Beauty Topics

まつ毛が短くて悩んでない?コスメやメイク術で憧れの美まつ毛を手に入れよう

出典:adobestock

まつ毛が短くて悩んでない?コスメやメイク術で憧れの美まつ毛を手に入れよう

目元を魅力的に見せたい女性にとって、まつ毛が短いことが悩みであるケースは多いのではないでしょうか。上手なメイク方法がつかめず、印象がダウンしてしまい気分も落ち込みがちです。
そこで今回は、まつ毛が短いとお悩みの方におすすめの簡単メイク術をレクチャー。ビューラーやマスカラを使って自然な印象に見せるコツや、普段から気をつけたいまつ毛のケア方法など、今日から実践できる簡単アイデアをご紹介します。

カテゴリ | アイメイク
How to まつげ

まつ毛が短い方におすすめのケア方法と注意点

短いまつ毛悩みの解決には日々のケアが大切

短いまつ毛悩みの解決には日々のケアが大切 出典:adobestock

スキンケアや食事などどのような方法であっても、短いまつ毛の悩みを短期間で解決するのは難しいといえます。そのため、メイクでカバーする以外に根本から短いまつ毛の悩みを解決したい場合は、日頃のケアの積み重ねが大事です。

すぐに長さを改善できるわけではありませんが、毎日コツコツと継続することでまつ毛が生える環境を整えられます。長い目で見てまつ毛の悩みを改善したい女性は、ここでご紹介する5つの行動を取り入れてみてください。

(1)まつ毛美容液でケアをする

(1)まつ毛美容液でケアをする 出典:ライター撮影画像

簡単で手軽なケア方法を求める女性には、「まつ毛美容液」の使用をおすすめします。乾燥やダメージを受けているままでは、短いまつ毛の悩みを解消できません。

「まつ毛美容液」には、まつ毛に潤いを与える保湿成分やハリコシを与える美容成分などが配合されています。まつ毛美容液を使うことで、自まつ毛に潤いを与えつややかで健康的な質感に整えられますよ。スキンケアの仕上げに塗るだけと使い方も簡単なので、忙しい女性も気軽に続けられます。

(2)クレンジングや洗顔での摩擦は厳禁

(2)クレンジングや洗顔での摩擦は厳禁 出典:adobestock

目元の皮膚は非常に薄く繊細で、ちょっとした摩擦でも負担がかかりやすいと言われています。まつ毛も同様で、こすったり引っ張ったりするとそれが刺激となり、まつ毛が抜ける原因につながる可能性があるのです。

そのため、クレンジングや洗顔をする際は、皮膚やまつ毛をこすらないようやさしい力加減で注意深く行いましょう。「目がかゆくてこする」なども目元への負担になるので、グッと我慢してください。

(3)目元にメイク汚れを残さない

(3)目元にメイク汚れを残さない 出典:adobestock

摩擦はまつ毛への負担となりますが、汚れを十分に落とせていないこともよくありません。クレンジングや洗顔をおろそかにしてしまうと、メイクの汚れがまつ毛に残ったままとなります。

これではまつげ美容液を使っても美容成分が十分に届きにくく、さらには炎症の原因にもなる「まつ毛ダニ」を発生させる可能性も。落ちにくいメイクは目元専用リムーバーなどで簡単に落とせるので、使うアイテムを工夫して汚れを残さないよう心がけましょう。

(4)バランスのとれた食事を意識する

(4)バランスのとれた食事を意識する 出典:adobestock

短いまつ毛のお手入れには、栄養バランスのとれた食事など内面的なアプローチも大切です。とくに、「たんぱく質」や「ビオチン」を意識して摂るようにしましょう。

「たんぱく質」は、まつ毛や頭髪を作る「ケラチン」のもととなる成分で、鶏肉や納豆、豆腐などに多く含まれています。「ビオチン」も皮膚や頭髪を作るもととなる美容に嬉しい成分で、卵や牛レバーなどの食材に豊富です。毎日の食事から意識的に摂ることで、短いまつ毛をケアするのに役立ちます。

(5)十分な睡眠時間を確保する

(5)十分な睡眠時間を確保する 出典:adobestock

睡眠時間が短く寝不足が続くことも、まつ毛をケアする上でよくありません。まつ毛に限らず人間の体は、寝ている間に日中に受けたダメージの修復を行います。

とくに22時から深夜2時の間は、成長ホルモンが多く分泌される「ゴールデンタイム」とされており、この時間にしっかりと睡眠を取れているかどうかが大切です。短いまつ毛のケアや健やかな肌を目指すために、質の高い睡眠を取ることを心がけてください。

まつ毛が短い・少ないとお悩みなら医療機関への相談も

まつ毛が短い・少ないとお悩みなら医療機関への相談も 出典:adobestock

さまざまなケアを継続していてもまつ毛が短い上、細さや量の少なさなどが目立つようであれば、医療機関の受診を検討するのもひとつの方法です。「まつ毛貧毛症」と呼ばれる病気が原因となっている可能性も考えられます。

「まつ毛貧毛症」は年齢や皮膚疾患のほか、日頃のビューラーやメイクによるダメージがきっかけで起こることがある病気です。不安なときはセルフケアや自己判断で無理に対処しようとせず、専門の医師に相談してみてくださいね。

長さを上手にカバーして、女性らしい印象的な美まつ毛に

今回は、短いまつ毛を素敵な印象に仕上げる簡単メイク術やケア方法についてご紹介しました。メイクやおしゃれを満喫したい多くの女性にとって、長く整ったまつ毛は憧れの的です。

まつ毛が短くても、普段何気なくやっている行動を少し意識するだけで、簡単に好印象な目元を演出できます。ご紹介したメイク方法を参考にして、女性らしさあふれる美しいまつ毛を手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share