Beauty Topics

デコボコ肌の原因とは?《クレーター肌》をつくらないケア・予防方法を把握して美肌へ

出典:adobestock

デコボコ肌の原因とは?《クレーター肌》をつくらないケア・予防方法を把握して美肌へ

肌悩みのなかで年齢を問わず多くみられるのが「デコボコ肌」に代表されるクレーター肌です。「みかん肌」などと揶揄されるこの肌の状態をきれいにしたい人は、この記事を参考にしてみましょう。
クレーター肌についての解説や悩みの解決方法、クレーター肌にならないための予防対策などもまとめています。現在進行形のニキビ肌で悩んでいる人や、肌悩みを解決したい人は必見です。

カテゴリ | スキンケア
How to

寝具等の清潔保持も大事!

寝具等の清潔保持も大事! 出典:adobestock

顔の肌の炎症はニキビができるアクネ菌だけではなく、雑菌なども原因となります。二の次になりやすいのが、寝具の洗濯です。寝具には皮脂汚れや汗汚れが付きやすく、雑菌が繁殖しやすい状態がつくられています。

そのため、定期的に洗濯をしましょう。清潔な寝具は雑菌の繁殖も抑えられるうえ、睡眠環境も整いやすくなります。ぐっすり眠れると、就寝中の代謝にもよい影響がもたらされるでしょう。

クレーター肌を予防する肌ケア方法

炎症を悪化させないケアが大切

炎症を悪化させないケアが大切 出典:adobestock

普段からクレーター予防のためのスキンケアをしていても、ちょっとしたきっかけで肌荒れやニキビができてしまいます。当たり前のことですが、できてしまった炎症は悪化させないことが大切です。

適切な方法で、炎症をケアしていきましょう。初期の段階でクレーター対策を講じることで、悪化させることなく治癒へ向かえるでしょう。丁寧なケアで、肌をいたわってください。

洗顔はマスト

洗顔はマスト 出典:adobestock

古くなって剥がれ落ちるべき角質が肌に残ったままになると、ニキビや小鼻周りの角栓の原因を作ります。炎症がある場合でも、洗顔は毎日行いましょう。

洗顔は朝と夜の1日2回のタイミングがベスト。炎症を悪化させる可能性もあるため、合成された洗顔料よりもせっけん素地をベースとした洗顔せっけんを使うことをおすすめします。炎症がない場合は、保湿に気を使った洗顔料を使うようにしましょう。

保湿ケアも大切

保湿ケアも大切 出典:adobestock

基礎化粧品を使った保湿ケアは、皮脂の分泌が原因でできるクレーターを予防する効果が期待できます。また、ニキビの予防対策としても有効です。高保湿タイプの基礎化粧品を選び、洗顔後に丁寧に化粧水や美容液などをなじませていきましょう。

さらに肌の保湿効果を高めるため、化粧下地も併用して肌の表面をラッピングするほか、皮脂の過剰分泌につながらないための対策を講じてください。

ニキビケアもほどほどに

ニキビケアもほどほどに 出典:adobestock

ニキビケアのための化粧品やクリームなどがたくさん販売されています。肌によいとされることはどんなことでも試したくなりますが、一度のケアで複数の製品を使うことで肌表面に雑菌が繁殖する可能性も否めません。

肌に悪い影響を及ぼす可能性もあるので、ニキビケア用品を乱用するのは避けましょう。デコボコ肌を作らないためにはシンプルなケアを心がけてください。

気になる炎症は皮膚科を受診しよう

気になる炎症は皮膚科を受診しよう 出典:adobestock

肌の炎症がなかなか治らない場合や、化膿ニキビが増えてきたという場合は早い段階で皮膚科を受診しましょう。皮膚科では肌の調子を整えるための飲み薬や外用薬の処方をはじめとする、適切な皮膚科治療を施します。

クレーター肌を作らないために、ひどくなってから通院するのではなく、ひどくなる前に通院しましょう。また、定期的に通院して完治するまで治療と向き合うことをおすすめします。

クレーター肌は予防が肝心!

顔にできてしまったクレーター肌は、セルフケアでは改善が難しいといわれています。そのため、原因となる炎症を作らないための予防対策を講じることや、早い段階で炎症を改善することが大切です。

スキンケアだけではなく、生活改善なども必要になります。また、ケア用品の使い過ぎは考え物なので、シンプルに保湿ができる商品を丁寧に使うことをおすすめします。デコボコ肌を回避するために工夫を重ねていきましょう!

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share