Beauty Topics

《骨格ストレート》食事改善ダイエット!栄養素のバランスで意識するポイントは?

出典:adobestock

《骨格ストレート》食事改善ダイエット!栄養素のバランスで意識するポイントは?

メリハリのある体型が特徴の骨格ストレートは、女性らしいボディラインが魅力。しかし、太ると目立つ部分に脂肪が付くため「体重増加が見た目に出やすい」と悩む方も多いのではないでしょうか。そんな骨格ストレートは、食事改善を中心としたダイエットを取り入れることで、効率よく理想の体に近づけます。
そこで今回は、骨格ストレート向けの食事改善方法を徹底解説。無理なく続けるためのコツや、食事改善にプラスしてほしいダイエット方法などもご紹介しているので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

カテゴリ | ボディケア
How to ダイエット 骨格系

骨格ストレートタイプが効率よく痩せるダイエット方法とは

骨格ストレートは食事改善がダイエットの近道

骨格ストレートは食事改善がダイエットの近道 出典:adobestock

ダイエットでは、食事管理がとても重要。とくに骨格ストレートは筋肉が付きやすく、筋トレで鍛えすぎるとかえって体をガッシリさせボリュームアップして見えるため、食事中心のダイエット方法が効率よく理想の体に近づけます。とはいえ、食事管理も正しい方法でおこなわないと、結果がうまく現れないことも…。

では、どんな食事管理の方法が骨格ストレートに適しているのでしょうか?詳しく解説します。

筋肉量を維持するような食事がおすすめ

筋肉量を維持するような食事がおすすめ 出典:adobestock

健康的に痩せるには、バランスのよい食事を取ることがとても大事。痩せたいからと低カロリーの野菜ばかりを食べていては、エネルギー不足で基礎代謝が低下し痩せにくい体になってしまいます。

とくに骨格ストレートは筋肉が付きやすい体質のため、ガッシリするのを懸念して筋肉の元となるタンパク質を控えてしまう方がいるかもしれません。一時的に体重は落ちますが、筋肉も落ちるためリバウンドをしやすい体になります。

痩せやすい体づくりを目指すには、カロリーばかりに囚われず、筋肉量の維持も意識した食事管理をするようにしましょう。

骨格ストレートタイプが気をつけたい食事改善のポイント

骨格ストレートがダイエット中に気をつけたいポイントは3つ

骨格ストレートがダイエット中に気をつけたいポイントは3つ 出典:adobestock

骨格ストレートがダイエット中に気をつけたい食事のポイントは以下の3つです。

  • ・積極的にタンパク質を摂る意識をする
  • ・脂質・糖質・炭水化物をなるべく抑える
  • ・行き過ぎた食事制限は控えバランスのよい食事を意識する

この3つのポイントをしっかり押さえながら食事管理をすることで、リバウンドのリスクが低い痩せやすい体づくりが目指せます。

食事改善のやり方1|積極的にタンパク質を摂る意識をする

食事改善のやり方1|積極的にタンパク質を摂る意識をする 出典:ライター撮影画像

ダイエット中は、脂肪と一緒に筋肉まで落ちてしまわないように、タンパク質を積極的に摂れる食事を意識しましょう。タンパク質は筋肉の元になる栄養素ですが、それ以外にも骨格ストレートの魅力の1つでもあるハリ肌をキープする役割があります。

タンパク質と聞くと、肉や魚などの動物性タンパク質をイメージする方が多いかもしれませんが、健康的な体をつくるには大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質も摂取することが大事。両方のタンパク質を摂取することで、それ以外の食材に含まれる栄養素もバランスよく摂取でき、結果効率のよいダイエットに繋がるのです。

以下の表で動物性タンパク質と植物性タンパクのそれぞれを含む食材をまとめているので、参考にしてください。

動物性タンパク質 肉類、魚介類、乳製品、卵類
植物性タンパク質 大豆、大豆製品、枝豆、ブロッコリー、アスパラガス

食事改善のやり方2|脂質・糖質・炭水化物をなるべく抑える

食事改善のやり方2|脂質・糖質・炭水化物をなるべく抑える 出典:ライター撮影画像

骨格ストレートは、脂肪が付きやすい体質。そのため、食事改善でダイエットをおこなうときは、脂肪になりやすい脂質や糖質、炭水化物などの摂取はできるだけ控えましょう。とはいえ、これらを完全に摂取しないのは、健康を害する恐れやリバウンドのリスクを高めてしまう原因に。毎食の主食の量を少しずつ減らしたり間食を控えたりと、できる範囲で調整するようにしてください。

また、お米を食べるなら玄米や雑穀米、間食するならナッツやヨーグルトなど、ヘルシーかつ栄養価の高い食べ物に変えるのもおすすめです。

食事改善のやり方3|極端な食事制限は控えバランスよく食べる

食事改善のやり方3|極端な食事制限は控えバランスよく食べる 出典:adobestock

食事中心のダイエットをおこなおうと思うと、ついカロリーばかりを気にし、食べる量を極端に減らしてしまいがち。ですが、それでは思うように痩せないどころか、体や心の健康までも損なわれてしまうかもしれません。

ダイエットで食事制限を取り入れる場合も欠食は必ず避け、1日3食きっちり取るようにしましょう。バランスのよい食事を腹八分目の量に調整するだけでも、結果が大きく変わります。また、糖質や脂質が少ない食材から食べるなど、食べ方の順番も気をつけるとより太りにくい体質へとシフトチェンジしやすくなるのでおすすめです。

この記事を書いた人

shimmy

美容やコスメをこよなく愛する2児の母。好きなことを仕事にしたい!という思いから美容やコスメについて一から勉強し、コスメコンシェルジュの資格を取得。

ライター記事一覧

記事一覧へ戻る