Beauty Topics

【イエベ・ブルベ別】ラベンダーメイク術!透明感を感じるパープルカラーで上品顔に◎

出典:adobestock

【イエベ・ブルベ別】ラベンダーメイク術!透明感を感じるパープルカラーで上品顔に◎

肌の黄ぐすみをカバーする効果が期待できるラベンダーは、透明感あふれる儚い印象に仕上がる人気カラーです。ところが、使い方を一歩間違えるとバブリーなメイクになりがちなので、使い方に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?
ラベンダーカラーを上手に使いこなすためには、パーソナルカラーに合わせた色選びが重要。今回は、イエベ・ブルベ別おすすめラベンダーカラーやラベンダーメイクのやり方について紹介します。

カテゴリ | アイメイク
How to トレンド

【アイメイク編】ラベンダーメイクのやり方

アイシャドウで儚い目元を演出

アイシャドウで儚い目元を演出 出典:ライター撮影画像

ラベンダーカラーをアイメイクに使用することにより、透明感あふれる儚げな目元が叶います。アイホール全体にハイライトカラーを仕込み、目のキワにかけてグラデーションを作るアイメイクのやり方がおすすめ。下まぶたの目尻3分の1に濃いめのラベンダーカラーを入れると、たれ目っぽいアイメイクに仕上がるでしょう。

また、ボリューミーなまつ毛は派手な印象を与えるため、クリアマスカラでカールキープのみにとどめてください。

カラーマスカラで伏し目をキレイに

カラーマスカラで伏し目をキレイに 出典:adobestock

ラベンダーをさり気なくアイメイクに取り入れたい人は、カラーマスカラがおすすめです。アイシャドウほどアイメイクを主張しすぎないので、ラベンダーメイク初心者でも気軽に挑戦しやすいでしょう。

上まつ毛はブラックマスカラで下まつ毛はカラーマスカラなど、上下でカラーを変える遊び心を加えるとよりアイメイクを楽しめますよ。目を開いている時はもちろん、伏し目がちにした際にラベンダーカラーの上品さが際立つでしょう。

カラーアイライナーでさり気なく

カラーアイライナーでさり気なく 出典:adobestock

毎日メイクでラベンダーアイメイクに挑戦してみたい人は、ラベンダーカラーのアイライナーを使ってみてください。カラーアイライナーは小回りが利くため使いやすく、目尻の跳ね上げラインで使うだけでも印象的なアイメイクが叶います。また、二重のダブルラインや下まぶたの目尻など、1本あるだけでさまざまなアレンジができるでしょう。

気分に合わせて幅広い使い方がしたい場合は、ぼかしやすいアイシャドウスティックもおすすめです。

イベントではホログラムで透明感底上げ

イベントではホログラムで透明感底上げ 出典:ライター撮影画像

「推しの担当カラーが紫だからイベントやライブでアピールしたい!」という人も多いのではないでしょうか?ラベンダーと相性のよいホログラムを追加することで、派手なだけではない透明感あふれるアイメイクが叶います。

アイメイクで使用するホログラムはネイル用品のものが入手しやすく、100円ショップでも気軽に購入可能です。マルチユースグロスやアイプチのり、つけまつ毛のグルーを活用して目尻にちょこんとのせてみてくださいね。

【ベースメイク編】ラベンダーメイクのやり方

コントロールカラーで透明感を仕込む

コントロールカラーで透明感を仕込む 出典:adobestock

透明感のある美白肌に仕上げたい場合は、ラベンダーのコントロールカラーを仕込んでください。コントロールカラーとは色付きの下地を指し、肌悩みに対する補色を使用することでナチュラルに悩みを改善できるアイテムです。

ラベンダーは黄色の補色となるため、肌の黄ぐすみを払拭して透明感あふれる肌へ導く効果が期待できます。また、ラベンダーはピンクとブルーのいいとこ取りなので、透明感を与えつつ血色のよい肌に仕上がるでしょう。

淡い発色のチークをふんわり広げる

淡い発色のチークをふんわり広げる 出典:ライター撮影画像

ラベンダーチークは、透明感と血色感を高められる万能アイテムだということを知っていますか?パープル系の色味がダイレクトに発色するわけではなく、頬に広げるとふんわりとした青みピンクに発色します。

太めのブラシにチークの粉を含ませて、頬全体にふんわりと広げると可愛らしい印象に仕上がるでしょう。リキッドやクリームタイプは頬にポンポンと広げることで、内側からじゅんわり発色するような色っぽい頬が叶います。

ハイライトでにじみ出るツヤ感を演出

ハイライトでにじみ出るツヤ感を演出 出典:ライター撮影画像

ラベンダーメイクの透明感を最大限に活かすために、ハイライトで瑞々しい水光肌を演出しましょう。こめかみから頬骨にかけてのCゾーン、おでこから鼻先にかけてのTゾーンにハイライトを仕込んでください。

肌の内側からにじみ出る瑞々しいハリ感を演出したい場合は、リキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。ツヤ感のある水光肌に加えて顔の立体感を主張したい人は、しっかりと発色するパウダータイプが使いやすいでしょう。

パウダーはトーンアップカラーをチョイス

パウダーはトーンアップカラーをチョイス 出典:ライター撮影画像

フェイスパウダーといえば肌色や白色が一般的ですが、パステルカラーの色付きフェイスパウダーも少なくありません。色付きフェイスパウダーはコントロールカラーと同じような役割を担い、肌悩みをやりすぎ感なくサラッと改善してくれます。

とくにラベンダーカラーは黄色の補色となるため、肌の黄ぐすみを払拭してトーンアップ効果が期待できるでしょう。肌のテカリや凹凸などの肌悩みをカバーしつつ、透明感あふれる美白肌に近づけます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share