Beauty Topics

血色メイクで「ナチュラルな色っぽさ」が叶う!基本のやり方をマスターしてモテ女子になろう

出典:adobestock

血色メイクで「ナチュラルな色っぽさ」が叶う!基本のやり方をマスターしてモテ女子になろう

ポッと弾けるような赤みを差した肌が魅力的な「血色メイク」。明るく生き生きとした印象でナチュラルな色っぽさを演出できるとあり、大人女子の間でも注目を集めています。
今回は、そんな魅力あふれる「血色メイク」の基本のやり方をご紹介。人気の秘密から自然な血色感を出すコツ、ベース・アイシャドウ・チーク・リップのパーツごとのメイクテクまで、話題の血色メイクを存分に楽しむ秘訣をレクチャーします。

カテゴリ | アイメイク
How to
INDEX

「血色メイク」とは?基本の特徴と大人女子に愛される魅力を分析

血色メイクの魅力

血色メイクの魅力 出典:adobestock

血色メイクとは、内側からほてったような赤みが差した肌が魅力のメイクのこと。ベースやチークなどのやり方を工夫して、顔の印象を暗く見せるくすみをカバーし、明るいツヤ感のある肌に仕上げています。

ほのかな血色感があることで、生き生きと健康的な可愛らしさを演出できますよ。ナチュラルな色っぽさも引き出せることから、大人女子に似合う注目のメイクテクニックです。頬にじんわりとした赤みをプラスするため、顔色が悪く見えがちな方にも向いています。

血色メイクを作る基本の3ヶ条

血色メイクを作る基本の3ヶ条 出典:adobestock

血色メイクをより魅力的に仕上げる基本のポイントとして、次の3つを押さえておきましょう。

  • ・「くすみ」をカバーする
  • ・自然な「ツヤ感」を出す
  • ・繊細な「透明感」を演出

顔色をどんより暗く見せるくすみが残ったままだと自然な血色感を引き出せないので、上手にカバーしましょう。また、血色感を出すだけでは単なる「赤ら顔」に見えてしまう可能性があります。ツヤ感と透明感を一緒に仕込めば、内側からにじみ出るように繊細な血色メイクを作れますよ。

ベースとチークのやり方がカギ

ベースとチークのやり方がカギ 出典:adobestock

血色メイクをするうえでとくに重要なのが、「ベース」と「チーク」のやり方です。肌の質感を左右するベースとチークをこだわって丁寧に仕込むことで、ほてったような色気のある肌を作れます。全体の印象を左右するので、やり方の基本をしっかりマスターしましょう。

目元と口元は、血色感のある肌を引き立てる大事なパーツです。血色感とともに透明感を出せるカラーのアイシャドウやリップを使うと、よりバランスのよいメイクに仕上げられます。

血色メイク基本のやり方【ベース編】

くすみの払拭&ツヤ感をプラス

くすみの払拭&ツヤ感をプラス 出典:ライター撮影画像

血色メイクを楽しむうえでとくに大切な「ベース作り」。顔の印象を暗く見せるくすみの払拭と、自然とうるおったようなツヤ感を引き出すことが基本のポイントです。

化粧下地・コントロールカラー・ファンデーション・フェイスパウダーを順番に重ね、なめらかなベース肌を作りましょう。厚塗りをすると、ツヤ感や透明感が出なくなってしまうため注意が必要です。化粧下地は、ワントーン明るい印象の肌に見せられるパール配合タイプがおすすめですよ。

メイク前のスキンケアで素肌の土台を整えておく

メイク前のスキンケアで素肌の土台を整えておく 出典:adobestock

ベースメイクで血色感を出すためには、メイク前の「土台作り」も重要です。水分や油分が不足した肌のままではベースアイテムがきれいに密着せず、ぼそぼそとなめらかさのない質感になってしまいます。

メイクをする前には必ず、念入りにスキンケアを行いましょう。きちんと肌を保湿しておけば、ベースアイテムをのせた後もうるおいのある仕上がりを叶えられます。化粧水や美容液、乳液などで水分と油分を適度に与えて素肌を整えてくださいね。

ピンク系コントロールカラーで肌色を補正

ピンク系コントロールカラーで肌色を補正 出典:adobestock

コントロールカラーを上手に使いこなすことも、血色感を出すベースメイクの基本です。コントロールカラーは肌の色味を補正する色つきの下地で、ピンクやグリーン、イエローなどさまざまなカラーのものがあります。

血色メイクには、ピンク系のコントロールカラーを使ってみましょう。ほのかな赤みをプラスできるカラーなので、ジュワッとほてったような自然な血色感を演出できます。透明感アップを狙いたい方はラベンダー系もおすすめです。

ファンデーションはリキッドやクッションタイプがおすすめ

ファンデーションはリキッドやクッションタイプがおすすめ 出典:ライター撮影画像

血色感ある魅力的なベースメイクに仕上げるには、ファンデーション選びも大切です。さまざまな種類がありますが、とくに「リキッドタイプ」や「クッションタイプ」のファンデーションがおすすめ。

比較的水分量が多いタイプなので、ナチュラルなツヤと透明感のあるみずみずしい質感の肌に仕上げられます。ツヤ肌のベースを作っておけば、この後に行うチークがより美しく発色し、薄づきでも自然な血色感を演出しやすくなりますよ。

下地とファンデーションは塗る位置にこだわって

下地とファンデーションは塗る位置にこだわって 出典:ライター撮影画像

ベースアイテムは、すべてを顔全体にきっちりのせないようにしましょう。色味を補正するコントロールカラーは血色感を左右する頬を中心に、おでこや鼻など広範囲に塗ります。パール粒大ほどをごく薄くのばすのが基本のやり方です。

ファンデーションはメリハリがなく見えるのを防ぐためフェイスラインに近い部分を避け、コントロールカラーよりも狭い範囲にのせます。肌のアラが目立ちやすい頬を中心に、指やスポンジで叩き込むように塗ってください。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share