Beauty Topics

簡単に真似できる!【橋本環奈さん風】になれるパーツ別メイク方法&コツをチェック

出典:adobestock

簡単に真似できる!【橋本環奈さん風】になれるパーツ別メイク方法&コツをチェック

千年に1人の美少女としてブレイクし、多くのドラマや映画に出演ている橋本環奈さん。女性人気も高く、ピュアでキュートなルックスに憧れを持つ方がたくさんいます。
そこで今回は、そんな橋本環奈さんに近づけるメイク方法をパーツごとに徹底レクチャー。特別なアイテムは必要なく、手持ちの愛用コスメですぐに実践できる方法ばかりを紹介しているので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | アイメイク
How to トレンド
INDEX

橋本環奈に近づくメイク方法の5つのポイント

橋本環奈が女性からも人気のひみつ

橋本環奈が女性からも人気のひみつ 出典:adobestock

ドラマや映画に大活躍の橋本環奈さん。「1000年に1人の美少女」といわれたアイドル時代から時を経て、キュートさを残しつつも大人の色気もプラスされた、より素敵な女性へとアップデートされています。女性人気が高く、誰からも愛されるようなかわいらしい顔立ちになりたいと憧れを持つ方も多いほど。

そんな橋本環奈さんの顔の特徴は、以下の5つです。

  • ・透明感のあるマシュマロ肌
  • ・クリッとした丸い目元
  • ・ふんわりした質感のナチュラル眉毛
  • ・内側からにじみ出るような血色のよい頬
  • ・ぷるんとしたうるおいのある唇

この5つのポイントをメイクでしっかり押さえられると、誰もが憧れるあの愛くるしい顔にグッと近づけます。

メイクポイント1|透明感のあるマシュマロ肌

メイクポイント1|透明感のあるマシュマロ肌 出典:adobestock

橋本環奈さんは、色白でふんわりしたやわらかそうな肌が特徴。マシュマロのようなソフトな肌の質感が、守ってあげたくなる愛らしい雰囲気を醸し出しています。

また、透明感のある肌も橋本環奈さんのピュアさを引き出すひみつ。透き通るような白い肌は決して作り込むのではなく、自然と引き立てるように仕上げるのがポイントです。

メイクポイント2|クリッとした丸い目元

メイクポイント2|クリッとした丸い目元 出典:adobestock

クリッとした丸みがある目元は、橋本環奈さんのチャームポイント。黒目が大きくうるうるした目元で、小動物のようなかわいらしさを連想します。

また、橋本環奈さんは目元の形だけではなく、瞳の色も印象的。色素の薄い茶色い瞳は、肌の白さとも相まって透明感のある儚い雰囲気を底上げしています。

メイクポイント3|ふんわりした質感のナチュラル眉毛

メイクポイント3|ふんわりした質感のナチュラル眉毛 出典:adobestock

橋本環奈さんは、自眉を活かした自然な眉毛が印象的。ふんわり感のある自然な眉毛で、毛流れが際立っています。

眉毛の形は、ゆるやかなカーブを描く平行眉。眉尻が少し下がっており、丸みがある目元に合ったやわらかさのある眉毛の形をしています。また、太すぎず細すぎずとても自然体です。

メイクポイント4|内側からにじみ出るような血色のよい頬

メイクポイント4|内側からにじみ出るような血色のよい頬 出典:adobestock

橋本環奈さんのかわいらしさは、丸みがある頬にもあります。内側からにじみ出るような自然な血色感があり、ふっくらした赤ちゃんのような頬をしているのが特徴です。

数々の写真を見てみると、橋本環奈さんはピンク系のチークを入れていることが多い印象。ピュアな雰囲気を底上げするベビーピンクのやわらかい色味のチークで、肌の白さと透明感が際立っています。

メイクポイント5|ぷるんとしたうるおいのある唇

メイクポイント5|ぷるんとしたうるおいのある唇 出典:adobestock

橋本環奈さんのうるおいのあるぷるんとした唇は、とても魅力的。リップメイクを見てみると、マットな質感というよりは、ツヤっぽい質感に仕上げていることが多いようです。また、カラーもパキッとした濃い発色のリップではなく、肌なじみのよいコーラルピンクのようなナチュラルなカラーを使っている印象が強くあります。

ほんのりピンク色のツヤツヤな唇は、橋本環奈さんのキュートなイメージと相性抜群です。

愛らしい印象になる!橋本環奈風メイク方法|ベース

ベースメイク1|透明感を出す土台作りが重要

ベースメイク1|透明感を出す土台作りが重要 出典:adobestock

橋本環奈さんといえば、透き通るような肌。ファンデーションで整えたというよりは、素肌から透明感があるようなナチュラルさを持っているのが特徴です。そのため、ベースメイクはファンデーションですべてをカバーするのではなく、土台から整えていくのがポイント。トーンアップ機能のある化粧下地やコントロールカラーを使い、内側から透明感を引き出しましょう。

トーンアップ下地やコントロールカラーは、肌悩みによって自分に合ったアイテムをセレクトしてください。とくにくすみや赤みなどの色ムラが気にならない場合は、ピンクやラベンダーなどの下地で全体的に血色感や透明感を足すのもおすすめです。

ベースメイク2|薄付きなBBクリームでナチュラル肌に

ベースメイク2|薄付きなBBクリームでナチュラル肌に 出典:adobestock

橋本環奈さんのような透明感のある白い肌を手に入れるには、ベースメイクの厚塗りは厳禁。薄膜で仕上がるようなファンデーション、もしくは比較的ライトに仕上がるBBクリームで軽く肌を整える程度でOKです。

また、塗る量も気をつけてほしいポイント。しっかりカバーしたいからとたくさんの量を使うのは避け、顔の中央部分だけにファンデーションやBBクリームを付けるようなイメージで極力薄付きを心がけてください。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る