Beauty Topics

《骨格ストレート》食事改善ダイエット!栄養素のバランスで意識するポイントは?

出典:adobestock

《骨格ストレート》食事改善ダイエット!栄養素のバランスで意識するポイントは?

メリハリのある体型が特徴の骨格ストレートは、女性らしいボディラインが魅力。しかし、太ると目立つ部分に脂肪が付くため「体重増加が見た目に出やすい」と悩む方も多いのではないでしょうか。そんな骨格ストレートは、食事改善を中心としたダイエットを取り入れることで、効率よく理想の体に近づけます。
そこで今回は、骨格ストレート向けの食事改善方法を徹底解説。無理なく続けるためのコツや、食事改善にプラスしてほしいダイエット方法などもご紹介しているので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | ボディケア
How to ダイエット 骨格系
INDEX

まずは骨格ストレートタイプの特徴をチェック!

特徴1|メリハリのあるグラマラスな体型

特徴1|メリハリのあるグラマラスな体型 出典:adobestock

骨格ストレートは、立体的なメリハリのあるボディラインが特徴。全体的に肉感があり、グラマラスな体型をしています。そのため、痩せても丸みのある女性らしいシルエットが失われにくく、貧相な印象を与えません。

また、骨格ストレートは胸から腰までの距離が短く、ウエストにくびれができにくいタイプ。ですが、そのぶん重心が高いので、足が長くスラッとして見えます。

特徴2|筋肉が付きやすく上半身に厚みがある

特徴2|筋肉が付きやすく上半身に厚みがある 出典:adobestock

骨格ストレートは、ナチュラルやウェーブに比べ、筋肉が付きやすいタイプ。そのため、自分に合った筋トレ方法をおこなえば、結果が出やすいのが特徴です。しかし、筋肉が付きやすいゆえに、鍛えすぎるとガッシリ見える恐れもあります。

また、骨格ストレートはもともと、細身の方でもデコルテや腰周りの厚みが目立ちやすい体型。そのため、上半身に筋肉を付けすぎると引き締まった印象というよりは、ガタイがよく見えてしまうのです。

特徴3|肌の質感にハリがある

特徴3|肌の質感にハリがある 出典:adobestock

骨格ストレートは、肌の質感にハリがあるのが特徴。手のひらや二の腕などを触ると、パンと跳ね返るような弾力性があります。それに加え、全体的に肉感のある体型をしているので、リッチな印象を与える方が多いでしょう。

そんな骨格ストレートは、洋服もハリ感のある素材のものをチョイスすると、肌なじみがよく肌質を魅力的に引き立てられます。具体的には、コットンやサテン、レザーなどの厚みがある生地を使用した洋服がおすすめです。

骨格ストレートタイプは太るとどうなるの?

周りから見える部分に脂肪が付きやすい

周りから見える部分に脂肪が付きやすい 出典:adobestock

筋肉だけではなく、脂肪も付きやすいのが骨格ストレートの特徴。とくに、顔や二の腕・お腹周り・太ももなどの目立つ部分に脂肪が付きやすい傾向にあります。

また、骨格ストレートはもともと上半身に重心がある体型のため、体重の増加が見た目に出やすく、少し体重が増えただけでもすぐに太ったことに気づかれてしまう方が多いでしょう。

太っても下半身のボリュームは気になりにくい

太っても下半身のボリュームは気になりにくい 出典:adobestock

骨格ストレートは、太ると上半身にボリュームが出る「リンゴ型」の体型になります。上半身から脂肪が付きはじめ、のちにお腹周りのボリュームが目立つのが特徴です。

逆に下半身は見た目に表れにくく、体重が増加してもボリュームがあまり気になりません。とくに膝下は脂肪が付きにくいため、太ってもスラッとしています。

ガッシリとしてパンッと張ったような印象になる

ガッシリとしてパンッと張ったような印象になる 出典:adobestock

骨格ストレートは、太ると二の腕の外側にも脂肪が付き、肩幅のボリュームが目立ちます。もともと上半身に厚みがあるため、二の腕の肉付きがよくなることでガッシリとした印象を与えるでしょう。

また、骨格ストレートはもともとハリのある弾力肌の持ち主。太ると脂肪で中身がギュッと詰まり、さらにパンパンに張ったように見えます。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る