Beauty Topics

スキンケアの基本的なやり方を正しく知ろう!美肌へ導くお悩み別のテクニックとは?

出典:adobestock

スキンケアの基本的なやり方を正しく知ろう!美肌へ導くお悩み別のテクニックとは?

毎日行うスキンケアですが、基本的なやり方や順番を正しく理解できていますか?化粧品本来の力を最大限発揮させるためにも、基本の順番や正しいやり方を意識することが大切です。スキンケア化粧品の使い方や役割をきちんと理解すると、効率的に美肌を目指せるでしょう。
今回はスキンケアのやり方や基本の順番、注意点や肌悩み別のスキンケアのやり方まで紹介するので最後までチェックしてくださいね。

カテゴリ | スキンケア
How to

注意点(5)コットンは使い方に気をつける

注意点(5)コットンは使い方に気をつける 出典:adobestock

化粧水を塗る際にコットンを使用すると、肌表面を整えながら肌全体に塗れるというメリットがあります。しかし力加減が強すぎると摩擦による刺激で、肌が傷つく可能性があるので使い方には気をつけましょう。

コットンを使う際の注意点は、肌との摩擦が起こらないようコットンがヒタヒタになるまで化粧水をしみこませること。そして肌の上で一定方向にやさしくすべらせるように使うと、化粧水を肌全体に均一にのばせるでしょう。

そもそもスキンケアの役割って?基本のアイテム別に紹介

クレンジングはメイク汚れなど油性の汚れを落とす

クレンジングはメイク汚れなど油性の汚れを落とす 出典:ライター撮影画像

クレンジングにはメイクなどの油性の汚れを落とす役割があるため、メイクをした日はクレンジングをする必要があるほか、日焼け止めのみを使った日であっても洗顔料で落ちるものでなければクレンジングをした方がよいとされています。ウォータープルーフのファンデーションなど濃いメイクを落とすときはオイルタイプ、軽いメイクのときはミルク(乳液)タイプなど、メイクに合わせて使い分けるのがおすすめです。

洗顔料は汗やほこりなど水性の汚れを落とすもの

洗顔料は汗やほこりなど水性の汚れを落とすもの 出典:adobestock

洗顔料はほこりや汗など水性の汚れを落とす役割があるほか、肌に残ったクレンジング料のヌルつきをオフする役割もあります。クレンジングと洗顔料は落ちる汚れが違うので、W洗顔不要のアイテム以外はどちらもした方がよいといわれています。

現在は固形タイプ、フォームタイプ、泡で出てくるタイプなどたくさんの種類が発売されているため、機能性や使用感に注目して自分に合うものを選んでみてください。

化粧水は肌に必要な水分を補給する

化粧水は肌に必要な水分を補給する 出典:adobestock

化粧水の役割は、肌に水分を与えうるおいのあるなめらかな肌にすることです。洗顔後の肌は水分がどんどん蒸発するので、なるべく早めに化粧水を塗ってあげるのが大切。

最近は水分を与えるだけではなく、美白やシワ予防、ニキビ予防などの訴求性を高めたアイテムもたくさん発売され、目的や種類が豊富になってきています。肌に水分を与えることはもちろん、プラスアルファの役割を期待して悩みに応じて選ぶのもおすすめです。

乳液・クリームは油分を中心に与えて肌の水分をとじこめる

乳液・クリームは油分を中心に与えて肌の水分をとじこめる 出典:adobestock

乳液は化粧水とクリームの中間の役割を持ち、肌に水分と油分をバランスよく与えます。サッパリしたタイプからしっとりしたタイプまでさまざまなので、肌質や季節によって使い分けるのがおすすめ。

クリームは肌に油分をあたえてうるおいをキープする役割があり、乳液よりも油性成分が多いので保湿効果の持続性が期待できます。クリームには高機能なアイテムが多く、贅沢なスキンケア時間を演出してくれるでしょう。

基本のケアに美容液をプラスすることで効果的に肌を整える

基本のケアに美容液をプラスすることで効果的に肌を整える 出典:ライター撮影画像

美容液の役割は、乾燥や毛穴、シミなど気になる肌悩みにダイレクトにアプローチすること。自分の肌の状態に合わせて最適なものをスキンケアに取り入れることで、効果的に美肌を目指せるとされています。

通常のスキンケアでは物足りないと感じることが多くなってきたタイミングで、悩みに合わせた美容液を日々のスキンケアに取り入れてみるのがおすすめです。

スキンケアのやり方を見直して肌悩みとは無縁になろう

スキンケアは毎日行うので、肌にダメージを与えないためにも基本的なやり方や順番を正しく理解しておきましょう。

注意点としては化粧品をたっぷりと使うことと、クレンジングから仕上げのクリームまで摩擦レスなケアを心がけることです。美肌を目指すためにも、今一度スキンケアの基本のやり方や順番を見直してみてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share