Beauty Topics

人気の洗い流さないトリートメント10選!より浸透する使い方やタイプ別の選び方

出典:adobestock

人気の洗い流さないトリートメント10選!より浸透する使い方やタイプ別の選び方

気軽に使える人気のアウトバス用品、「洗い流さないトリートメント」。数多くのブランドから販売されていますが、その役割や種類、商品の選び方や使い方を正しく知っていますか?
商品選びでお悩みの方に向けて、今回はプチプラや口コミで人気の商品などおすすめの洗い流さないトリートメント10選をご紹介。さらに、自分に合う商品を見つける選び方のコツや美髪を叶える正しい使い方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | ヘアケア
How to おすすめ トリートメント
INDEX

洗い流さないトリートメントとは?ヘアケアに人気の理由

洗い流さないトリートメントの役割

洗い流さないトリートメントの役割 出典:adobestock

洗い流さないトリートメントとは、お風呂上がりの髪に使うアウトバス用のヘアケアアイテムです。保湿成分や保護成分、補修成分などを配合しており、髪にうるおいを与えたり傷んだ髪のダメージを補修したりしてしなやかな髪に整えます。

ドライヤーやアイロンの熱、紫外線などの乾燥ダメージから髪を保護する役割も担っていますよ。配合成分やテクスチャー、つけた後の仕上がりは商品によって異なるので、髪のお悩みや好みに合わせた選び方が大切です。

人気の理由はヘアケアを簡単に格上げできること

人気の理由はヘアケアを簡単に格上げできること 出典:adobestock

洗い流さないトリートメントが人気の理由は、手軽に髪の保湿やダメージケアができることです。シャンプーやトリートメントをすべて一新するのは大変ですが、洗い流さないトリートメントであれば手に取りやすく、簡単にヘアケアをワンランクアップできます。

また、オイルやスプレーなどさまざまなテクスチャーから、髪質やお悩みに合わせた選び方ができることも魅力です。しっとり系からサラサラ系まで、自分のなりたい仕上がりを目指せます。

【タイプ別】洗い流さないトリートメントの選び方

選び方(1)テクスチャー

オイルタイプ

オイルタイプ 出典:adobestock

オイル状の洗い流さないトリートメントは髪の表面をコーティングしてうるおいを保ち、熱や乾燥から髪を保護する役割を担います。比較的重めの使用感のものが多く、髪に自然なツヤを与えてまとまりやすい質感に整えられることが魅力。

乾燥して広がりやすい方や、太く硬い毛質でボリュームが出やすい方におすすめです。つけすぎるとベタベタしてシャンプーが泡立ちにくくなるので、髪の長さに合わせて少しずつつけるようにしましょう。

ミルク・クリームタイプ

ミルク・クリームタイプ 出典:adobestock

ミルクやクリーム状の洗い流さないトリートメントは、乾燥による髪のパサつきや傷みが気になる方に人気です。ダメージ補修成分が配合されているアイテムが多く、髪内部へ浸透しうるおいを与えてくれます。

ミルクタイプはほどよくみずみずしい感触で、軟毛の方も使いやすいのが特徴です。クリームタイプはミルクよりも油分が多くやや重めの使用感なので、髪が広がりやすい方や硬い毛質の方におすすめですよ。

スプレータイプ

スプレータイプ 出典:adobestock

スプレー式の洗い流さないトリートメントは、髪の芯まで素早くなじんでうるおいを与えてくれます。製品中の水分が占める割合が多く、みずみずしい使用感でサラッとナチュラルな髪に仕上げやすいことが魅力です。オイルやミルクの濃厚なつけ心地が苦手な方や、ペタンコに見えやすいソフトな軟毛の方におすすめですよ。

このように洗い流さないトリートメントは、テクスチャーの種類によってつけ心地や使用感が大きく異なります。自分に合うタイプを見つけるために、選び方のポイントとして覚えておきましょう。

選び方(2)配合成分

選び方(2)配合成分 出典:adobestock

自分の悩みに合う成分が入っているかを知ることも、洗い流さないトリートメントの選び方で大切です。紫外線や乾燥による髪の水分不足が気になる方は、保湿成分を多く配合しているものを選びましょう。

枝毛や切れ毛などのダメージが悩みであれば、髪内部に浸透する補修成分入りがおすすめです。ほかにも、熱から髪を守る保護成分や手触りをなめらかに整えるヘアコンディショニング成分など、配合成分の種類や役割は幅広いので、自分の髪の状態や求める仕上がりをイメージしながら選んでくださいね。

選び方(3)価格帯

選び方(3)価格帯 出典:adobestock

洗い流さないトリートメントは、価格にも注目して選びましょう。ドラッグストアなどで購入できるプチプラのものから、リッチな価格帯の人気ブランドのものまで幅広い種類があります。

洗い流さないトリートメントはデイリーケアアイテムなので、継続して使いやすいかどうかを視野に入れた選び方をすると、毎日心地よいヘアケアを続けられますよ。テクスチャーや配合成分などとあわせて、コスパよく使える価格であるかどうかチェックしてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share