Beauty Topics

イエベさんに似合うピンクメイク方法!パーツ別のポイントを押さえてチャレンジしてみよう

出典:adobestock

イエベさんに似合うピンクメイク方法!パーツ別のポイントを押さえてチャレンジしてみよう

華やかで大人女子にも人気の「ピンクメイク」。パーソナルカラーがイエベだと似合わないと思っていませんか?イエベさんでも、ちょっとしたコツさえつかめば素敵なピンクメイクを楽しめます。
今回は、イエベさんにぴったりのピンクメイクについて徹底的に解説。パーソナルカラーの診断方法からイエベ春・秋それぞれに似合うピンク色の特徴、ベース・アイメイク・チーク・リップの部分別のメイクテクなどをご紹介していきます。

カテゴリ | アイメイク
How to

【ベース編】イエベに似合うピンクメイク術

ピンク系の化粧下地で土台を整える

ピンク系の化粧下地で土台を整える 出典:adobestock

イエベさんに似合うピンクメイクに仕上げるコツは、ベースメイクの土台作りにあります。ベースメイクの最初に、血色感を与えて明るい印象の肌に見せられるピンク系の下地を使ってみましょう。

パーソナルカラーイエベタイプは、ピンク色のチークやリップを使うと肌がくすんで見えやすい特徴があります。ピンク系の下地を仕込んでおけば肌のトーンを整えられるため、後から重ねるポイントメイクコスメの色も美しく映えてくれますよ。

ブルーやラベンダー系の下地も要チェック

ブルーやラベンダー系の下地も要チェック 出典:adobestock

ベースメイクに使う下地は、ピンク系以外に「ブルー」や「ラベンダー」などもおすすめです。ブルー系には黄みや赤みを補正して整える役割が、ラベンダー系にはくすみを払拭して透明感のある肌に見せる役割があります。

どちらもイエベさん特有のくすんで見えがちな肌を整えて、明るい印象に見せられるカラーです。透明感のあるベース肌作りができるため、青みを帯びたピンクコスメをポイント使いしたいときにもぜひ使ってみてください。

仕上げにフェイスパウダーをふんわりのせる

仕上げにフェイスパウダーをふんわりのせる 出典:ライター撮影画像

カラー下地とファンデーションで整えたら、パフやブラシでフェイスパウダーをふんわりのせてベースメイクを仕上げましょう。フェイスパウダーには、大きく「ツヤ」と「マット」2タイプの仕上がりがあります。

イエベ春さんは、もともとツヤ感のある肌質の方が多いため、同じくツヤ系のフェイスパウダーと相性がよいです。一方イエベ秋さんは、マットで落ち着きのある肌をしている場合が多いので、セミマット〜マット系のフェイスパウダーを選んでみてください。

【アイメイク編】イエベに似合うピンクメイク術

定番のグラデーションで大人っぽく

定番のグラデーションで大人っぽく 出典:ライター撮影画像

大人女子に似合う上品なアイメイクを楽しみたいイエベさんは、ピンク色で王道の横割りグラデーションにチャレンジしてみましょう。

  • 1.アイホールに淡いピンク色を入れる。
  • 2.(1)の半分の幅にメインのピンク色を入れる。
  • 3.まつ毛のキワにダーク系ピンクを入れ、3色を軽く指でぼかす。

(1)のカラーは、微細なパールが入ったくすみ系カラーがおすすめです。控えめな発色ですが、絶妙なツヤ感のある大人っぽい印象のグラデーションを作れます。

ベースに淡いピンクを仕込む

ベースに淡いピンクを仕込む 出典:ライター撮影画像

ピンクをさりげなくアイメイクに取り入れたいイエベさんは、アイメイクのベースに仕込むのがおすすめです。アイホールよりもひとまわり広く、ピンクベージュやゴールドピンクなどのベースカラーをのせてみましょう。

シンプルで主張が控えめなアイメイクですが、ほのかな血色感とみずみずしく濡れたような質感を演出できます。アイラインを引いて単色で仕上げるのはもちろん、ブラウンやゴールドなどを重ねてグラデーションにアレンジもできますよ。

涙袋にのせてふんわりやさしい目元に

涙袋にのせてふんわりやさしい目元に 出典:ライター撮影画像

ピンク色を使うアイメイクが初めてのイエベさんには、アイシャドウのポイント使いがマストです。涙袋全体に、パール入りのツヤ系カラーをのせてみましょう。暖かみのある、ほんわかやさしいアイメイクに仕上げられます。

涙袋は上まぶたと比べて面積が小さく、多少濃いめに入れても主張が強くなりすぎません。ナチュラルにピンク色を取り入れたい方や、上まぶたやアイラインを好みの色で仕上げたい方にもぴったりなアイメイクです。

目尻に細く入れてアイライン風に

目尻に細く入れてアイライン風に 出典:ライター撮影画像

個性派アイメイクが好きなイエベさんは、ピンクアイシャドウをアイライン風に使ってみるのもよいでしょう。黒目の外側から目尻を5mmほどオーバーするように細く入れて、アイラインのように見せます。

目尻へピンポイントで使うことで、さりげないアクセントが光るアイメイクに仕上げられるのです。マットな質感や青みピンクなどの色を使うのもおすすめ。使う範囲がとても小さいため、鮮やかな色でもイエベさんの肌から浮かずになじんでくれます。

マスカラはブラウン系をチョイス

マスカラはブラウン系をチョイス 出典:ライター撮影画像

マスカラは、ピンク色と相性がよいブラウン系のものがうってつけです。ブラックよりも穏やかな色づきで目元の印象をやわらかく見せ、アイシャドウの色味を引き立ててくれます。

マスカラは仕上がりの印象によっていくつか種類がありますが、ピンクメイクに使うのはカールを保って長いまつ毛に見せられる「ロングマスカラ」がおすすめです。ボリュームマスカラと比べてけばけばしく見えず、ナチュラルにぱっちり目を演出できます。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share