Beauty Topics

ココナッツオイルの使い方はたくさんある!食用や美容に上手く活用してみよう

出典:adobestock

ココナッツオイルの使い方はたくさんある!食用や美容に上手く活用してみよう

甘い香りが人気のココナッツは、スイーツなどでよく用いられますよね?ココヤシの実から搾汁したオイルは、食事作りだけではなく美容の面でも重宝されています。日本でもダイエットにおすすめのオイルと紹介されてからココナッツオイルが広まり、日常的に購入できるようになりました。
この記事では、ココナッツオイルの美容効果について紹介します。美容面での使い方のほか注意点もまとめているので、身近なものでキレイを目指したい人は必見です!

カテゴリ | スキンケア
How to オイル

ココナッツオイルの使い方《スキンケア編》

ボディの保湿

ボディの保湿 出典:adobestock

ココナッツオイルは保湿効果とビタミンE、抗菌作用との相乗効果で、乾燥肌によるかゆみといった悩みにおすすめです。

使うときは小豆大程度のRBDオイルを両手のひらで温めて伸ばしてから、ボディの乾燥が気になる場所に伸ばしてください。この量で両腕がカバーできます。手のひらに余ったオイルは、踵や足の裏になじませるとよいでしょう。オイルのベタつきが気になるなら、乾燥が気になる部分に化粧水などをつけた後で少量ずつなじませることをおすすめします。

乾燥が気になるときのリップケアに

乾燥が気になるときのリップケアに 出典:adobestock

唇の保湿にもココナッツオイルが役に立ちます。ただ、オイルのままでは唇に塗りにくいのでリップクリームの材料として使うとよいでしょう。ここでは簡単なリップクリームの作り方を紹介します。

コスメ用の蜜ろう2g、RBDオイルを液体で5ml、ジャスミン精油もしくはカレンデュラ精油を1滴準備しましょう。小さな耐熱容器を使い湯せんで溶かしたあと、リップクリーム容器などに入れて固めると、リップクリームができあがります。
かさつきやすい唇に塗ると保湿ができますし、口紅を塗ったあとに重ねるとグロスのような艶出し効果も得られるのでおすすめです。

オイルプリングで口腔衛生

オイルプリングで口腔衛生 出典:adobestock

オイルプリングとは、オイルを用いて口の中をすすぐ健康法です。ココナッツオイルのラウリン酸が口内細菌の繁殖を抑え、油分が口内の汚れを吸着してくれます。

オイルプリングの方法は、RBDオイル小さじ2杯を口に含み、15分~20分ほど「ブクブクうがい」をするだけ。これを1日数回行いましょう。頬や舌を動かして口の中全体にオイルをいきわたらせることと、唾液の分泌を促しオイルの乳化を意識するのがポイントです。

メイク落としとして

メイク落としとして 出典:adobestock

ココナッツオイルは、メイククレンジングとして代用可能です。大さじ1杯程度の液状のRBDオイルを、通常のオイルクレンジングと同様に使います。ぬるま湯でしっかりすすぐことと、ダブルクレンジングは守ってください。への負担にならないよう、液体に緩めてからクレンジングを始めます。

エキストラバージンココナッツオイルなどは肌への刺激が懸念されるので、必ずRBDオイルを使いましょう。

ココナッツオイルの使い方《食事・ダイエット編》

中鎖脂肪酸のボディメイク効果をチェック!

中鎖脂肪酸のボディメイク効果をチェック! 出典:adobestock

ボディメイクを促す栄養素として、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の摂取は効果的です。中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と比べてエネルギーとしてすばやく分解されるため、脂肪として体内に蓄積される前にエネルギーに代わるメリットも。また、中鎖脂肪酸は、筋肉を増やす効果も期待できると言われています。ココナッツオイルを摂取後にウォーキングや筋トレなどを取り入れることで、引き締まった体作りも目指せるでしょう。

内臓脂肪を減らす効果が期待できる!

内臓脂肪を減らす効果が期待できる! 出典:adobestock

隠れ肥満といわれる内臓脂肪の蓄積も、ココナッツオイルで改善できます。なかでも内臓脂肪の消費にたけているのが、中鎖脂肪酸です。内臓脂肪に関する指摘を受けた場合などは、食用のエキストラバージンココナッツオイルを取り入れた食生活で生活改善を試みてはいかがでしょうか?

しかし、摂取しすぎはカロリー過多となります。1日の目安量を守り、軽い運動とともに内臓脂肪を減らしましょう。

お通じを促し、毎日のリズム定着に

お通じを促し、毎日のリズム定着に 出典:adobestock

ココナッツオイルは腸内に蓄積した老廃物をスムーズに排泄してくれる働きを持っています。また油分が固まった便を包み込み排泄を促してくれる潤滑剤の役割を果たし、スムーズなお通じを促す特徴も。毎日のお通じリズムを作りたいという場合にもココナッツオイルが役立つでしょう。

しかし摂取しすぎるとおなかが緩くなる可能性があるため、1日大さじ2杯までを目安に摂取してください。

食用ココナッツオイルの効果的な使い方

食用ココナッツオイルの効果的な使い方 出典:adobestock

脂肪燃焼効果を狙いたいという場合におすすめしたいのが、「ココナッツオイルコーヒー」です。いつものコーヒーに食用のエキストラバージンココナッツオイルを小さじ半分程度入れ、よく混ぜるだけ。油分が気になる場合は、無脂肪牛乳か無調整豆乳をプラスしてみましょう。

飲む回数は1日2回程度、起床後すぐや空腹時(食事2時間前)といったタイミングで飲むと効果的です。飲みすぎると悪心がでやすいので注意しましょう。

ビタミンEが豊富!

ビタミンEが豊富! 出典:adobestock

バージンココナッツオイルは、抗酸化物質ともいわれるビタミンEの量が豊富です。ビタミンEは体の代謝を促す効果があり、ダイエットや美白・美肌にも役立ちます。また、抗酸化作用によって年齢に負けない体づくりをしたい人にもおすすめです。

しかしココナッツオイルは脂質のためであり、1gあたり9kcalと高カロリー。美容によいといわれますが、摂取のしすぎには注意しなければいけません。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share