Beauty Topics

おすすめのプチプラクッションファンデーション10選。落ちにくい人気アイテムはこれ!

出典:adobestock

おすすめのプチプラクッションファンデーション10選。落ちにくい人気アイテムはこれ!

肌にポンポンとのせるだけで、簡単にベースメイクが完成するクッションファンデーション。手軽に使えることや仕上がりのよさから人気が高いアイテムですが、たくさんありすぎてどれがよいか迷いませんか?
今回は、プチプラに限定して口コミでも人気のおすすめクッションファンデーション10選を紹介します。自分の肌に合うアイテムの選び方や、今更聞けない基本の使い方まで解説するので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | ベースメイク
How to おすすめ プチプラ ファンデ
INDEX

【口コミでも人気】クッションファンデーションの魅力とは?

そもそもクッションファンデーションとは?

そもそもクッションファンデーションとは? 出典:adobestock

クッションファンデーションとは、美容の発信地韓国で生まれたベースメイクアイテムです。リキッドファンデーションを染み込ませたスポンジがコンパクトに入っており、それをパフでとってポンポンと肌にのせるだけで、手を汚さずにベースメイクが完成する優秀アイテム。

パウダーファンデーションのような簡単に使える手軽さと、リキッドファンデーションのようなツヤのあるなめらかな仕上がり、どちらのよさも持ち合わせています。

ポンポンのせるだけで美肌を作れる手軽さが魅力

ポンポンのせるだけで美肌を作れる手軽さが魅力 出典:adobestock

クッションファンデーションは、肌にポンポンとのせるだけで簡単に美肌を作れるところが魅力。テクニックがなくても塗りムラのないつるんとしたきれいな肌に仕上がるので、メイク初心者さんでも使いやすいでしょう。

また、化粧下地効果・美容液効果・UVカット効果・コンシーラー効果など、複数の役割を兼ね備えていて、手を汚さずパパッと使えるので朝のメイクを時短したい方にもおすすめです。

カバー力が高いのにナチュラルな仕上がりで崩れにくい

カバー力が高いのにナチュラルな仕上がりで崩れにくい 出典:adobestock

クッションファンデーションは、カバー力の高さも魅力の1つ。ひと塗りで気になるシミや毛穴をサッと隠してくれるので、ベースメイクが厚ぼったくならず、自然な素肌感は残ったままナチュラルにきれいな仕上がりが実現します。

また、汗や皮脂に強く落ちにくいアイテムが多いので、メイク崩れが気になる方にもおすすめ。最近は、マスクにつきにくいタイプのクッションファンデーションも多いので、マスク着用時のメイクにも向いています。

みずみずしい使用感でメイクしながら乾燥防止も

みずみずしい使用感でメイクしながら乾燥防止も 出典:adobestock

クッションファンデーションは水分量が多く、みずみずしい使用感も魅力的なポイント。ヒアルロン酸などの保湿成分や植物オイルなどの美容成分が配合されているものも多く、肌にうるおいを与え乾燥を防いでくれるでしょう。

また、肌にのせたときもしっとりしているので、メイク中のカサつきが気になる女性にもおすすめです。

メイク直しの際にも大活躍

メイク直しの際にも大活躍 出典:adobestock

クッションファンデーションは、日中のメイク直しに便利な点も魅力の1つ。崩れたところを軽くティッシュオフして汗や皮脂を吸いとったら、その上からポンポンとクッションファンデーションを少量ずつ重ねればOKです。

これだけで、手間をかけなくても簡単にナチュラルな美肌が復活します。また、コンパクトケースは持ち運びしやすいので、ポーチに入れておくとどんなときにも利用しやすいでしょう。

プチプラでも優秀なアイテムがたくさんある

プチプラでも優秀なアイテムがたくさんある 出典:adobestock

クッションファンデーションは、プチプラでも優秀なアイテムが多いことも特徴。「プチプラだときれいにつかなかったり、崩れやすかったりしないの?」と疑問に思うかもしれませんが、そんなことはありません。

手にとりやすい価格ながら、クッションファンデーションのよさを余すことなく搭載した、機能性の高いアイテムがたくさんあります。とくにクッションファンデーションを初めて使う場合は、プチプラで使用感を試してみるとよいでしょう。

自分の肌に合うプチプラクッションファンデーションの選び方

選び方(1)カバー力に注目する

選び方(1)カバー力に注目する 出典:adobestock

プチプラクッションファンデーションの選び方1つ目は、カバー力に注目すること。プチプラクッションファンデーションには、素肌感を残してナチュラルにカバーするタイプと、ニキビ跡やシミなどの気になる肌トラブルをしっかりカバーできるタイプがあります。

薄づきタイプは自然な仕上がりが魅力ですが、カバー力が物足りないからと重ねづけすると厚塗りになりメイク崩れの原因になることも。肌悩みが多い場合は、カバー力の高さに注目した選び方がおすすめです。

選び方(2)マットやツヤなど仕上がりの好みを考える

選び方(2)マットやツヤなど仕上がりの好みを考える 出典:adobestock

プチプラクッションファンデーションの選び方2つ目は、「ツヤ肌」や「マット肌」など仕上がりの好みを考えること。ツヤ肌は、みずみずしくうるおいを感じられるのが魅力ですが、仕上がり時に肌の凹凸が目立ちやすいです。

マット肌は、すべすべしたやわらかな仕上がりで凹凸が目立ちにくいものの、パサついた印象を与え老け見えしてしまうことも。ツヤとマットの中間にあたる「セミマット」仕上がりもあるので、好みの仕上がりで選んでみてくださいね。

選び方(3)使うシーンを考える

選び方(3)使うシーンを考える 出典:adobestock

プチプラクッションファンデーションの選び方3つ目は、どんなシーンで使うのかを考えること。たとえば、夏場長時間外にいるときはウォータープルーフタイプかつ、UV数値が高いものを選ぶのがベストです。

一方、自宅にいるときや買い物などで少し外出するときに使うのなら、スキンケア効果※が期待できるプチプラクッションファンデーションを選べば、肌への負担を最小限にできるでしょう。

※保湿成分などによるもの

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share