Beauty Topics

クッションファンデーションに「下地」っている?必要な理由と上手な使い方を教えます!

出典:adobestock

クッションファンデーションに「下地」っている?必要な理由と上手な使い方を教えます!

若者から大人まで幅広く人気を集めるクッションファンデーション。しかし、クッションファンデーションには化粧下地の機能も含まれているアイテムが多いため、使うときに下地を塗るべきか迷う方も多いのではないでしょうか?
今回は、クッションファンデーションに化粧下地が必要かどうかと、下地を塗るときのクッションファンデーションの使い方を徹底解説。あわせて下地を塗らないときのクッションファンデーションの使い方も紹介しているので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | ベースメイク
How to ファンデ

クッションファンデーションに下地を使うときの注意点

スキンケアが肌になじんでから下地を塗る

スキンケアが肌になじんでから下地を塗る 出典:adobestock

化粧下地で崩れにくい対策をしていても間違った使い方をしていると、逆に仕上がりがきれいにならなかったり崩れやすくなったりと、残念な結果になってしまいます。

ありがちなのが、スキンケア後にすぐ下地を塗ってしまうこと。ベタベタしている肌の上に塗り重ねてしまうと、崩れやヨレの原因になります。スキンケアをしたあとは、少し時間を置いて化粧水や乳液が肌になじんでからメイクを重ねましょう。時間がないときは、軽くティッシュオフして、肌表面のベタベタを取った状態で化粧下地を塗ってください。

たくさんの量を塗りすぎない

たくさんの量を塗りすぎない 出典:adobestock

化粧下地はたくさん塗ればよいというわけではありません。つけすぎてしまうと厚塗りになり、ヨレや崩れの原因になります。崩れにくいきれいなベースメイクを作るためには、適量を守ることが大切です。

なかには毛穴や色ムラをカバーするために、複数の化粧下地を使いたい方も多いでしょう。ですが、重ね塗りのし過ぎも厚塗りの原因になるので、すべてのアイテムを全顔に使うのではなく、隠したい部分だけにポイント使いすると◎。

下地を使わない場合のクッションファンデーションの使い方

スキンケアでしっかり保湿しておく

スキンケアでしっかり保湿しておく 出典:adobestock

メイク前のスキンケアは必須。とくに化粧下地を使わない場合は、クッションファンデーションとの密着力を高めるため、うるおいのある肌に整えておきましょう。

メイク前のスキンケアは、軽めに済ませたいからと化粧水だけで終わらせるのはNG。化粧水と乳液で水分と油分の両方を肌に与えてください。乾燥がひどい方は化粧下地を使わないぶん油分が不足しがちなので、乳液の代わりにクリームを使うなど工夫をすると肌が乾きにくくなります。

クッションファンデーションを少量ずつ塗り広げる

クッションファンデーションを少量ずつ塗り広げる 出典:adobestock

化粧下地を使っていないと、クッションファンデーションだけでカバーしなければならないため厚塗りになりがち。厚塗りは顔がのっぺりと見え、ヨレや崩れの原因になってしまいます。化粧下地なしでクッションファンデーションを使うときは、一気にたくさんの量をのせるのではなく少量を薄く塗り広げ、気になる一部分にだけ重ね付けしましょう。

重ね付けするときは、ピンポイントで塗りやすいコンシーラーブラシなどで塗ると、カバー力が高まり仕上がりもきれいです。

テカリやすい部分はフェイスパウダーでおさえる

テカリやすい部分はフェイスパウダーでおさえる 出典:adobestock

クッションファンデーション単品で仕上げる場合は、下地を塗ったときよりも崩れやすいため、最後にフェイスパウダーでおさえておきましょう。顔全体にのせたほうがキープ力は高まりますが、乾燥しやすい方やツヤっぽさを残したい方は、Tゾーンなどのテカリやすい部分だけでもOKです。

パウダーをのせるときは、パフでたっぷりのせてしまうと厚ぼったく見え、のっぺりした印象を与えます。パウダーがふんわりとのる大きめのブラシを使い、薄いベールをかけるように自然に仕上げましょう。

クッションファンデーションに下地を使って崩れないきれいな肌に

クッションファンデーションには、化粧下地の機能を含んでいるものが多くあります。そのため、単品でも使えるアイテム。ですが、あえて下地を使用することでより仕上がりがよくなり、化粧持ちもアップします。見た目の美しさや崩れにくさを重視するなら、クッションファンデーションを使う際も下地を塗るのがおすすめです。

ぜひ、今回ご紹介した化粧下地やクッションファンデーションの使い方を参考にして、理想の肌に仕上げてくださいね。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る