Beauty Topics

【30代必見】おすすめの化粧水10選!自分の肌悩みにぴったりな1つを選ぼう

出典:adobestock

【30代必見】おすすめの化粧水10選!自分の肌悩みにぴったりな1つを選ぼう

30代になるとシミやハリ不足など、20代のときには感じなかった肌悩みに直面することがありますよね。そんなときはスキンケアの基本ともいえる、化粧水から見直してみてはいかがでしょうか?
本記事では30代向けの化粧水をプチプラ・デパコス別にご紹介します。また、化粧水の選び方のポイントや正しい化粧水の使い方もご紹介するので、年齢に合わせたスキンケアをしたい人はぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ デパコス プチプラ 化粧水
INDEX

あなたはどのタイプ?30代が陥りやすい肌トラブル

30代は乾燥を感じやすい

30代は乾燥を感じやすい 出典:adobestock

30代になってから肌の乾燥を頻繁に感じるようになった人も多いのではないでしょうか?その原因は、加齢により肌のうるおいを保持する保湿因子が減少しているからです。

肌のうるおいを守る保湿因子は、皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質の3つがあげられます。それらが減少すると、角層の水分量が減少して乾燥をはじめとするあらゆる肌トラブルの原因につながるので、保湿因子を補うためにも30代を迎えたら水分と油分をバランスよく補給するスキンケアが大切です。

30代になってからシミが気になり始めた

30代になってからシミが気になり始めた 出典:adobestock

20代の頃は気にならなかったシミが、30代になって目立ち始めてきた人も多いのではないでしょうか?シミができる主な原因は、紫外線を浴びることで生成されるメラニンです。

10~20代のうちはメラニンが生成されても、ターンオーバーによりきちんと排出されていました。しかし、30代になると排出機能が低下するため、メラニンが肌に蓄積してシミが現れます。シミは一度できてしまうとなかなか取れないので、30代を迎えたらシミ対策を始めましょう。

30代になってから肌がくすんで見える

30代になってから肌がくすんで見える 出典:adobestock

肌がくすんで見える主な原因は、ターンオーバーが正常に行われていないことがあげられます。一般的に理想的なターンオーバーの周期は28日です。しかし、年齢を重ねることでターンオーバーの周期が遅くなり、肌のくすみが目立つようになります。

とくに20~30代はターンオーバーの周期が大きく変化する時期なので、ターンオーバーを促すためにも古い角質を取り除くケアが必要です。30代を迎えたら、日々のスキンケアに角質ケアアイテムを取り入れてみてもよいですね。

30代になって毛穴悩みが増えた

30代になって毛穴悩みが増えた 出典:adobestock

30代は毛穴の開きやたるみなど、あらゆる毛穴トラブルが起こりやすくなります。そうした毛穴悩みは、コラーゲンの減少によるハリ不足が主な原因です。

肌の真皮に存在するコラーゲンが減少すると、ハリが低下して毛穴のたるみや開きが目立つようになります。毛穴のたるみを放置すると、毛穴同士がくっついて帯状になることもあるので早めのケアが必要です。20代の頃よりも毛穴が目立ってきたと感じる人は、ハリ対策ができる化粧水を選びましょう。

ここに注目!30代向けの化粧水の選び方

【選び方1】高保湿タイプでうるおいを与える

【選び方1】高保湿タイプでうるおいを与える 出典:adobestock

30代を迎えると肌の乾燥が起こりやすくなるので、化粧水の選び方で迷ったときは保湿成分が豊富に含まれているタイプを選びましょう。とくにセラミドやヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分が含まれているタイプは乾燥肌におすすめです。

また、化粧水はとろみのあるタイプの方が保湿力が高いと思われがちですが、実はテクスチャーによる保湿力の違いはありません。サラッとしたタイプでも高保湿の化粧水はたくさんあるので、テクスチャーの選び方は自分の好みに合わせて大丈夫です。

【選び方2】日焼けによるシミを予防する

【選び方2】日焼けによるシミを予防する 出典:adobestock

30代はメラニンの排出機能が低下するため、シミが目立ちやすくなります。シミのない若々しい肌をキープするためにも、選び方で迷ったときはシミ対策ができるかという点もチェックしましょう。

日焼けによるシミを予防する成分には、メラニンの生成を抑制するタイプやシミを作る酵素の働きを抑えるタイプ、メラニンの排出を促すタイプなど、さまざまなタイプがあります。代表的な有効成分はトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・アルブチンですが、肌質によって相性があるので口コミだけに左右されず自分の肌に合った選び方をしましょう。

【選び方3】エイジングケアをスタート

【選び方3】エイジングケアをスタート 出典:adobestock

肌の不調が現れ始める30代は、エイジングケア※を始めるにはぴったりの時期です。しわやシミはできてしまってからではなかなか消せないので、早めの予防を心がけましょう。

エイジングケア※化粧水には、保湿成分が豊富に含まれているタイプやハリ対策ができるタイプなど、さまざまなタイプがあります。市販のスキンケアアイテムでもエイジングケア※シリーズは数多く発売されているので、年齢による肌の不調が気になったときは試してみてください。

※年齢に応じたお手入れ

【選び方4】肌が荒れやすい場合は敏感肌向けがおすすめ

【選び方4】肌が荒れやすい場合は敏感肌向けがおすすめ 出典:adobestock

30代になってから化粧品で肌が荒れやすくなったと感じることはありませんか?それはバリア機能が低下して、肌が敏感になっていることが原因と考えられます。肌に余計な刺激を与えないためにも、相性の悪い成分を把握して避けるような選び方をすることが大切です。

選び方で迷ったときは、アルコールや香料が含まれていない敏感肌向けのシリーズを選ぶこともおすすめ。また、30代の方には敏感肌向けのシリーズの中でも、保湿ケアに力を入れているアイテムが相性抜群です。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share