Beauty Topics

手間をかけずに垢抜けたい!センス磨きの即戦力となるおしゃれテクニック

出典:adobestock

手間をかけずに垢抜けたい!センス磨きの即戦力となるおしゃれテクニック

「おしゃれには気を遣っているはずなのに、なぜか垢抜けない...。」「あの人と同じようなコーデをしているのに、自分がするとなんか普通...。」このようなファッションの壁にぶち当たっていませんか?じつはおしゃれ上手さんは、ちょっとしたテクニックで垢抜けコーデを作り出しているのです!今回はおしゃれ大好きのアラサーライターが、プラスαで即センスがアップする自己流のファッションテクニックをご紹介します!

カテゴリ | コラム
美容ネタ
ハウスダストが招く肌トラブルって?詳細はこちら

おしゃれの第一歩は自分に似合うファッションを知ることから

体型に合ったコーディネートを見つける

体型に合ったコーディネートを見つける 出典:adobestock

おしゃれを制するうえで「自分の体型に合ったコーディネートを見つける」ことは、1番大事といっても過言ではありません。じつはこれが意外と難しい...。

わたしは最初、SNSや雑誌で見つけた自分の体型に似た方のコーデをひたすら真似して、似合うファッションの傾向をなんとなく掴んでいくところからスタート。それを繰り返していくうちに自分の体型に似合う服、似合わない服を判断できる力が自然と身につきました。

自分に似合う色と似合わない色を知る

自分に似合う色と似合わない色を知る 出典:adobestock

自分に似合う色と似合わない色をなんとなく把握しておくと、似合うファッションが見つけやすくなります。「色」と聞くとパーソナルカラーを想像する方もいますよね。もちろんパーソナルカラーは似合う色・似合わない色を手軽に知れて便利なのですが、わたしの場合似合うはずのカラーがなぜかしっくりこないときがあります。なので、パーソナルカラーだけでは判断していません。自分が似合うと思ったら、その直感を信じてコーデに取り入れます。

ほかにも友人などに「この色似合う?」と聞いてみるのもわたしがよく使う手法です。

トレンドを追いかけすぎない

トレンドを追いかけすぎない 出典:adobestock

とくに大人になって気をつけているのは、全身をトレンドで固めないことです。全身をトレンドで固めるとどうしても没個性的に見え、自分らしさがなくなってしまうように感じます。

わたしが思うおしゃれとは、自分らしいスタイルをしっかり確立していること。自分らしさを主軸にスパイスを利かせるような感覚でトレンドを取り入れ、コーディネートを楽しんでいます。

いつものコーデがおしゃれに決まる!プラスαテク

シンプルコーデ×アクセサリー

シンプルコーデ×アクセサリー 出典:ライター撮影画像

おしゃれを制するためにわたしが気をつけている3つのことをお話したところで、ここからはわたしが定番でよくおこなっている簡単なおしゃれテクニックを紹介します。誰でもすぐにできるものばかりなので、参考にしてみてくださいね。

定番のTシャツ&デニムコーデ。このTHEシンプルなコーデには、大ぶりのアクセサリーをプラスしてみてください。手軽に身につけられるピアスやリングはファッションを華やかに彩ってくれるので、ここぞというときの便利アイテム。レディライクなアクセサリーが王道カジュアルコーデのアクセントとなって、一気にこなれ感のあるスタイルに仕上げてくれますよ。

今回はゴールドで統一しましたが、クールに仕上げたいときはシルバーアクセサリーを身につけるのもおすすめです。

フェミニンコーデ×キャップ&スニーカー

フェミニンコーデ×キャップ&スニーカー 出典:ライター撮影画像

女性らしいフェミニンなワンピースコーデには、あえてボーイッシュな小物ではずしてみるのがおすすめです。とくに大人の女性は、甘めのコーディネートに苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。わたしもその1人なのですが、このようにキャップとスニーカーではずすと甘めのワンピースも抵抗なく着られます。

カジュアルにフェミニンコーデを楽しみたい方は試してみてください。

BLACKワントーンコーデ×抜け感

BLACKワントーンコーデ×抜け感 出典:ライター撮影画像

重たくなりやすいブラックのワントーンコーデは、肌見せをして抜け感を出すとスッキリまとまりやすくなります。肌見せをするときは、「首元」「手首」「足首」の3箇所のうち2箇所以上を出すのがポイントです。

着痩せ効果のある全身のブラックカラーに、首元と手首の肌見せでスタイルがよく見えるコーディネート。わたしのコンプレックスである下半身の肉付きのよさも、このコーデならカバーできます。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share