Beauty Topics

【高発色な目元に】人気のアイシャドウベース10選!種類や使うメリットもチェック

出典:adobestock

【高発色な目元に】人気のアイシャドウベース10選!種類や使うメリットもチェック

アイシャドウベースは、アイメイクの最初に仕込むことでアイシャドウの発色や持ちをよくしたり、目元を魅力的に演出したりするのはもちろん、クマなどの悩みカバーにも役立ちます。
今回は、プチプラとデパコスにわけて口コミでも人気のおすすめアイシャドウベース10選を紹介。あわせて、「アイシャドウベースとは?」「どんな種類があるの?」といった基本的な疑問から選び方のコツや使い方まで解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

INDEX

アイシャドウベースとは?まずは使うメリットをチェック

メリット(1)アイシャドウの発色がよくなる

メリット(1)アイシャドウの発色がよくなる 出典:adobestock

アイシャドウベースとはその名の通りアイメイク前に使うベースアイテムで、最大のメリットはアイシャドウの発色がよくなること。アイシャドウベースを事前に塗ることで、まぶたの色味が均一に整い、アイシャドウ本来の発色をそのまま再現できます。

とくに、目元はクマやくすみなどで顔の中でも疲れた印象が出やすい部分。悩みがあるままメイクをするよりも、アイシャドウベースでクマやくすみをカバーしてからメイクすることで、まぶた全体が明るく見えます。

メリット(2)アイシャドウの持ちがよくなり崩れにくくなる

メリット(2)アイシャドウの持ちがよくなり崩れにくくなる 出典:adobestock

アイシャドウベースを使うメリットの2つ目は、アイシャドウの持ちがよくなりアイメイクが崩れにくくなることです。まぶたは日中絶えず動いているほか、涙が出たりこすったりしてアイメイクのヨレや崩れが目立ちやすい部分。

アイシャドウベースを使えば仕上がりの美しさがキープされ、アイメイクが崩れにくくなります。また、アイシャドウがピタッとまぶたに密着するため、夕方になっても下まぶたに色移りやラメ落ちしないこともメリットの1つです。

アイシャドウベースの種類は3つ!使いやすいタイプを見つけよう

種類(1)クリームタイプはアイシャドウベース初心者向き

種類(1)クリームタイプはアイシャドウベース初心者向き 出典:adobestock

アイシャドウベースの種類は、クリームタイプ・リキッドタイプ・パウダータイプの3つが一般的。クリームタイプは、伸びがよくテクスチャーがやわらかいことが特徴です。

テクニックいらずでまぶたにサッとなじむので時間がない朝に重宝するほか、アイシャドウベースデビューの方が使いやすいのもメリットでしょう。また、しっとりとしたなめらかな使用感なので、カサつきにくく目元の乾燥が気になる方にもぴったりです。

種類(2)リキッドタイプはアイシャドウの持ちのよさが抜群

種類(2)リキッドタイプはアイシャドウの持ちのよさが抜群 出典:adobestock

リキッドのアイシャドウベースはまぶたにしっかりと密着し、メイク持ちがよいことが魅力。とくにウォータープルーフタイプなら、汗や皮脂が出やすい夏場でもアイシャドウが崩れず、長時間きれいな仕上がりをキープできるのが大きなメリットです。

また、二重の溝にアイシャドウが溜まりやすい方も、リキッドタイプを使ってみるのがおすすめ。ただし、密着力が高い分まぶたへの負担も大きくなるので、目元に刺激を感じやすい方は注意してください。

種類(3)パウダータイプは自然な仕上がりが魅力

種類(3)パウダータイプは自然な仕上がりが魅力 出典:adobestock

パウダータイプは、軽い使用感でナチュラルな目元に仕上げたいときにおすすめです。アイシャドウを塗る感覚で簡単にまぶたにのせられるので、デイリー使いしやすい点がメリット。

また、ふんわりとしたやわらかいテクスチャーでまぶたへの負担が少なく、敏感肌の方に向いています。クリームタイプやリキッドタイプに比べややメイク落ちしやすいですが、あまり濃いアイメイクをしない方はパウダータイプでも十分でしょう。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share