Beauty Topics

メイクしたまま寝ると大変なことに!肌への影響や翌朝すぐにできるケア方法5つとは?

出典:adobestock

メイクしたまま寝ると大変なことに!肌への影響や翌朝すぐにできるケア方法5つとは?

帰宅時間が遅く疲れているときに「メイクをしたまま寝てしまった…」という経験をした女性もいるのではないでしょうか。メイクオフは、洗顔やスキンケアまでをセットでする必要があるので、一刻も早く寝たいときには面倒ですよね。しかし、メイクをしたまま寝ると肌に大きな負担がかかります。
当記事では、メイクをしたまま寝た際の肌への影響や、翌朝にするべき5つのスキンケア方法を解説。おすすめの肌ケアアイテムも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カテゴリ | スキンケア
How to おすすめ

メイクをしたまま寝ることに関連するよくある疑問

メイクをしたまま昼寝をするのはダメ?

メイクをしたまま昼寝をするのはダメ? 出典:adobestock

「メイクをしたまま寝るのはダメというけれど、日中の昼寝はどうなの?」と疑問に思う方もいるでしょう。結論として、1〜2時間程度の昼寝ならメイクをしたままでも問題はありません。メイクをしたまま寝るのがすべてダメなのではなく、長時間肌の上にメイクがのったままの状態がよくないのです。

ただし、メイクをしたまま昼寝をすると、起きたときにメイクが崩れたり寝具にファンデーションがついたりすることがあるので、その点には注意が必要といえるでしょう。

メイクではなく日焼け止めでも塗ったまま寝るのはNG?

メイクではなく日焼け止めでも塗ったまま寝るのはNG? 出典:adobestock

日焼け止めしか使っていない場合でも塗ったまま寝るのはNGなので、必ず落としてから就寝しましょう。とくに、ウォータープルーフタイプなど密着力が高く専用クレンジングが必要な日焼け止めを使っている場合、そのまま寝ると肌へ大きな負担がかかりトラブルにつながる可能性も。

もし、日焼け止めを塗ったまま寝てしまった場合は、メイクをしたまま寝た日と同様、丁寧なクレンジングと保湿を徹底しましょう。

メイクをしたまま寝てしまったら翌朝のケアを徹底しよう

メイクをしたまま寝ると肌に悪い影響があると分かっていても、疲れていると寝てしまうこともありますよね。そんなときは、翌朝のケアを徹底することが大切。また、メイクをしたまま寝る日が頻繁にあるようなら、使っているアイテムを見直してみるのも1つの方法です。

自分が負担なくメイクオフできるものをチョイスして、その日のうちにきちんと汚れを落とせる環境を整えてくださいね。

この記事を書いた人

RAXY Style 編集部

RAXY Style編集部がセレクトした旬のコスメやメイクのHow to情報をお届けします。いつもより輝けるキレイのヒントをお届けてしていきます★

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る

share