Beauty Topics

大人メイクはシンプルさが鍵。ナチュラルな顔に仕上げる基本のテクニックとは?

出典:adobestock

大人メイクはシンプルさが鍵。ナチュラルな顔に仕上げる基本のテクニックとは?

年齢を重ねるにつれて、昔のままのメイクにちょっと違和感…そんな人におすすめなのが大人メイクです。
年齢に応じて肌状態は変わりますし、肌悩みも変わっていきます。年齢に合わせた大人メイクを取り入れることは、あなたの魅力の引き出しを増やしてくれることにつながりますよ。今回は、大人メイクの基本のテクニックをパーツごとに分けてご紹介します!

カテゴリ | アイメイク
How to ナチュラル

【ベースメイク編】ナチュラル大人メイクの基本テクニック

化粧下地でくすみをカバー

化粧下地でくすみをカバー 出典:adobestock

大人メイクで外せないテクニックの1つが、下地やコンシーラーを使いこなすこと。ファンデーションを塗る前の状態で、いかに肌を綺麗に見せられるかを意識してください。そうすることで、ファンデーションを塗る量を少なくでき、ナチュラルな仕上がりになります。

まずは、肌を暗く見せ疲れた印象を与えてしまうくすみを下地でカバー。トーンアップ下地やコントロールカラーを使います。色は血色感をプラスして肌を明るく見せてくれる、ピンクやパープルがおすすめです。

部分的にコンシーラーを使ってアラをなかったことに

部分的にコンシーラーを使ってアラをなかったことに 出典:adobestock

下地で肌のトーンアップをしたら、細かな部分のアラをコンシーラーを使ってカバーしていきます。気になる部分をピンポイントでカバーすることで、ファンデーションの厚塗りを防げますよ。

目の下のくまや濃いシミにはオレンジがおすすめ。目元はよく動く部分なので、崩れにくく密着力のあるコンシーラーを使いましょう。

大人メイクのおすすめはセミマット肌

大人メイクのおすすめはセミマット肌 出典:adobestock

化粧下地とコンシーラーで肌全体を整えたら、ファンデーションをつけていきます。おすすめはセミマットな肌に仕上げること。

セミマット肌は、ツヤ肌とマット肌のよいとこどりをした肌質です。程よいツヤ感を残しながら肌の凹凸はしっかりカバーしているのがポイントで、ナチュラルな大人メイクにぴったりの肌です。

ファンデーションを塗るときのテクニック

ファンデーションを塗るときのテクニック 出典:adobestock

大人メイクはナチュラル仕上げがポイントなので、ファンデーションは薄く塗っていきます。パウダーファンデーションでもリキッドファンデーションでも、最初からたっぷりとらず少量ずつ肌にのせていくのが基本。

方法としては広い面にファンデーションをのせて中心から外側に向かって広げ、細かい部分はスポンジや手に残ったファンデーションを使いましょう。目の周りや口の周りなどよく動く部分は、より薄くを意識して!しっかりカバーするとヨレにつながる原因になるので注意しましょう。

ファンデーションだけでも立体感は作れる

ファンデーションだけでも立体感は作れる 出典:adobestock

ファンデーションを塗る場所を意識すると、顔の立体感が作れます。頬はしっかりカバーして明るさを出し、生え際やフェイスラインは薄くファンデーションをのせる。こうすると、顔の中心が濃く外側に向かって薄くなるので、のっぺり顔を回避できます。

大人メイクのポイントであるナチュラルさを意識しすぎて、ファンデーションをほとんど塗らないのはNG!塗る場所の濃さを意識する方法で、顔にしっかりと立体感を作りましょう。

凹んだ部分にはハイライトをプラス

凹んだ部分にはハイライトをプラス 出典:adobestock

よりツヤ感が欲しい人は、ハイライトを活用しましょう。ハイライトは光を集めて明るさをプラスし、のせた部分に高さを出してくれるアイテムです。頬の高い部分にのせることで、さらに高く見せられるだけでなく、肌にハリ感をプラスできます。

さらに、凹んで暗く見えがちなほうれい線部分にハイライトを入れれば、光の効果でほうれい線が目立ちにくくなりますよ。

アイブロウもナチュラル見えがコツ!

アイブロウもナチュラル見えがコツ! 出典:adobestock

眉毛は整えすぎず、自然な自眉感があるのが大人メイクのポイントです。のっぺり眉にならないよう、毛並みを活かして立体感のある眉毛を作りましょう。

ナチュラルな眉毛を描く方法としては、眉頭から眉尻に向かって色が濃くなるようにすること。眉尻から毛のない部分を埋めていくイメージで描き足していくと、自然と眉尻が濃く仕上がります。眉毛を描いた後はスクリューブラシでとかし、形を整えていきましょう。

眉マスカラで綺麗な眉をキープ!

眉マスカラで綺麗な眉をキープ! 出典:adobestock

せっかく上手に描いた眉毛も、1日が終わるまでに落ちて消えてしまっては、だらしがない印象に。眉毛を描いた後に、眉マスカラで綺麗な状態をキープしましょう。つけすぎると眉毛の立体感が失われてしまうので、眉頭から眉尻に向かってさっとひと撫でする程度でOK!

眉マスカラを使う場合は髪の色と合わせ、全体で見たときに浮かないカラーを選ぶのが基本です。また、透明タイプを使えば描いた眉毛の色を邪魔することなく、綺麗な状態を保てます。

【アイメイク編】ナチュラル大人メイクの基本テクニック

大人メイクのアイシャドウカラー選びのポイントは?

大人メイクのアイシャドウカラー選びのポイントは? 出典:adobestock

大人メイクではアイシャドウのカラーは、ナチュラル見えするものを選ぶのが基本!肌なじみのよいベージュカラーは1つ持っておくと、オフィスでもプライベートでも使えて便利です。

中でも、透け感があるものや上品さをまとえるツヤ感のあるものを選ぶとアイメイクが濃くなりすぎず、目元をすっきりとバランスよく仕上げられます。

ラメ入りを使うならラメが細かいものを!

ラメ入りを使うならラメが細かいものを! 出典:adobestock

ラメ入りアイシャドウを使うなら、ラメが細かいタイプを選びましょう。ラメが大きいタイプは華やかなシーンにはぴったりですが、大人メイクのナチュラルなイメージには不釣り合い。

光が当たるとラメがほのかにきらめくくらいに留めておくことで、おしゃれさもあるナチュラルな目元に仕上がります。

マスカラは長さ重視のアイテムを使う

マスカラは長さ重視のアイテムを使う 出典:adobestock

ボリュームたっぷりのマスカラで何度も重ね塗りをしてまつげの存在感を際立たせるアイメイクは、大人メイクには残念ながら合いません。

大人メイクで目力を出す方法としては、ロングタイプのマスカラで長さをプラスすること。目元に繊細さと抜け感を出し、ナチュラルでも意思をしっかり持った目元が作れます。さらにカールキープ力があるものであれば、まつげがへたらず綺麗な目元を維持できますよ。

マスカラの色は、黒か黒っぽく見えるものを

マスカラの色は、黒か黒っぽく見えるものを 出典:adobestock

アイシャドウを肌なじみのよいカラーにしているため、マスカラはブラウンのような柔らかい色よりも、黒やグレーなど暗さのあるカラーがおすすめ。まつげのボリュームではなく、カラーで目元に強さを表現します。

カラーマスカラを使うなら、パープルがおすすめ。くすみがかったパープルや、ブラウンが混ざったパープルなどを使うことでまつげの色となじみやすく、カラーマスカラなのにきちんと見えが叶うので大人メイクにぴったりです。

アイラインは細めにスッといれること

アイラインは細めにスッといれること 出典:adobestock

アイラインを太く入れてしまうと、せっかくの抜け感のあるアイメイクを台無しにしてしまうため、細めにスッと引いてぼかすだけでOK。

また、まつげの隙間を埋めるインサイドラインはしっかり入れましょう。インサイドラインを入れることで目元が引き締まり、アイラインを濃く引かなくても目力のある目元に仕上がりますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share