Beauty Topics

《川口春奈さん風》になるメイク方法!パーツごとのポイントと使用アイテムとは?

出典:adobestock

《川口春奈さん風》になるメイク方法!パーツごとのポイントと使用アイテムとは?

大河ドラマ「麒麟がくる」やNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」など、数多くのドラマで活躍している女優・川口春奈さん。派手に着飾らないナチュラルな可愛らしさが魅力的な彼女に、憧れを抱いている女性も多いのではないでしょうか?
今回はそんな川口春奈さんに少しでも近づけるよう、川口春奈さん風メイクの特徴やパーツ別メイク方法を紹介します。ぜひ川口春奈さん風メイク方法を取り入れて、ナチュラル美人を目指してみてください。

カテゴリ | アイメイク
How to 応用編

【アイシャドウ編】川口春奈さん風メイク方法

目の形は幅狭めの末広二重

目の形は幅狭めの末広二重 出典:adobestock

まぶたの形が一重や幅広の平行二重だという人は、残念ながら彼女の目元に似せるには限度があります。川口春奈さん風アイメイクの完成度をぐっと上げるために、アイプチを使用してまぶたの形を川口春奈さんに似せましょう。

川口春奈さんの目元は目頭から目尻にかけて幅が広くなる末広型で、二重幅はあまり広いほうではありません。笑ったときに目尻にのみ二重のラインが見える程度が理想なので、二重幅は欲張りすぎないことがポイントです。

アイシャドウはくすみオレンジがおすすめ

アイシャドウはくすみオレンジがおすすめ 出典:ライター撮影画像

川口春奈さん風アイメイクはオレンジアイシャドウの使用がおすすめですが、原色のオレンジは派手な印象を与えがち。ナチュラルで大人っぽいアイメイクに仕上げるために、落ち着いたトーンのダスティーオレンジを使用しましょう。

また、ブラウンアイシャドウで陰影をプラスすると、川口春奈さんのようにくっきりとした目鼻立ちに近づけます。オレンジアイシャドウをまぶた全体にふんわりとぼかし、締め色を目のキワに入れる方法がおすすめです。

ラメは控えめにしてナチュラルに

ラメは控えめにしてナチュラルに 出典:adobestock

川口春奈さん風アイメイクはナチュラルに仕上げたいので、ラメやメタリックなど派手な質感のアイシャドウは控えるのが無難です。マットやシマーな質感のアイシャドウを使用して、ほんのりと血色のよい彫り深アイを演出しましょう。

マットな質感のアイシャドウはヌーディーな仕上がりとなり、落ち着いた雰囲気の目元に仕上がります。パールを含むシマーな質感のアイシャドウはツヤっぽい仕上がりとなり、上品でエレガントなイメージに近づけるでしょう。

目頭は「くの字」にハイライトを仕込もう

目頭は「くの字」にハイライトを仕込もう 出典:adobestock

目頭部分にハイライトを入れるメイク方法は、肌をツヤっぽく見せて透明感を演出する効果が期待できます。さらに、ハイライトが目元に光を集めてくれるため、川口春奈さんのようなフレッシュで明るい印象を与えられるでしょう。

ハイライトは鼻筋やCゾーンに使用したものでも構いませんが、アイシャドウパレットのハイライトカラーがおすすめ。目頭は細かい部分なのでハイライトを付けすぎないよう、小回りが利く細めのブラシで少量のみ塗布してください。

涙袋を強調して可愛らしい目元に

涙袋を強調して可愛らしい目元に 出典:ライター撮影画像

川口春奈さんは二重幅が狭い末広二重にもかかわらず、ぱっちりとした可愛らしい目元が印象的ですよね。川口春奈さんの目元が大きく見える理由は、笑ったときにぷっくりと浮き出る涙袋がひとつの理由だと考えられます。

ダブルライナーやアイブロウペンシルを使用して、不自然にならない程度に涙袋の影を書くとよいでしょう。涙袋にラメを使用するとナチュラルさに欠けるため、ハイライトやシマーアイシャドウでぷっくり感を演出してください。

【まつ毛・アイライン編】川口春奈さん風メイク方法

マスカラはボリュームよりもロング重視

マスカラはボリュームよりもロング重視 出典:adobestock

川口春奈さんのまつ毛はボリュームよりも長さ重視なので、繊細なまつ毛を演出できるロングマスカラを使用しましょう。繊維が配合されたロングマスカラであれば、まつ毛1本1本の長さがより強調されるためおすすめです。

また、マスカラを塗布する前にマスカラ下地を使用すると、ロング効果だけでなくカールキープ効果も期待できます。仕上げにまつ毛をコームでとかすとダマができにくく、まるで自まつ毛が長いかのように演出できるでしょう。

まつ毛は上げ過ぎないで自然なカール

まつ毛は上げ過ぎないで自然なカール 出典:adobestock

川口春奈さんは二重幅が狭めの末広二重なので、まつ毛を根元からカールさせると二重幅が潰れがち。狭い二重幅を最大限に活かすためには、あえてまつ毛を上げ過ぎないメイク方法がおすすめです。

川口春奈さん自身の公式YouTubeチャンネルでは、ホットビューラーを使用したメイク方法を紹介しています。通常のビューラーを使用する場合はビューラーを一定の力加減で握り、3~4回ほどに分けて滑らせるようにまつ毛を挟んでください。

ブラウンマスカラで自然な抜け感をプラス

ブラウンマスカラで自然な抜け感をプラス 出典:ライター撮影画像

ブラックマスカラは目力を強調できる人気アイテムですが、川口春奈さん風メイクではナチュラルな抜け感がポイント。川口春奈さんのように自然な垢抜けアイを演出するためには、ブラウンのマスカラを使用しましょう。

また、パーソナルカラーがイエベ秋である川口春奈さんは、ブラックよりもブラウンのほうが肌馴染み抜群。とくに低明度・低彩度な色味を得意とするため、ダークブラウンやテラコッタのマスカラで大人の抜け感をプラスしましょう。

アイラインはブラウン系がおすすめ

アイラインはブラウン系がおすすめ 出典:ライター撮影画像

ブラウンマスカラをおすすめする理由と同一の理由により、アイラインもブラックよりブラウンを推奨します。ブラウンはブラックよりも肌馴染みがよいので、川口春奈さんのようにナチュラルな抜け感を演出できるでしょう。

ただし、しっかりと目力を強調させたいときはブラックアイライナーを使用するなど、シーンによって使い分ける方法もおすすめ。ブラックのアイラインを引くときはブラックマスカラを使用して、メイクに統一感を持たせるとよいでしょう。

目の丸みに沿ったナチュラルアイライン

目の丸みに沿ったナチュラルアイライン 出典:adobestock

川口春奈さんは綺麗なアーモンドアイの持ち主で、大人っぽく切れ長な目元がとても魅力的ですよね。自身のアーモンドアイを活かすためにアイラインは極力ナチュラルにしており、目の形に沿って一定の太さでアイラインを引いています。また、目尻の延長ラインも大げさに書くことはなく、基本的に目の形に沿って2~3ミリ流す程度。

目の横幅が短い人の場合、同じメイク方法では物足りなさを感じるため、目尻のアイラインは気持ち長めに引きましょう。

二重幅を潰さないような極細ライン

二重幅を潰さないような極細ライン 出典:adobestock

川口春奈さんは二重幅が狭い末広二重なので、二重幅を潰さないような極細アイラインに仕上げましょう。

まつ毛の生え際を埋めるような方法でアイラインを引くことにより、まつ毛の量を多く見せる効果が期待できます。また、高密着で落ちにくいジェルアイライナーを使用して、上まぶたの粘膜にインラインを引いてください。そうすることによって、二重幅を潰すことなく目力を強調できるうえ、やりすぎ感のないナチュラルな目元に仕上がります。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share