Beauty Topics

話題の【ウユクリーム】のおすすめの使い方!使う順番や口コミも合わせてチェック!

出典:adobestock

話題の【ウユクリーム】のおすすめの使い方!使う順番や口コミも合わせてチェック!

ウユクリームにはどんな特徴や魅力があって、どのような使い方ができるのでしょうか?ウユクリーム=メイクアップアイテムというイメージを持っている人も多いはず。実は、スキンケアクリームやボディクリームとしての使い方もできるのがウユクリームの大きな特徴です。
今回はウユクリームの基本情報に加えて、おすすめの使い方や使う順番といった使いこなすためのポイントを解説します。さらにおすすめ商品や選び方のポイントもご紹介しているので、ぜひ最後までお見逃しなく。

カテゴリ | スキンケア
How to クリーム

これ1つで5役をこなす万能クリーム

これ1つで5役をこなす万能クリーム 出典:Instagram(@maiyan_rrr)ご提供

【ポップベリー ハイジドルフ ミルキーホワイト クリーム】

これ1つで、肌のトーンアップや毛穴ケア(ともにメイクアップ効果として)・化粧崩れ防止・CCクリーム・保湿クリームの5役をこなしてくれる万能クリーム。北海道ミルク(保湿成分)や大雪山の雪解け水を配合しており、朝・夜のスキンケアクリームとしての使い方をしたい人にもおすすめです。

また、一般的な洗顔料で落とせるのもうれしいポイント。

1,100円(税込) 編集部調べ

みんなの口コミ

「自然に肌になじみ、肌のキメが整いしっとりするので気に入りました。またリピートしたいです。(40代女性)」

自分の使い方に合ったウユクリームの選び方

ウユクリームは万能だからこそ、使い方に合ったアイテムを

ウユクリームは万能だからこそ、使い方に合ったアイテムを 出典:adobestock

さまざまな使い方ができるウユクリームですが、だからこそ目的に合ったアイテムを選ぶのが大切。メイクアップ効果を重視するならカラーやカバー力が重要になってきますし、一方で顔・体のスキンケアやボディケア目的で使用したいなら美容成分や使用感に注目しておきたいです。

また、香りやパッケージなどの使うたびにテンションが上がるような要素を重視すれば、朝・夜のお手入れやメイクタイムがより楽しみに。自分の使い方にあったアイテムを選ぶために、ポイントを押さえておきましょう。

下地としての使い方をするなら、カラーに注目

下地としての使い方をするなら、カラーに注目 出典:adobestock

ウユクリームを下地として使う場合の選び方とは、どんなポイントがあるのでしょうか?白みのあるカラーが特徴のウユクリームですが、中にはピンクやラベンダーといったカラーがついているアイテムも販売されています。そのため、肌の悩みに合ったカラーのウユクリームを選ぶのも1つのポイント。

メイクアップ効果で肌をトーンアップしてみせたいなら白いカラーのものを、血色感を出したいならピンクカラーのものを、くすみを飛ばしたいならラベンダーカラーのものを選ぶのがおすすめです。

肌のあらが気になる場合は、カバー力で選ぶ

肌のあらが気になる場合は、カバー力で選ぶ 出典:adobestock

ウユクリームのメイクアップ効果で肌のあらを隠したい場合は、カバー力に注目して選んでみましょう。ベージュカラーのウユクリームを選べば、肌荒れやシミなどをカバーしやすくなります。軽めのファンデーション代わりとして使えるのもおすすめポイントです。

肌の赤みが気になる人には、コントロールカラーの役割を果たしてくれるグリーンカラーのウユクリームがイチオシ。グリーンカラーは塗りすぎると白浮きしやすくなるため、なるべく部分的に使用するのが使い方のコツです。

顔・体のスキンケアやボディケアに使用するなら、美容成分入りを

顔・体のスキンケアやボディケアに使用するなら、美容成分入りを 出典:adobestock

顔・体のスキンケアやボディケアにウユクリームを活用するなら、配合されている美容成分にも注目しましょう。乾燥肌の人はヒアルロン酸やシアバターといった保湿成分入りを、敏感肌の人なら肌のバリア機能を担うセラミド入りのものなど、自分の肌質や悩みに合ったものを選ぶのがおすすめ。美容成分によって、顔用・体用と使い分けるのも1つの手です。

効果的な使い方をするために、どんな成分が配合されていてどんな特徴があるのかを前もって確認するのも、選び方の大切なポイントになります。

朝に使用するなら、UVカット成分が含まれていると便利

朝に使用するなら、UVカット成分が含まれていると便利 出典:adobestock

朝のスキンケア後やメイクの際に使用するなら、UVカット成分が含まれているタイプが便利です。UVカット機能が備わっていれば日焼け止め代わりとしての使い方が可能なので、忙しい朝やパッとでかけたいときにもぴったり。忙しい朝はベースメイクの工程を減らしたいという人も、UVカット機能のあるウユクリームを取り入れてみてはいかがでしょうか?

お直しの際に使用すれば同時に紫外線対策も叶うので、持ち運びに便利なチューブタイプのものをポーチに1つ入れておくのもおすすめです。

デイリーに使うなら、使い勝手も重視

デイリーに使うなら、使い勝手も重視 出典:adobestock

ウユクリームをデイリーに使う場合の選び方のポイントとは、一体どんなものがあるでしょうか?朝・夜のスキンケアやメイクの際に、さらにはボディケアにと使い方が豊富なウユクリーム。そこで重視したいのが使い勝手で、さっと塗り広げられるもの、ベタつきにくいテクスチャーのものなど、どんな要素があると使いやすくなるかを考えながら選んでみましょう。

下地代わりとしての使い方をするなら量を調整しやすいチューブタイプ、全身に使いたいならジャータイプで大容量なものがおすすめです。

好みの香りやおしゃれなパッケージなら、手に取るのが楽しみに

好みの香りやおしゃれなパッケージなら、手に取るのが楽しみに 出典:adobestock

あなたが化粧品やコスメを使うときにテンションが上がる要素とは、どんなものがありますか?顔へ塗り広げる際にふわっとよい香りがしたり、パッケージがおしゃれだったりすると、朝・夜のスキンケアタイムやメイクの時間もより充実しますよね。

気分が乗らないときも、お気に入りのウユクリームがあれば自然と手に取りたくなるはず。ウユクリームにもいろいろな香り、デザインの商品が販売されているので、ぜひ自分の心をときめかせてくれるようなアイテムを選んでみてください。

ウユクリームの使い方を押さえて、透明感を身にまとった肌へ

ウユクリームとは一体どんなアイテムなのかを紹介しつつ、顔・体へのおすすめの使い方や使う順番についても詳しく解説しました。しっかりと使い方をマスターしておけば、メイクアップ効果で手軽に透明感をまとった肌を演出できます。

ウユクリームの中には、カラーがついたものや日焼け止め代わりになるものなど、幅広いタイプのアイテムが展開されているのも特徴的。ご紹介した選び方のポイントを参考に自分好みのウユクリームを見つけて、朝・夜のスキンケアやメイクに取り入れてみましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share