Beauty Topics

花粉による肌荒れにはスキンケアが肝心!おすすめのアイテムと予防方法でうるおい肌へ

出典:adobestock

花粉による肌荒れにはスキンケアが肝心!おすすめのアイテムと予防方法でうるおい肌へ

決まった季節が来ると肌荒れが気になるという方、多いですよね。それは花粉が影響している可能性があります。心当たりがあるという方は、スキンケアやメイクの方法を見直してみませんか?
この記事では、花粉の時期のスキンケアやメイクの方法を取り上げました。花粉対策におすすめのスキンケアアイテムなども織り交ぜているので、毎年の悩みを解消したい人は必見です。

カテゴリ | スキンケア
How to

花粉対策や肌荒れ時に気を付けたいこと

炎症が強いときのメイク方法

炎症が強いときのメイク方法 出典:adobestock

肌荒れが強いときは、仕上げ用のパウダーやメイクブラシの毛先も刺激につながる場合があります。肌への刺激が懸念されるパウダーをメイクブラシでつけるよりも、クリームチークなどで仕上げをすると肌になじみやすいのでおすすめです。

指先にチークを軽くつけて頬の上で軽くたたくようにぼかすと、肌への刺激を避けられます。

睡眠時間もスキンケアのひとつ

睡眠時間もスキンケアのひとつ 出典:adobestock

肌のかゆみなどが気になって、なかなか寝付けないといったケースも見られます。睡眠不足は症状悪化の引き金ともなるので、悪循環の可能性も。

肌荒れを少しでも落ち着けるためには休息も大事なスキンケアの一環と位置付けて、睡眠時間を確保するようにしてください。また、入浴などでストレスを解消するほか、軽く体を動かして入眠を促す工夫も取り入れましょう。

つけまつげやまつエクはお休み

つけまつげやまつエクはお休み 出典:adobestock

花粉はまつ毛などにもつきやすい傾向があります。つけまつげやマツエクなどをしている場合は、まつ毛についた花粉がしっかり落としきれない可能性も。

目をこすってしまうことや、花粉を落とすための洗顔でグルーが弱まってしまうことも否めません。肌荒れやアレルギー症状が落ち着くまでのわずかな時期だけ、つけまつげやマツエクはお休みにしましょう。お湯で落とせるマスカラなどで対処してくださいね。

炎症が続くときはクリニックへ!

炎症が続くときはクリニックへ! 出典:adobestock

肌荒れを悪化させないためにスキンケアで整える方法などを紹介しましたが、肌荒れ以外の花粉アレルギーの症状が著しいときや、スキンケアだけでは肌症状の改善が追い付かないこともあると思います。

このようなときはクリニックなどで治療を受けることをおすすめします。アレルギーの根本解決にもなりますし、肌荒れの状態も長引かせずに改善できますよ。

スキンケアで花粉による肌荒れに負けない肌づくりをしよう!

花粉が原因の肌荒れは一過性のものとはいえ症状が悪化してしまう可能性もあるため、そのときのスキンケアはもちろん一年を通じた保湿ケアなどで予防をすることが大切です。洗顔や保湿を実践して、花粉の時期に負けない肌作りをしましょう。

我慢が必要なところもありますが、悪化させないための工夫で不快な時期を乗り越えましょう!

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share