Beauty Topics

時短で楽ちん!タイプ別のおすすめ拭き取りクレンジング10選とその使い方

出典:adobestock

時短で楽ちん!タイプ別のおすすめ拭き取りクレンジング10選とその使い方

水がなくてもサッとメイクが落とせる拭き取りクレンジングは、仕事や趣味で忙しい大人女子には人気のアイテムです。しかし「肌への負担が気になる」と感じている人も多いことでしょう。
そこで今回は、肌に負担をかけない拭き取りクレンジングの使い方や、口コミで人気の拭き取りクレンジングをまとめてご紹介します。自分に合ったクレンジングを探している人は、ぜひチェックしてください!

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ クレンジング
INDEX

拭き取りクレンジングのメリットとデメリットとは?

【メリット1】時短でメイクオフできる

【メリット1】時短でメイクオフできる 出典:adobestock

拭き取りクレンジングの最大のメリットとは、拭き取るだけで手軽にメイクを落とせることです。仕事で疲れて帰宅したとき、メイクを落とさずそのまま眠ってしまいたいと思うこともありますよね。しかしメイクをしたまま寝てしまうと、毛穴にメイクが詰まって肌荒れを引き起こします。

そんなときに便利なのが、拭き取りクレンジングです。ベッドやソファーの上でも数分でメイクオフできるので、疲れているときも負担なく使えます。

【メリット2】どこでもメイクオフできる

【メリット2】どこでもメイクオフできる 出典:adobestock

拭き取りクレンジングは、場所を選ばずにメイクオフできることが魅力です。水やぬるま湯で洗い流す必要がないアイテムが多いので、車や飛行機の中でも手軽に使えます。ティッシュやコットンさえあればよいので、使い方や後処理も簡単です。

また、拭き取りクレンジングはコンパクトなアイテムが多いので、持ち運びがしやすいメリットもあります。旅行や出張用にもおすすめのアイテムです。

【メリット3】まつエクをしていても使える

【メリット3】まつエクをしていても使える 出典:adobestock

まつエクをしている場合は、自まつ毛とまつエクを接着させるグルーに影響のない、オイルフリーのクレンジングを使うことが大切です。拭き取りクレンジングはオイルフリーのアイテムが一般的なので、まつエクをしていても使用できます。

ただし、拭き取りクレンジングでまつエクをしているまつ毛をこするのはNGなので、目元のメイクだけを拭き取るように使いましょう。

【メリット4】プチプラで大容量のアイテムが多い

【メリット4】プチプラで大容量のアイテムが多い 出典:adobestock

拭き取りクレンジングは、オイルクレンジングやミルククレンジングと比較するとプチプラで購入できるアイテムがたくさんあります。とくにシートタイプのクレンジングは500円以下で購入できるアイテムもあるので、コスパ重視でクレンジングを選びたい人にはおすすめです。

また、ウォータータイプは大容量サイズが多いので、バシャバシャと惜しみなく使えます。記事の後半ではプチプラの拭き取りクレンジングも紹介しているので、ぜひチェックしてください。

【デメリット1】肌に摩擦を与える

【デメリット1】肌に摩擦を与える 出典:adobestock

拭き取りクレンジングのデメリットは、肌へ摩擦を与えてしまうことです。拭き取りタイプの場合、シートやコットンで拭き取りメイクオフしているので、摩擦は避けられません。

肌への摩擦は、バリア機能の低下やシミ、シワなどのあらゆる肌トラブルにつながります。拭き取りクレンジングを使うことで摩擦によるダメージを与えてしまうため、頻繁に使うことはあまりおすすめできません。

【デメリット2】肌がつっぱりやすい

【デメリット2】肌がつっぱりやすい 出典:adobestock

拭き取りクレンジングは、オイルクレンジングやミルククレンジングと比較すると保湿力は劣ります。肌がつっぱりやすいことも、拭き取りクレンジングのデメリットです。乾燥肌の人は、使い方に注意をしましょう。

拭き取りクレンジングでメイクを落とした後は、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムで保湿をすることが重要です。疲れているときは面倒に感じるかもしれませんが、明日の肌のためにも保湿をする手間は惜しまないようにしましょう。

肌への負担が軽減!拭き取りクレンジングのおすすめの使い方

コットンにたっぷり含ませる

コットンにたっぷり含ませる 出典:adobestock

拭き取りクレンジングの使い方で重要なポイントは、摩擦を軽減させるためにクレンジングをたっぷり使うことです。クレンジングの量が少ないと、摩擦が大きくなります。そのため、クレンジングウォーターを使う場合は、コットンがひたひたになるくらいたっぷり使いましょう。

クレンジングクリームの場合も同様で、クリームを多めに取ってコットンに厚みを持たせてから、やさしく滑らせるようになじませてください。クレンジングをたっぷり使うことが、摩擦を軽減させるコツです。

こすらずやさしく拭き取る

こすらずやさしく拭き取る 出典:adobestock

拭き取りクレンジングでメイクを落とすときは、しっかりと落ちるようにゴシゴシこすってしまいがちですが、過度な摩擦を与えるのはNGです。クレンジングがコットンに染み込んでいれば余計な力を入れなくても拭き取れるので、やさしく滑らせるように落としていきましょう。

アイメイクなどの濃いパーツにはコットンパックのように押し当てると、こすらずに落とせます。数回拭き取り、コットンにメイク汚れが付かなくなったら完了です。

クレンジング後は化粧水や乳液で保湿する

クレンジング後は化粧水や乳液で保湿する 出典:adobestock

拭き取りクレンジングでメイクオフした後は、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムでしっかりと保湿をしましょう。

拭き取りクレンジングの中には保湿力をアピールしているアイテムもありますが、それだけでは不十分なことがあります。放っておくと次の日に肌が乾燥してしまうこともあるので、クレンジング後は化粧水や乳液でいつも通りのスキンケアをしてください。

毎日の使用は控える

毎日の使用は控える 出典:adobestock

拭き取りクレンジングは使い方が簡単なので普段使いしたくなりますが、肌への負担を考えると毎日の使用はおすすめできません。

拭き取りクレンジングは肌に摩擦を与えることに加え、皮脂や毛穴汚れが十分に落とせないデメリットがあります。そのため、普段はオイルクレンジングやミルククレンジングなどの洗い流し専用のクレンジングを使用し、時間がないときだけ拭き取りクレンジングで代用する使い方がおすすめです。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share