まれます。

ふっくらとした肌を作りたい場合は、プレ化粧水としての使い方をおすすめします。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share