Beauty Topics

【自宅で簡単に運動】室内でできるおすすめダイエット方法5つ。継続させるコツも確認!

出典:adobestock

【自宅で簡単に運動】室内でできるおすすめダイエット方法5つ。継続させるコツも確認!

ダイエットのために自宅で運動をはじめる方は多いですが、どのようなエクササイズ方法がよいか迷ってしまうことはありませんか?とくに、初心者の方は急にキツイ運動にチャレンジすると身体を痛めてしまうことも。
この記事では、室内でできるおすすめの有酸素運動や簡単な筋トレ方法をご紹介します。ダイエットを継続できるコツや注意点を押さえて、憧れのスリムボディを目指しましょう。

カテゴリ | ボディケア
How to ダイエット

室内で運動をするときの注意点

注意点(1)目的に合わせた回数&負荷で運動する

注意点(1)目的に合わせた回数&負荷で運動する 出典:adobestock

ダイエット目的で運動するときのポイント

  • ・有酸素運動は1日20〜30分間で週3回程度行う
  • ・筋トレは1種目15〜20回を3セットで週2〜3回行う
  • ・運動中は呼吸を止めない
  • ・運動前後でストレッチする
  • ・こまめに水分補給する

室内でダイエット目的の運動をする場合は、きちんと効果を出すためにも回数や基本的な知識を押さえておきましょう。

とくに筋トレは負荷が軽いと感じたら、回数を増やしたり重りを付けたりと調節してください。楽々こなせる場合はボディメイクとして不十分なため、ダイエット目的で運動するときは自分のレベルに合わせて行いましょう。

注意点(2)キレイに痩せるために、生活習慣も気を付けて

注意点(2)キレイに痩せるために、生活習慣も気を付けて 出典:adobestock

室内でできる運動を取り入れて本気のダイエットをするなら、生活習慣を見直すことも大切。スポーツ選手が徹底した生活習慣をおくるように、運動だけで身体を変えるのは難しいといわれています。

キーポイントは、バランスのよい食生活と良質な睡眠です。室内での運動を始めるにあたって、これらの生活習慣を変えることで理想的なダイエットに近づけましょう。

ダイエットを継続するためにはこんなコツがあった!

ダイエットが続かない【3つの原因】

ダイエットが続かない【3つの原因】 出典:adobestock

ダイエットが続かない原因3つ

  • ・結果を急ぎすぎている
  • ・目標が漠然としている
  • ・我慢やストレスが多い

ダイエットの語源は「食事療法」や「生活習慣」といわれています。つまり、ダイエットとは短期的に行うものではなく、日常を見直し長期スパンで整えることが大切なのです。長期的にできるダイエットでなければ継続できず、結果を得られないばかりかリバウンドの可能性も。

上記の3つの原因を踏まえて、ダイエットを計画することが成功のポイントです。

自宅でのダイエットを継続させる簡単なコツとは?

長期的なダイエットスケジュールを立てる

長期的なダイエットスケジュールを立てる 出典:adobestock

ダイエットの計画を立てる際は、最終目標がどうあれ月に落とす体重は5%までがおすすめです。つまり、体重50kgの女性が落としてよいのは月2.5kgまで。それ以上一気に体重を落とすとリバウンドしやすく、無理なやり方でストレスを抱え継続できなくなってしまうこともあります。

結婚式やイベントなどに合わせてダイエットを試みる方は、余裕を持ってスケジュールを立ててくださいね。

毎日体重をはかり現状把握する

毎日体重をはかり現状把握する 出典:adobestock

ダイエットはすぐに結果が出るものではないため、ゴールと現在地を明確にすることが大切です。そのために最も手軽な方法が毎日体重をはかること。もちろん体重がすべてではありませんが、ゴールの体重と現在の体重を常に把握すると、ムダに食べてしまいそうになったときの抑止力にもなります。

体重よりもボディラインを整えたい方は、パーツごとにメジャーで測ったり写真を撮って定期的に見比べたりする方法もおすすめです。

運動が楽しくなる要素をプラスする

運動が楽しくなる要素をプラスする 出典:adobestock

自宅でのダイエットを継続させるためには、楽しく取り組める工夫も必要です。簡単な方法は、好きな音楽を聴きながら運動すること。気分が上がりストレスの軽減にもなるでしょう。

ほかにもおしゃれで可愛いウエアを着たり、最新のダイエットグッズを試してみたりするのも◎。友達と一緒にダイエットをはじめて、結果をシェアする方法もおすすめですよ。

簡単に継続できる「ながらエクササイズ」をご紹介

(1)歯磨きをしながらスクワット

(1)歯磨きをしながらスクワット 出典:adobestock

毎日行う生活習慣に運動を組み合わせる「ながらエクササイズ」は、忙しい女性にもおすすめ。歯磨きをしているときにできる運動は、下半身や腹筋を刺激するスクワットです。歯ブラシは1回3〜5分程度の短時間ですが、実践してみると十分下半身に効かせられます。

「忙しい」を理由にダイエットをやめてしまうことがないように、このような手軽な運動もダイエットメニューに取り入れましょう。

(2)テレビを見ながら腹筋

(2)テレビを見ながら腹筋 出典:adobestock

室内でテレビを見ている時間を有効活用して、腹筋を行うのもおすすめです。CMの度に毎回腹筋をすると、1時間番組を見ながらおおよそ15分間は運動できることになります。忙しい合間でダイエットをするなら、こうした小さな積み重ねが大切。

動きながら見るとテレビに集中できないという方は、下腹を引っ込めるように意識して座ってみてくださいね。

室内でも筋トレはできる!簡単エクササイズで運動を習慣に

今回は、ダイエットにおすすめの室内でできる運動や自宅でのダイエットを継続させるコツ、注意点を解説しました。なるべく簡単な有酸素運動や筋トレ方法をご紹介しているので、運動が苦手な方も少ない回数からトライしてみてください。

ダイエットを成功させたい方、いつまでもスマートな体型を維持したい方は、この機会に自分に合った運動を習慣化しましょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share