Beauty Topics

【プレ化粧水】とは?役割や正しい使い方をチェックして健康的な肌を目指そう

出典:adobestock

【プレ化粧水】とは?役割や正しい使い方をチェックして健康的な肌を目指そう

みなさんは、毎日のスキンケアにプレ化粧水を使っていますか?「いまいちメリットがわからなくて使っていない」という人も多いことでしょう。
そこで今回は、プレ化粧水の役割や正しい使い方をご紹介します。後半では人気のプレ化粧水もご紹介していくので、これからプレ化粧水を取り入れようと思っている人は参考にしてくださいね!

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ 化粧水
INDEX

プレ化粧水とは?化粧水との違いをチェック

プレ化粧水の役割とは?

プレ化粧水の役割とは? 出典:adobestock

プレ化粧水とは一般的な化粧水の前に使うアイテムで、次に使う化粧水や美容液の浸透※を高める役割があります。

洗顔後の肌は水分や皮脂が取り除かれてゴワゴワした状態なので、そのまま化粧水を付けても十分になじみません。プレ化粧水で肌をやわらかい状態に戻すことで、次に使う化粧水がしっかりとなじむようになります。「洗顔後に肌がごわつく」と感じる人は、スキンケアにプレ化粧水をプラスしましょう。

※角質層まで

プレ化粧水と一般的な化粧水の違いとは?

プレ化粧水と一般的な化粧水の違いとは? 出典:adobestock

プレ化粧水と一般的な化粧水は混同されがちですが、それぞれの役割は異なります。プレ化粧水は、ごわついた肌をやわらかく整えて、次に使う化粧水の浸透※を高めるアイテムです。タイプによっては古い角質を除去する役割も担っています。

一般的な化粧水は、水分や美容成分を肌に与えることが役割です。プレ化粧水と化粧水をセットで使うことで、潤いに満ちた健康的な肌に近付きます。

※角質層まで

プレ化粧水とブースターの違いとは?

プレ化粧水とブースターの違いとは? 出典:adobestock

プレ化粧水は、ブースターや導入液などさまざまな呼び方がありますが、役割に大きな違いはありません。呼び方はメーカーによって異なるので、名称の違いはあまり気にしなくて大丈夫です。

ただし、拭き取り化粧水はコットンに化粧水を染み込ませて、やさしく拭き取る使い方を推奨しています。拭き取り化粧水を使うときは、コットンとセットで使うようにしましょう。

プレ化粧水を毎日のスキンケアに取り入れるメリットとは

【メリット1】次に使う化粧水の浸透を高める

【メリット1】次に使う化粧水の浸透を高める 出典:adobestock

プレ化粧水を使用する大きなメリットは、肌をやわらかく整えて次に使う化粧水の浸透※を高められることです。高価な化粧水や美容液を使用しても、肌になじまなければ十分な効果は得られません。化粧水や美容液を効果的に使うためにも、プレ化粧水を付ける一手間が重要になってきます。

「お気に入りの化粧水をもっと効果的に使いたい」という人は、ぜひプレ化粧水を取り入れてみてください。

※角質層まで

【メリット2】古い角質を除去する

【メリット2】古い角質を除去する 出典:adobestock

プレ化粧水をコットンにたっぷり含ませて、やさしく拭き取ることで古い角質をオフできます。古い角質が蓄積すると、くすみやニキビなどのさまざまな肌トラブルにつながるので、余分な角質を取り除くことは美肌への近道です。

角質を取り除くアイテムにはピーリングやスクラブなどもありますが、プレ化粧水はそうしたアイテムよりも肌への負担が少ないことも大きなメリットといえます。

【メリット3】メイクのりがアップする

【メリット3】メイクのりがアップする 出典:adobestock

プレ化粧水はメイク前に使うことで、化粧崩れを予防できます。ファンデーションは、肌が乾燥している状態では綺麗にのりません。プレ化粧水で保湿して肌をやわらかくすることで、ファンデーションがしっかりと肌に密着するようになります。

また、プレ化粧水は外出先でのメイク直しのときにも便利です。プレ化粧水を付けた後にファンデーションを塗り直すことで、綺麗にお直しができますよ。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share