Beauty Topics

鼻筋がない方は要チェック!メイクやマッサージなど自力で解消できる方法をレクチャー

出典:adobestock

鼻筋がない方は要チェック!メイクやマッサージなど自力で解消できる方法をレクチャー

顔の中央にある鼻は目に留まりやすいため、悩みを抱えやすいパーツです。とくに日本人に多いのが「鼻筋がなく鼻が低く見える」という悩み。ですが、このような悩みを抱えながらも「骨格の問題だから美容整形でしか解消できない」とあきらめている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、自力でできるメイクやマッサージで鼻を高く見せる方法をご紹介します。今日からすぐに実践できる簡単なものばかりなので、手軽にスーッと鼻筋の通った綺麗な鼻に近づきたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

INDEX

「鼻筋がない」とはどういう状態のこと?特徴や印象は?

鼻筋がないとはどのような鼻のこと?

鼻筋がないとはどのような鼻のこと? 出典:adobestock

鼻の形は人によって違いがありますが、大きくいくつかの種類に分けられます。なかでも日本人に多いといわれているのが「鼻筋がない」鼻の形です。では、鼻筋がないとはどのような鼻のことをいうのでしょうか?

鼻筋と呼ばれる場所は、鼻の付け根から鼻先までのラインを指します。つまり、「鼻の付け根部分に高さがない」もしくは「鼻全体が横に広く鼻筋を隠してしまっている」状態のことを指すのが特徴です。

なぜ鼻筋がないの?日本人に多い原因とは?

なぜ鼻筋がないの?日本人に多い原因とは? 出典:adobestock

鼻筋がない鼻の形は日本人に多いといわれています。明確な原因は分かってはいませんが、大きな理由として挙げられるのが日本の「気候」です。日本の夏は高温多湿で、汗での体温調節が難しいのが特徴。その代わり、外の空気をたくさん取り込んで体温調節がしやすいように鼻腔を大きく進化させ、鼻が低くなったといわれています。

また、その他にも日本人のもともと持つ骨格の特徴だけではなく、頬のたるみやむくみなどの後天的な理由でも鼻筋がないように見える場合もあるのです。

鼻筋がない人とある人の印象の違いは?

鼻筋がない人とある人の印象の違いは? 出典:adobestock

鼻筋がない人とある人を比べたときに、顔の印象はどのように変わるのでしょうか?鼻筋がない人は鼻が低く立体的に感じにくいため、平坦な顔に見えるのが特徴です。一方で鼻筋がある人は鼻に高さがあり立体感があるように見えるので、ハッキリとした顔立ちに見えます。

鼻は顔の中心にあるパーツなので、高さや大きさ、形の違いで顔の印象が大きく変わるのです。

美鼻といわれる鼻の条件

美鼻といわれる鼻の条件 出典:adobestock

では、一般的にいわれる「美鼻」とはどのような鼻を指すのでしょうか?
美鼻と呼ばれる鼻の形の条件は以下のとおりです。

  • ・高さのある鼻
  • ・鼻先、口元、顎先を結んだEラインよりも口元が収まっている
  • ・横から鼻を見たときに鼻筋が一直線、もしくはカタカナの「ノ」の字のようなカーブを描いている
  • ・鼻の横幅がスリム
  • ・正面から見て鼻の穴が見えない

美鼻といわれる鼻の形には「高さのある鼻」というのが条件にあります。また、高さだけではなく、鼻の横幅や鼻の穴の向きなども条件にあるのが特徴です。

鼻筋がない方が抱えやすい悩みとは?

なぜ鼻筋がないことに悩みを抱えている方は多いの?

なぜ鼻筋がないことに悩みを抱えている方は多いの? 出典:adobestock

先程も説明しましたが、美鼻の特徴として「高さのある鼻」というのが条件にあります。そのため、鼻筋がなく低い鼻に見えてしまうことに対して、容貌の悩みを抱えている方は多いようです。

それでは、具体的にどのような印象に見られやすく、どのような部分に悩みを抱えている方が多いのでしょうか?具体的に詳しく解説していきます。

抱えやすい悩み1|顔に立体感がなくのっぺりとして見られる

抱えやすい悩み1|顔に立体感がなくのっぺりとして見られる 出典:adobestock

鼻筋が全くない鼻の形は、顔を正面からパッと見たときに鼻が低く見えてしまいます。そのため、顔全体に立体感がなくのっぺりと見えやすいのが特徴です。

日本人は外国人のような目鼻立ちがハッキリとした立体感のある顔立ちに憧れを持つ方が多い傾向にあります。鼻筋がないと陰影が出にくく目鼻立ちがぼんやりとしやすいため、立体感のない顔立ちに悩みを抱えている方が多いようです。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る