Beauty Topics

ものが少なくてもおしゃれは抜かりなく。ミニマリスト流「私らしさ」を叶える美容術

出典:adobestock

ものが少なくてもおしゃれは抜かりなく。ミニマリスト流「私らしさ」を叶える美容術

「ミニマリスト」と聞いて、どんなイメージが浮かびますか?必要最低限のものだけを所有する、暮らしも身なりも丁寧でシンプルな人。洗練されたかっこいいライフスタイルだけど、おしゃれとの両立ができるのか気になりますよね。
今回は少ない持ちもので、美容とおしゃれを楽しむコツをご紹介。もの選びの基準やアイテムの使い方など、ミニマリストの端くれである私流の「こだわり」をお話ししていきます。

カテゴリ | コラム
美容ネタ

ミニマリストの私流!美容とおしゃれのこだわり

【メイク編】引き算でナチュラルに

【メイク編】引き算でナチュラルに 出典:ライター撮影画像

あれこれ足さず「引き算」をするのが、ミニマリストの私が持つメイクのこだわり。基本的にチーク・アイライナー・マスカラは使いません。マスクを着ける時間が長くもともと血色もよいため、ベースはクッションファンデのみで仕上げています。

目元もあまり強調させずナチュラルな透明感を第一に。眉尻のみ描き足して目元はシア―な発色のアイシャドウをひと塗り、最後にリップを塗って完了です。

【ファッション編】スタンドネックシャツを定番に

【ファッション編】スタンドネックシャツを定番に 出典:ライター撮影画像

スタンドネックのブラウスやシャツワンピは、私の大好きなスタメン服。とくに、シャキッとハリ感のあるコットン素材のものがお気に入りです。

春秋はシンプルに1枚で着て主役に、夏はTシャツの上から羽織に、冬はニットベストやタートルネックと重ね着を、というようにシーズンを問わず活躍してくれます。ほぼ1年中使えるため、衣替えをせず過ごせることもミニマリストの特権です。

ミニマリスト厳選おすすめ美容アイテム2つ

ETVOSのクッションファンデ

ETVOSのクッションファンデ 出典:ライター撮影画像

【ETVOS(エトヴォス)ミネラルグロウスキンクッション<ライト>】
ETVOSのクッションファンデは、素肌感のあるナチュラルな仕上がりがお気に入りです。気になる肌の赤みや色ムラもさりげなくカバーして、繊細なツヤ肌を演出できます。

クレンジングが不要で、石けんでオフできるのもうれしいポイントです。みずみずしく心地よいテクスチャーで、スキンケアの後はこれ1つでベースメイクをしています。

6,380円(税込) 編集部調べ

THE PUBLIC ORGANICのカラーリップ

THE PUBLIC ORGANICのカラーリップ 出典:ライター撮影画像

【THEPUBLIC ORGANIC(ザパブリックオーガニック)精油カラーリップスティック<バーニングレッド>】
唇の保湿とメイクを1本でこなせる、THE PUBLIC ORGANICのカラーリップ。鮮やかなレッドカラーをしていて、ひと塗りできれいに色づいてくれます。

普通に塗るのとポンポンとスタンプを押すように軽く塗るので、色づき具合を調節できるのも魅力的。ほんのり香るネロリとイランイランの深く濃厚な香りで気分もリフレッシュできます。

712円(税込) 編集部調べ

ミニマムに抜かりないおしゃれを楽しんで

おしゃれをするうえで大切なのは、自分にとって「1番のお気に入り」を持つこと。いくら服やコスメがたくさんあっても、自分に似合わず使いこなせなければ、もったいないです。たとえ1点でも心から「好き」と思えるものを吟味すれば、トレンドに流されない自分だけのおしゃれを楽しめます。

今回の記事を参考に、持ちものの見直しやお気に入りを研究して、ミニマリスト流のおしゃれを楽しんでみませんか?

この記事を書いた人

みやしたさやか

元化粧品販売員、HSP気質のフリーライター。販売員時代に培った知識と自身の実体験を活かし、美容・メンタルヘルス・ライフスタイル分野を中心に執筆活動中。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share