Beauty Topics

【デカ目メイク講座】アイテム別のやり方のコツをマスターしてぱっちり印象に◎

出典:adobestock

【デカ目メイク講座】アイテム別のやり方のコツをマスターしてぱっちり印象に◎

ぱちっとした目に憧れて、アイメイクに力を入れている人も多いのではないでしょうか。ですが、一歩やり方を間違えると、厚化粧に見えて残念な仕上がりに…。
そこで今回は、ナチュラル見えながらデカ目を叶えるアイメイクの基本的なやり方を徹底レクチャーします。目のタイプ別のデカ目メイクのコツもご紹介していますので、今日からぱちっとした目元を手に入れたい人は参考にしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to アイテム別

デカ目から遠のいちゃうNGメイクの特徴

囲みアイシャドウ

囲みアイシャドウ 出典:adobestock

濃い色のアイシャドウで目の周りを囲んだ「囲みメイク」は、デカ目とは逆効果。強調させられますが、大きく見せるどころかかえって小さく見えてしまうのです。

デカ目メイクではベージュやブラウンのようなやわらかな色味を使い、アイホールに向かってグラデーションになるように塗るのが基本。下まぶたも全体に濃い色味を塗るのではなく目尻の1/3の部分にのみ塗り、自然に仕上げましょう。

極太アイライン

極太アイライン 出典:adobestock

太く引かれたアイラインも目の大きさを強調はできますが、大きくは見せられません。とくに二重の人が太く引いてしまうと二重幅が潰れてしまい、小さく見えてしまうのです。

アイラインは、まつげの間を埋めるように引いた隠しラインと、リキッドを使って目尻のみに引いたラインで自然に仕上げましょう。

大人デカ目メイクで周りを惹きつける色っぽい目元に

今どきのデカ目メイクはただ全体を濃く仕上げただけのメイクではなく、ナチュラルに仕上げるのが基本。そのため、作り込むところと抜くところのバランスが大事になります。アイシャドウやマスカラ、アイラインのメイクを工夫することで大きく見せ、色味で抜け感を作るのがポイント。このポイントさえ押さえられれば、簡単にナチュラルなデカ目メイクが作れますよ。

今回の記事でコツを掴んで、やりすぎ感のない自然なメイクに仕上げてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share