Beauty Topics

美容には投資したい!家計簿をつけて本当に必要なものにお金をかけよう

出典:adobestock

美容には投資したい!家計簿をつけて本当に必要なものにお金をかけよう

コスメ、洋服、美容家電など、欲しいものって次から次へと浮かんできますよね。しかし、食費や家賃、光熱費などを考えるとすべてを手に入れられないのが現実。そんなときは、家計簿をつけて月々の収支を見直してみてはいかがでしょうか?
私は家計簿を始めたことで、本当に欲しいものにお金をかけられるようになりました。そこで今回は、忙しい大人女子でも手軽に実践できる家計簿のつけ方をご紹介します。

カテゴリ | コラム
美容ネタ

忙しい大人女子も続けられる!家計簿のつけ方

家計簿アプリを活用する

家計簿アプリを活用する 出典:ライター撮影画像

家計簿の管理方法にはノートやExcelなど、さまざまな管理方法がありますよね。私は過去にノートで管理していたことがありましたが、手書きで書くのが面倒になり続きませんでした。

そこで取り入れたのが、家計簿アプリです。家計簿アプリは、通勤中や昼休みなどのスキマ時間に入力できるので、無理なく続けられました。「家計簿おとなのおこづかい帳」というアプリを使っているのですが、機能がシンプルであることに加え、家賃などの固定費をあらかじめ設定できる点が気に入っています。

アプリで月々の固定費と予算を設定する

アプリで月々の固定費と予算を設定する 出典:ライター撮影画像

家計簿アプリをインストールしたら、家賃などの固定費を設定しましょう。毎月かかる固定費を合計することで、月いくらで生活しなければならないのかがわかるようになります。

固定費を設定した後は、食費・生活用品・交通費など各支出の予算を決めていきましょう。あらかじめ予算を決めておけば、買い物も計画的にできますよ。自由に使えるお金も把握できるので、使い過ぎ防止にも繋がります。

本当に欲しいものは先に予算として設定しておく

本当に欲しいものは先に予算として設定しておく 出典:ライター撮影画像

コスメや洋服など、その月にどうしても欲しいアイテムはあらかじめ予算として家計簿アプリに設定しておきましょう。その分の出費は、ほかの項目で穴埋めするように考えると欲しいものを購入できますよ。

私も欲しいコスメがある月は、外食を控えるなど調整をしています。どの項目でいくら抑えるのかを明確にしておくことで、計画的に買い物ができるようになりますよ。

支払いは電子マネーを活用する

支払いは電子マネーを活用する 出典:ライター撮影画像

家計簿をつけるためには使ったお金を把握する必要がありますが、いちいちレシートを管理するのって大変ですよね。過去に私もレシートを失くして購入金額がわからなくなり、家計簿に挫折しました。

その悩みを解決するのが、PayPayやSuicaなどの電子マネーです。電子マネーであれば購入したものの履歴がスマホで確認できるので、レシートを保管しておく必要がありません。電子マネーでの支払いを習慣化することで、家計簿をつけることが楽になりますよ。

1日のどこかで家計簿をつける時間をつくる

1日のどこかで家計簿をつける時間をつくる 出典:adobestock

家計簿を続けるためには毎日こまめにつけることが大切です。とはいえ、忙しい日はついサボりたくなってしまいますよね。

そんなときは、通勤中や昼休みなどのスキマ時間を使いましょう。家計簿アプリであればどこでも管理できるので、手が空いたときに家計簿をつけられます。1日分であれば3分程度でつけられるので、時間を取られることもありませんよ。私は、お風呂上りに家計簿をつけることを習慣化しているのですが、つい忘れてしまうという人は、スマホのアラームをかけておくとよいですね。

完璧でなくてもよいというマインドを持つ

完璧でなくてもよいというマインドを持つ 出典:adobestock

家計簿は「正確に管理しなければ…」と思いがちですが、実は1円単位まで細かく管理する必要はありません。というのも、細かく管理したところで貯金額に大きな差が出ないからです。実際に私も、10円以下は四捨五入をして家計簿アプリに入力しています。

きっちり1円単位まで管理しようとすると、途中で疲れてしまいますよね。完璧につけようとするのではなく、ざっくり管理できていればよいというマインドで取り組んだ方が、家計簿は長く続けられますよ。

家計簿をつけて本当に必要なものにお金をかけよう

今回は、忙しい大人女子でも続けられる家計簿のつけ方をご紹介しました。私自身、過去に家計簿に挫折したことがありましたが、今回ご紹介した方法では負担なく続けられています。「家計簿を始めたいけど続かないかも」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

家計簿をつけることで、本当に必要なものにお金をかけられるようになります。コスメや洋服など欲しいものがたくさんある人は、この機会に家計簿を始めてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

南コウ

理系大学を卒業後、化粧品メーカーで商品開発に携わる。結婚を機に地方へ移住し、ライターに転身。化粧品メーカーでの経験を活かし、スキンケア・メイクに関する記事を中心に執筆活動を続けている。好きな場所はドラッグストアの化粧品売り場。登録販売者の資格保有。

記事一覧へ戻る

share